【グローハイパーだけ安い】glo専用タバコが値上げ|ケント・ネオ・ポッドの価格一覧

2020年10月より、BATの加熱式たばこ【63銘柄】が値上げされます。

BATは8月31日付で、加熱式たばこ『glo』の専用たばこ63銘柄を値上げすることを財務省に申請しました。財務省が許可を出せば値上げは決定となります。

プルーム、アイコスに続き、ついにグローたばこも値上げされることとなりました。グローにはいくつかの専用銘柄があります。

グロー専用タバコ
  • ケント・ネオスティック
  • クール・ネオスティック
  • ネオ
  • ケント・ネオスティック(glo hyper用)
  • ネオ・ポッド(glo sens用)

しかし、これら全てが値上がり・・というわけでもないようです。

それぞれの価格がいくらになるのか、一覧としてまとめましたので確認していきましょう。

ケント・ネオスティック / クールネオスティック

ケント・ネオスティックは20円値上げし、480円となります
クール・ネオスティックは20円値上げし、510円となります
ケント・ネオスティックの2020年10月からの価格一覧

ケント・ネオスティックの2020年10月からの価格一覧 – 左が元価格 右が新価格

ケント・ネオスティックは『glo pro』や『glo nano』など、いわゆる『普通のグロー』専用たばこです。2020年10月より480円となります。

こう価格を見ると、値上げは悲しいのですが逆に「え、こんなにケント・ネオスティック安かったっけ?」と思う価格となっています。ちょっと嬉しい。

参考価格として、アイコスのヒートスティックは10月より550円となりますので、これと比較すると480円はワンコインを下回るのでだいぶお得感がありますね。

一点、クールだけは510円とワンコインを超えます。一定のファンがいるKOOLですが、ここだけは強く値上げを感じます…。

ネオ(neo)

ネオは、通常銘柄が520円、限定銘柄が570円となります。
ネオの2020年10月からの価格一覧

ネオの2020年10月からの価格一覧- 左が元価格 右が新価格

ネオ(neo)シリーズは、『glo pro』や『glo nano』など、いわゆる『普通のグロー』専用たばこです。通常銘柄は2020年10月より520円となります。ワンコインじゃなくなってしまうのは悲しい。

しかしこう見ると、限定銘柄達↓

  • ネオ・ブースト・アジュール・プラススティック:570円
  • ネオ・ブースト・ロッサ・プラススティック:570円
  • ネオ・ブースト・スカーレット・プラススティック:570円

がめちゃくちゃ高く感じますね!リッチな味わいが楽しめる分、かなり高級なたばこという印象になります。

ケント・ネオスティック(glo hyper用)

グローハイパー専用たばこは、480円500円展開となります。

▼価格が変わる銘柄▼

グローハイパー専用たばこの値上げする銘柄

グローハイパー専用たばこの値上げする銘柄- 左が元価格 右が新価格

▼価格が変わらない銘柄▼

  • ネオ・テラコッタ・タバコ・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・フレスコ・メンソール・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・トロピカル・スワール・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・フリーズ・メンソール・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・ブリリアント・ベリー・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・フローレセント・シトラス・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・ウォーターメロン・スプリット・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・ピニャコラーダ・スティック・glo hyper 用:500円
  • ネオ・タバコ・オーク・スティック・glo hyper 用:500円
これは嬉しい結果に!!!!!

アイコスさん

なんと、グローハイパー専用タバコの「neo」シリーズは、お値段据え置きの500円という結果になりました。なんとまぁ!BATやるじゃん!

グローシリーズ最新モデルのグローハイパーだけ特別に価格が下がらないなんて・・・ことある?むしろ通常のグローよりたばこ葉が詰まっているような気もするけど、それでも値上げしないのはびっくりですね。ワンコインで買えるのはとても嬉しい。

右がグローハイパー用、左がグロー用の専用たばこスティック。太さが異なるのがわかるだろうか。

右がグローハイパー用、左がグロー用の専用たばこスティック。太さが異なるのがわかるだろうか。

ネオ・ポッド

グローセンス専用たばこは、20円値上げし520円となります。
ネオ・ポッドの2020年10月からの価格一覧

ネオ・ポッドの2020年10月からの価格一覧- 左が元価格 右が新価格

ネオ・ポッドは、低温加熱式たばこである『glo sens』専用たばこです。2020年10月より520円となります。

『グローセンス』はプルームテックなどと近い低温加熱式たばこです。参考としてプルームの10月新価格を見ると、、、540円になります。グローセンスのほうが20円安い!

ワンコインでなくなるのは悲しいですが、むーーーーん。。

実はずるいBAT(glo)の価格戦略

軒並み価格が上がる…と思いきや、驚くべきことに、グローハイパー専用タバコはお値段据え置き500円でした。他の銘柄は残念ながら値上がってしまいますが、最新モデルがワンコインは嬉しい。

また、グローセンスも同ジャンルのプルームテックと比べると20円安い結果になっています。こう見ると、

なんかグローシリーズのたばこ安くない?!

アイコスさん

と、思いませんか?

事実、安く設定されているんですが、実はこのグローの値上げは毎期少しずるいところがあります。

何がずるいかというと、価格発表のタイミングです。

例えば今回も、BATは加熱式たばこの価格発表タイミングだけずらしました。

↑が8月12日の記事ですが、この時点でBATは紙巻たばこの値上げ申請をしながら、『加熱式たばこは追って通達する』としています。

その前後で、JTの『プルーム』とフィリップモリスの『アイコス』は値上げ申請を行いました。

つまりBATは、競合他社の価格設定を鑑みた上で、価格設定を行っている可能性があります。

あくまで可能性なのですが、この業界ではBAT価格破壊をしがちというのは通念なので、おそらくはある程度想定した上で最後まで確認をして、ギリギリで提出するスタイルなのでしょう。

そして、この価格設定をもってユーザーを獲得しようと画策しているはずでうs。

だって、アイコスのヒートスティックは550円ですよ?それと比べるとグローハイパーのネオは500円です。これが定期的に買うものだと、どうしても安い方を選択したくなるのがユーザー心理だと思います。

…と、ずるいと言ったけど、むしろ市場原理に従えば当然の行いかもとも思います。価格競争が起こりづらいたばこですが、逆に言えばこのタイミングしか価格競争できないわけですから、企業活動として当然の行動かもしれません。

といっても、悲しいかなおそらく来年には値上げはするでしょう。いずれにせよ「たばこ」はどんどん値上げしています。今後の価格情勢などもしっかりとお伝えしていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×