プルームテックプラスが2000円、プルームテックが500円の割引値下げ決定

Ploom公式ホームページの画像(2020年1月時点)

JTの加熱式たばこ「プルーム」製品が公式で値下げすることが決定しました。

プルームの値下げ後の価格一覧

2020年1月 – 改定後定価

  • プルーム・テック:2,500円(元々3000円のところ500円割引)
  • プルーム・テック・プラス:2,980円(元々4980円のところ2000円割引)

今回値下げ対象となったのは、低温加熱式たばこの2デバイス。

ちなみに、既に高温加熱式たばこの『プルーム・エス』は、2019年12月に定価を半額以上引き下げています。

2019年12月 – 改定後定価

  • プルーム・エス:3,480円(元々7,980円のところ4,500円割引)
プルームテックプラスとプルームS、加熱式タバコを比較レビュー 【使ってみた】プルームテックプラスとプルームS 比較して見えたおすすめの選び方

値下げ合戦が続く加熱式たばこ市場

今回値下げを発表したのはJTの『プルーム』ブランドでしたが、2019年12月にgloも最新型の全デバイスの値下げキャンペーンを行っています。

もちろん、IQOSも値下げキャンペーンとして、「冬割」と「新春割引」を発表していて、各社の値下げ合戦が続いています。

その中でも、今回のJTの発表は少し異例で、【期間限定の値下げ】ではなく、【恒久的な定価の値下げ】を発表しました。

なぜこのような価格競争が行われているのでしょうか?

新型アイコスがセブンイレブンで割引セール開始 新型アイコス、コンビニで割引セール開始!IQOS3とDUOが2000円割引で買える グローの新型が実質割引でコンビニで買える 新型グローのコンビニ割引キャンペーン開始!センスは4000円、プロとナノは2000円分の電子マネーがもらえる

加熱式たばこのニーズの高まり

この値下げの理由を、JTは以下のように説明しています。

「プルーム・テック・プラス」及び「プルーム・テック」は、発売以来、それぞれお客様よりご好評いただいておりますが、この度、より多くのお客様にお愉しみいただきたいと考え、メーカー希望小売価格を改定し、販売いたします。

「プルーム」ブランドの低温加熱型デバイスが、2月1日より新価格に!「プルーム・テック・プラス」は2,980円、「プルーム・テック」は2,500円へ値下げ

一方で、先日主要新聞各社が、加熱式たばこのユーザー数が増加していることを報じました。

たばこを吸っている人のうち、加熱式たばこを使っている人が男性で3割、女性で2割超に上ることが、厚生労働省が14日に公表した2018年の国民健康・栄養調査で明らかになった。男女とも30代では約半数を占めた。

30代男女の喫煙、約半数が加熱式たばこ 厚労省調査

今後しっかりとこのニュースについてはまとめたいと思いますが、確実に喫煙者の加熱式たばこ割合が増えています。

最終的に、加熱式たばこユーザーの方が紙巻たばこユーザーの数を追い抜くことでしょう。

このニーズの高まりに、市場争いは激しくなっており、その中でもJTは、IQOSのフィリップモリス、gloのBATに次ぐ、第3位のシェア数となっています。

つまり、この値下げを行うことで、ユーザー数のさらなる拡大を狙っていることは明らかです。

今後、IQOSとgloもPloomブランドに続き定価の値引きをする可能性が高くなってきました。最新のニュースを引き続きお届けしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です