【速報】プルーム・テック・プラス・ウィズが11月2日発売【JTの新型加熱式たばこ】

JT は、低温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・テック・プラス」から、コンパクトサイズの新モデル「プルーム・テック・プラス・ウィズ」を 2020年11月2日より、順次発売することを発表しました。

プラス・ウィズはどんな機体なのか、価格と共に詳細にお伝えします。

プラス・ウィズとは

JTは、2019年1月に低温加熱型「プルーム・テック・プラス」を発売しました。「プルーム・テック・プラス」は、自宅をはじめとした様々なシーンで利用することができ、「たばこのにおいを感じずらいが、たばこらしい味わいを愉しめる」加熱式たばこデバイスとして地位を確立しています。

プルームテックプラス(限定ゴールド)の画像

プルームテックプラス(限定ゴールド)の画像

その後継機として、ユーザーからの要望を応えるために、「プルーム・テック・プラス」の味わいはそのままに、「デバイスの携帯性」や「使用時の利便性」を進化させた、「プルーム・テック・プラス・ウィズ」を発売します。

「プラス・ウィズ」は、高さ約 78mm×幅約 40mm のデバイスとなり、バッグやポケットにも余裕で収まるコンパクトサイズなのが特徴。

小さいながらも、充電時間を短縮し、更に、たばこカプセルの残量とバッテリーの残量がわかるディスプレイを搭載されています。0秒起動で、何かをしながら好きな時に、好きな分だけ愉しめるため、これまで以上に快適に利用することができます。

プルーム・テック・プラス・ウィズの4つの特徴

プルーム・テック・プラス・ウィズの本体画像。実に小さいサイズとなっている。

プルーム・テック・プラス・ウィズの本体画像。実に小さいサイズとなっている。

「PT+with」には4つの特徴があることになります。

  1. 手の中に収まるコンパクトサイズ
  2. 使用状況がわかるディスプレイの搭載
  3. 約 60 分充電でたばこカプセル 1 箱分使用可能
  4. シンプルな操作とスマートな起動

【1】手の中に収まるコンパクトサイズ

「プルーム・テック・プラス」と比較して高さが半分程度の約78mmとなっています。

これは、小型のバッグやスーツのポケットにも収まるコンパクトサイズです。78mmってどのくらいの大きさなのかというと・・・。

  • 紙幣の高さ(76mm)
  • ロングサイズのたばこの長さ(80mm)
  • クレジットカードの横の長さ(86mm)

こんなもの達が比較対象でしょうか。かなり小さいことがわかります。

【2】使用状況がわかるディスプレイの搭載

たばこカプセルの残量とバッテリーの残量が一目でわかるディスプレイがデバイス上部に搭載されました。

加熱式たばこ用デバイスの気になるポイントである、「たばこカプセルがあとどのくらい愉しめるか?」が可視化されます。これはめちゃくちゃ欲しかった機能。ついに搭載ですね。

【3】約60分充電でたばこカプセル 1 箱分使用可能

「プルーム・テック・プラス」ではたばこカプセル1箱分に対し約 90 分の充電が必要でしたが、約 60 分の充電で1箱分愉しむことができます。充電ケーブルも USB Type-C に対応。

【4】シンプルな操作とスマートな起動

ON も OFF もデバイス上部のボタンを 3 回連続して押すだけ。0 秒起動で直ぐに加熱式たばこを愉しめます。プルーム・テック・プラスの「微妙にわからない」が解決した形になります。

「プルームテックプラス」ここが嫌だよランキングトップ3【半年使った感想】 「プルームテックプラス」ここが嫌だよランキングトップ3【半年使った感想】

価格と購入方法

プルーム・テック・プラス・ウィズのパッケージ画像

プルーム・テック・プラス・ウィズのパッケージ画像

以下に販売概要をまとめます。

  • 発売日と販売店舗
    • 2020年11月2日:
      • CLUB JT オンラインショップ
      • 東京都内の Ploom Shop
      • 一部たばこ販売店
    • 2020年11月3日〜:
      • 東京都内のコンビニエンスストア
  • 価格
    • 2,980円(税込)
  • 内容物
    • デバイス、AC アダプター、USB Type-C ケーブル
  • カラー
    • ブラック / ホワイト

ついにプルーム・テック・プラスの新型機!!

ついにきました!プルーム・テック・プラスの嫌なところが軒並み解消された新モデル!!!

アイコスさん

個人的に、待ち望んでいた改善ポイントが目白押しです。

小ささもさることながら、ディスプレイ表示などもめちゃくちゃ欲しかった。いつ終わるのかわからないという課題は、使いわけが激しい加熱式たばこでは必須の機能だと思っていたからです。

毎日定期的に吸っていたらわかるけど、久々に利用すると、「あれ・・・これどのくらい吸ったっけ?」ってなってしまうじゃないですか。それが、プラス・ウィズでは改善されることになります。最高に嬉しい。

そしてなにより値段が安い。

この内容であれば5000円は超えるかなぁと思っていたら、まさかの2,980円。

全然利益出ないじゃないですか!!既存プルーム・テック・プラスと同価格という衝撃もありました。

この新型機についての詳細や、実際に使ってみたレビュー結果は追ってお伝えしていきたいと思います。是非SNSなどフォローしてお待ち下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×