新型「IQOS ILUMA」の専用たばこスティック「テリア」の中には金属が入っている

IQOS ILUMAの画像

こんにちは、加熱式たばこブロガーのアイコスさん(@iqossan)です。

本日は皆気になる新型「IQOS 4」にまつわる情報をお届け。

現在の最新モデルは「IQOS 3 DUO」ですが、その後継機であるモデル「IQOS 4」は、「IQOS ILUMA(アイコス イルーマ)」という名称のモデルになります。

先日、その新型モデルである「IQOS ILUMA」の商標登録が完了したという記事を公開しました。

IQOS 4(IQOS ILUMA)が商標登録完了|発売日・価格・性能・味わい種類をまとめました IQOS 4(IQOS ILUMA)が商標登録完了|発売日・価格・性能・味わい種類をまとめました

その記事にて、専用たばこスティックである「テリア」の情報についても触れましたが、今回、実際の画像を入手しました。(画像が粗いのですがご容赦下さい)

IQOS ILUMA のパンフレットと、分解したたばこスティック

IQOS ILUMA のパンフレットと、分解したたばこスティック

「IQOS ILUMA」専用たばこスティック「テリア」を分解したところ。

「IQOS ILUMA」専用たばこスティック「テリア」を分解したところ。

「IQOS ILUMA」の冊子には以下のように記載されています。

IQOS ILUMA

加熱式は、ここまできた。

さらに進化したIQOS。
たばこの満足感はそのままに、使用後のお手入れさえ不要に。

「IQOS ILUMA」には、これまでのアイコスには搭載されていた「加熱ブレード」がデバイスに搭載されていません。しかし、「アイコスならでは」の内側加熱の満足感はそのまま愉しむことができます。

これを可能にしているのが、「スマートコア誘導技術(SMARTCORE INDUCTION SYSTEM)」です。

本来デバイスに搭載されている「加熱ブレード」の代わりに、「たばこスティック」にブレード(特性金属)が搭載されているため、外側から加熱したとしても内側加熱できるのです。

なので、「IQOS ILUMA」専用たばこスティックである「TEREA(テリア)」には、金属が内包されています。それがこちらです。

「IQOS ILUMA」の専用タバコ「テリア」の中には、加熱ブレードの代わりになる専用金属が内包されている。

「IQOS ILUMA」の専用タバコ「テリア」の中には、加熱ブレードの代わりになる専用金属が内包されている。

だからこそ、「IQOS ILUMA」は、満足感はそのままに、加熱ブレードを掃除する必要性もないのです。

すでに吸ったことがある方からは、「本当にアイコスイルーマは美味しかった」というコメントを頂いております。公式発売までもう少し!とても楽しみですね!

こちらの情報は、Twitterフォロワーである、ゆい様より頂きました。いつもありがとうございます!

アイコスさんアイコスさん

新型の「アイコスイルーマ」についての情報は以下の記事に随時まとめていますので、まとまった情報を確認したい方は是非ご確認下さいね。

IQOS 4(IQOS ILUMA)が商標登録完了|発売日・価格・性能・味わい種類をまとめました IQOS 4(IQOS ILUMA)が商標登録完了|発売日・価格・性能・味わい種類をまとめました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です