新型プルームエス『Ploom S 2.0』を動画でレビュー!使い方・味・性能の差をチェック

新型プルームエス2.0をレビュー!

こんにちわ。加熱式たばこブロガーのアイコスさんです。今回は、先日YouTubeで公開した『Ploom S 2.0』について、ブログでも画像と文字でまとめていきます。

テイストアクセル機能が搭載されたことで、メンソールの味わいがかなり進化したモデルとなっています。もともとプルームエスを利用していた人でも全然違和感のない操作性だったので、簡単な使い方と合わせて紹介していきます。

Ploom S 2.0の公式ページはこちら

新型プルームエスとは?

新型プルームエスの画像

JTが2020年7月2日に発売した、”高温”の加熱式たばこです。もともと”低温”の加熱式たばこである『PloomTECH(プルーム・テック)』がJTの加熱式たばことしてはメインでしたが、それよりも温度が高いモデルとなります。

JTの加熱式たばこ3種
  • プルーム・テック:低温加熱式たばこ(約30度)
  • プルーム・テック・プラス:低温加熱式たばこ(約40度)
  • プルーム・エス:高温加熱式たばこ(約200度)

今回発売されたのは、高温モデルの新型機となります。結論から言うと、

  1. 充電機能が改善されて連続使用の性能が向上
  2. テイストアクセル機能が搭載されたことでメンソールが強まる

という、2つの改善がありとてもGOODでした。

PloomS 2.0の結論

PloomS 2.0の結論

その詳細をYouTubeの動画上でも解説していますが、今回は画像と文字でもお届けしていきます。

カラーは3色展開

まず、『プルームエス2.0』は、箱からかっこいいです。もともとのプルームエスと比べると、伝えたいことを伝えてる感があります。

もともとのプルームエスの箱。新型の方がイカしてる。

もともとのプルームエスの箱。新型の方がイカしてる。

プルームエス2.0は3色展開となっていますが、ちゃんと箱から色が違うのでわかりやすい。本体キットを並べてみます。

3色のプルームエス2.0。左から「アイス・シルバー」「ホワイト」「ブラック」

3色のプルームエス2.0。左から「アイス・シルバー」「ホワイト」「ブラック」

通常カラーとしては黒と白ですが、2020年7月9日より、コンビニでアイス・シルバーを購入することができます。

旧型と新型はほとんど見た目変わらない

新旧並べてみてみると、ほとんどデザインが変わらないことがわかります。

新旧プルームエスを並べる。左が『Ploom S』で、右が『Ploom S 2.0』

新旧プルームエスを並べる。左が『Ploom S』で、右が『Ploom S 2.0』

上部の蓋部分がシルバーからゴールド?に変更されていますね。その部分に引きづられて全体的にシックな印象になっています。

新旧プルームエスの上部を並べる。左が『Ploom S』で、右が『Ploom S 2.0』

新旧プルームエスの上部を並べる。左が『Ploom S』で、右が『Ploom S 2.0』

パッと見の見た目だけでいうと、『IQOS 2.4』が『IQOS 2.4 Plus』に変わったときくらいの印象。つまりほとんど見た目の変化はないですね。でもだからこそ使い勝手はそのままで良いのかもしれない?

アイコスさん

充電性能がアップ。連続使用時間が大幅に向上!

見た目はかわらないものの、細かいところは変わっていました。まず気づいたのは充電規格。

『Ploom S 2.0』は充電規格が「USB - Type-C」に変更された

『Ploom S 2.0』は充電規格が「USB – Type-C」に変更された

もともとは「USB-micro」型でした。この変更もあって、充電性能がアップグレードしています。

充電性能のアップグレード
  • 旧型プルームエス:90分充電で10本吸える
  • 新型プルームエス:60分充電で20本吸える
こうやって比較するとめちゃくちゃ連続使用能力が上がっていますよね。20本まで吸えるのは、なんだかんだ充電が面倒なのでありがたい。そして個人的には最近Type-C型の充電器が増えてきたから統一できるのもGOODだ。

アイコスさん

テイストアクセル機能の使い方

『Ploom S 2.0』にはテイストアクセル機能が搭載されています。

このモードを利用することで、爽快感のある強い味わいを楽しむことができます。もともと『Ploom S』はかなりマイルドな味わいが楽しめるモデルだったので、ガツンとくるメンソールが欲しい方にはぴったりな機能です。

テイストアクセル機能の使い方
  1. 蓋を開ける
  2. アクションボタンを素早く3回押す
  3. バイブレーションとモード表示LEDが変化したら変更完了
テイストアクセル機能のオン・オフは、アクションボタンを長押しすることで切り替える

テイストアクセル機能のオン・オフは、アクションボタンを素早く3回押すことで切り替わる

では、『Ploom S 2.0』はどんな味わいの変化があるのか、見てきましょう!

『Ploom S 2.0』の味の感想

それでは吸ってみましょう・・・。

かなり味わいが強くなってる!加熱温度が高くなったのか?メンソールの爽快感が強くなっています。

アイコスさん

テイストアクセル機能をオフにした状態で吸ってみたところ、より一層味わいが異なることがわかります。

吸ってわかった「テイストアクセル」の良いところ
  • 通常モード:マイルドな味わいを楽しめる。メンソール感が弱い。
  • テイストアクセルモード:力強い味わいを楽しめる。メンソール感が強い。

↓の動画を再生すると、味わいの感想部分から見ることができます👀

また、動画のコメント欄で視聴者の方が味わいの秘密を教えてくれました!ありがとうございます!

『Ploom S 2.0』は加熱温度が高くなったわけではなく、味の持続時間が長くなったことにより満足感を高めているそう。

『Ploom S 2.0』は加熱温度が高くなったわけではなく、味の持続時間が長くなったことにより満足感を高めているそう。

JTの問い合わせセンターに伺った結果、味の時速時間がメンソールの強さの決め手になっていることがわかったそうです。なるほど!

新型モデルは掃除の仕方が違う

また、新型と旧型で大きく変わったところとして、クリーニング方法が変わった点が挙げられます。

掃除口が底部に付いていたのですが、これが側面に付くようになりました。

『Ploom S 2.0』は側面に掃除口がある。ここに綿棒などを通してクリーニングを行う。

新型『Ploom S 2.0』は側面に掃除口がある。ここに綿棒などを通してクリーニングを行う。

旧型の『Ploom S』は、掃除口は底部になりました。クリーニングスティックをここから入れて使います。

旧型の『Ploom S』は、掃除口は底部になりました。クリーニングスティックをここから入れて使います。

これまでずっとプルームエスを使ってきた人にとってみると、「あれ?掃除ってどこからするんだ?」と迷うかもですが、ここは注意は必要です。

新型プルームエスの公式販売ページ

メンソール特化型の『Ploom S 2.0』いい感じ!

ここまで、新型のプルームエスについてみてきました。充電まわりの改善から味わいの強化まで、見た目には見えないけど中身の改善が素晴らしいことになっています。

パッと見だと「何が違うの?」と思うのですが、中身の進化はとても良い感じでした。

もともと『Ploom S』は加熱温度も低いことからマイルドな機体でした。私自身もプルームエスならメンソールよりレギュラーの方が美味しいな。と思っていたのですが、この新型機の登場でメンソール利用もプルームエスでまかなえるようになった気がします。

アイコスさん

今後、プルームエスで吸えるメンソール銘柄である『キャメル』のメンソールフレーバーのレビューなども行っていきますので、ぜひお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×