加熱式たばこ「グローハイパープラス」が新発売!定価980円のブーストモードがパワーアップモデル

グローハイパープラスが新発売

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの加熱式たばこ「glo」シリーズに、新モデル「glo Hyper +(グローハイパープラス)」が登場!

「glo Hyper+(グローハイパープラス)」は、新しい誘導加熱技術(IH)を採用し、従来機種である「glo hyper(グロー・ハイパー)」と比べ、ブーストモードの最高加熱温度が10度高めに設定された新デバイス。

約20秒で加熱が完了し約4分間喫煙できる「通常モード」と、約15秒間で加熱が完了し約3分間喫煙できる「ブーストモード」が搭載されている。

カラーは、4種類の「ボディカラー」と6種類の「パネルカラー」2つの部品を組み合わせることで、合計24色に上り、好みにあったデザインを自由に選べる。

グローハイパープラスのスペック

サイズ 46(幅)×83(高さ)×22(奥行)mm
重量 約106g
充電時間 90分
使用可能回数 20回
起動時間 通常モード:20秒
ブーストモード:15秒
加熱温度 通常モード:250℃
ブーストモード:260℃
ボディカラー 4色(ブラック、ゴールド、ブルー、ホワイト)
パネルカラー 6色
価格 980円
発売日 2021年1月12日

「グローハイパー」は2020年に発売されたBATの加熱式タバコ。「グローハイパープラス」は利用銘柄はそのままに、更に使いやすいデバイスとなった。

連続使用可能回数は20回となり、”充電待ち”という状況もめったになくなる。

また驚くべき点として、定価が980円という点が挙げられる。「グローハイパー」の定価は3980円だったことを考えると、「グローハイパープラス」は実に3000円も割引された価格となる。gloオンラインストアおよび全国のgloストアで1月12日より販売が開始される予定だ。

デザイン・カラーは選べる24種類

「グローハイパープラス」の大きな特徴は、これまで難しかったカスタマイズ性の豊富さにもある。「ボディカラー」と「パネルカラー」と構造が別れることによって、合計24種類ものデザインの組み合わせが可能になった。

「グローハイパープラス」は、ボディカラーとパネルカラーを選択する。ボディカラーには白・黒・青・ゴールドの4色が準備されており、このベースカラーに好きなパネルを装着してデザインを楽しめる。

「グローハイパープラス」は、ボディカラーとパネルカラーを選択する。ボディカラーには白・黒・青・ゴールドの4色が準備されており、このベースカラーに好きなパネルを装着してデザインを楽しめる。

しっかりとした色合いが好みな方は、本体カラーを「青」や「ゴールド」を選んできた方も多いだろう。しかし「グローハイパープラス」では、メインボディを「白」にしてサイドパネルを「青」にすることで、機体がしっかり引き締まる印象を与えることもできるので、やり方次第で様々なデザインを楽しむことができるはずだ。

「ネオ オリジンズ」も7種類に拡大販売

グローハイパーの「ネオ・オリジンズ」の一覧

「グローハイパープラス」で吸える専用銘柄「neo Origins(ネオ・オリジンズ)」も、2021年1月12日より購入できるようになった。

「ネオオリジンズ」は、既存の「ネオ」がアップグレードされたタバコスティック。国産の香料が使用された1コインたばことして人気が出そう。

1月12日よりgloオンラインストアおよび全国のgloストアで買えるようになるのは、7種類の銘柄達。どんな種類があって、既存スティックとどんな違いがあるのか、詳細な解説を記事にまとめたのでぜひ参考にして頂きたい。

【違いは?】グローハイパー専用銘柄7種類が「neo Origins(ネオ オリジンズ)」にアップグレード 【違いは?】グローハイパー専用銘柄7種類が「neo Origins(ネオ オリジンズ)」にアップグレード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です