テレワークで変わる喫煙事情。プルーム・テック・プラスの人気が上昇?

プルームテックプラスの人気が上昇?

こんにちわ。アイコスさんです。新型コロナウィルスの影響が大きく私生活にも出ていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?本当にこの3月末からバタバタが続いていて、久々な更新な気がします。

緊急事態宣言が全国に出て、私生活から働き方まで変わってきていますよね。中でもテレワークを始めたという方も多いと思います。私もテレワークがほぼ主になってきました。慣れない点はあるものの、結局めちゃくちゃ適応してしまい、ほぼ席から動かない日も出てきたり・・・。

で、そんなテレワーク生活だと色々な「これまで」が変わってきています。中でも喫煙事情が変わってきているそうな?

新型コロナウィルスで変わる喫煙事情

まず、第一にこのコロナウィルスでこれまで何気なしに吸っていた「たばこ」について考えを見直す方が増えていますよね。特に大きかったのが、志村けんさんの死去に伴い「喫煙が影響しているのではないか?」という話が出てからかと思います。

これまで禁煙しろーという世間の圧力をほんのり感じていた方も、より一層意識し始めてしまった・・という方増えているのではないでしょうか?生活も様変わりしていますが、喫煙事情も変わろうとしています。

最近減ってきた町のたばこ屋さん。時代とともに町並みも変わってきます。

最近減ってきた町のたばこ屋さん。時代とともに町並みも変わってきます。

自宅待機といえど、ちょっとタバコを吸うのもはばかられる想いがあったり。家の中では家族がいて気が引けるし、ちょっと家の外で吸ったり・・なんてことも気軽に出来なくなってきた方もちらほら。

なので、禁煙してみようかな、少なくとも加熱式たばこに切り替えようかな、なんて想いも出ていると思います。

テレワークで人気が出ているもの

テレワーク

話は冒頭の「テレワーク」に戻りますが、この自宅待機の状況下で人気が出ているものがあります。例えばマイクセットだったり、コーヒーメーカーだったり。良い椅子なんかも人気が出ていますよね。

喫煙に関するものも、人気度に変化が現れています。それが加熱式たばこです。その中でも特にニオイが少ないもの。

マイナビニュースでは、「自宅をオフィス以上に充実させる5つのアイテム」という記事において、プルーム・テック・プラスを挙げています。

デスクで喫煙できるなんて最高かよ「JTの加熱式タバコ プルーム・テック・プラス」

デスクで喫煙できるなんて最高かよ「JTの加熱式タバコ プルーム・テック・プラス」(マイナビ該当記事のキャプチャ)

プルームテックは、低温加熱式たばこというジャンルでニオイが少ないモデル。ここで紹介している「プラス」は通常プルームテックよりも加熱温度が10度高く、煙量などが増しているので、吸いごたえも強い。なのに出るのは水蒸気なので、壁が汚れたり、ニオイの残りも少ない。

自宅待機の状況下の中で紙巻きたばこを気軽に吸えないからこそ、こういった「吸えるもの」に切り替える方が増えているようです。

時代に合わせて選択を変える

たまの息抜きにたばこを愛用している人がいます。また、どうしてもたばこを辞められない!という人もいます。

一方で、「このコロナの情勢下で気が引ける・・」という想いを持つ方もいます。そういう複雑な想いがある時は、その時の時代に合わせて選択を変えることが最良と思います。

新型たばことして新しい選択肢はどんどん出ているので、気になる方はチェックしてみましょう。

また、コロナウィルスと喫煙の関係性については電子たばこまで含めて、WHOなどが正式に発表しています。詳細は以下の記事にまとめていますので、喫煙者の方はチェックしておきましょう。

電子たばこなどの喫煙 新型コロナウイルス感染と肺炎リスクを高める可能性 電子たばこなどの喫煙 新型コロナウイルス感染と肺炎リスクを高める可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です