【異例】PMJがテリアとセンティアの価格を据え置き再申請【IQOSイルマ】

フィリップモリスジャパンが、【異例】となるたばこ小売価格改定の再申請を財務省に提出しました。

続報:JTもプルームテックの値上げを取り下げる再申請を提出

フィリップ モリス ジャパン合同会社(PMJ)は、2022年8月23日に財務省より小売定価改定の認可を受けたフィリップ モリス社製の加熱式たばこ製品の一部について、同年10月1日以降も現在の小売定価を維持するため、再申請を行いました。

再申請の対象となっているのは、IQOS ILUMA 専用たばこスティック「テリア ファミリー」および「センティア ファミリー」となっており、「マールボロ・ヒートスティック ファミリー」と「ヒーツ ファミリー」は再申請せず、当初の予定どおり値上げする予定となっています。

価格改定を再申請する「テリア」15銘柄と「センティア」11銘柄

再申請が無事通った際には、テリアの価格は現状とお値段据え置きとなる580円に、センティアの価格は530円となる予定です。

これらはどちらもIQOSイルマ専用のたばこスティックとなっています。

PMJはテリアの価格を再申請した
PMJはテリアの価格を再申請した
センティアも530円でお値段据え置きとなる再申請を行っている。
センティアも530円でお値段据え置きとなる再申請を行っている。

旧型アイコス用銘柄はいずれも再申請なし

IQOS3デュオや、IQOS2.4プラスなどで利用できる「マールボロ・ヒートスティック」と「ヒーツ」はどちらも値上げ予定のままとなっています。

マールボロとヒーツは値上げ予定のままとなっている。
マールボロとヒーツは値上げ予定のままとなっている。

現在PMJは再申請を行っているところであり、まだ財務省からの認可は得られていません。

競合であるJTの高温加熱式たばこ「プルームエックス」専用たばこは値上げ予定なし、BATの「グローハイパー」シリーズも一部の銘柄を除き価格が現行と据え置きとなっています。