NO!けむハラ|アイコスのフィリップモリスが煙ハラスメント防止方法といい夫婦の秘訣を公開

煙ハラスメントのアイキャッチ画像

突然ですが、11月22日って何の日かご存知ですか?実は「いい夫婦の日」という名称が付いています。

1988年から提唱されスタートされたこの記念(?)日。ちょうど今年で30年となりました。このいい夫婦の日に合わせて、フィリップモリスが大きくプロモーションをかけています。それは「NO!けむハラ」というもの。

「いい夫婦の日」様々なメディアサイトが同時公開

アイコスを電話で購入する

今年で30年となった「いい夫婦の日」に合わせて様々なメディアサイトが関連記事を公開しました。

すごい数ですね(もっとありそう)。

いずれも内容は、

  • 夫婦円満に暮らす方法
  • パートナーとの心がけ
  • 夫婦間でのハラスメントについて

に関わるものでした。「いい夫婦」になるためにはどうすれば良いのか、いずれも非常に面白い記事です。

ただ実はこれ、全ての記事で「けむハラ」について言及されていました。また、提供に「フィリップ モリス ジャパン」との記載が。「けむハラ」とはなんでしょうか?

「けむハラ」- 煙ハラスメントのプロモーション

昨今「ハラスメント」という事象が話題ですよね。

セクハラ、パワハラ、モラハラ、、結婚を強要するゼクハラ(ゼクシーハラスメント)なんてものまで存在します。要は”人を困らせること”だったり”いやがらせ”を指しますが、様々な要因でこのハラスメントは起こりえます。

今回この記事で紹介するのが「けむハラ」つまり「煙ハラスメント」です。

煙ハラスメントのロゴ

煙ハラスメントのロゴ

けむハラには公式ホームページが存在し、そこには、

“けむハラ”それは、たばこを吸う方のたばこの煙によるハラスメント。

と説明されています。

たばこの煙って本当に嫌ですよね。臭いしヤニが付くし空気は悪くなるし、、吸っている当人も「悪いことばっか」と自覚しつつ吸っている方もいると思います。

総じて言うと、たばこ問題のほとんどは、燃やすことによる「煙」から起きているといえます。それを紐解いていくとつまり…

たばこがいけない

煙がいけない

燃やすことがいけない

と言えますよね。

この煙ハラスメントを止めるには、火を使ってタバコを燃やさなければいいのです。このアンサー(煙ハラスメントの防止策)としてフィリップモリスは加熱式タバコを推しています。

加熱式タバコでけむハラを防止

煙ハラスメントを予防

普通のタバコ…いわゆる紙巻たばこから加熱式タバコに変えることで様々な良いことが起こります。例えば…

  1. 室内空気環境に悪影響を及ぼしにくい
  2. ヤニがつきにくい
  3. 灰がまったく出ない
  4. 普通のたばこより臭いがつきにくい
  5. 普通のたばこより有害成分が大幅に減少
  6. 消し忘れの心配がなくて安心
  7. 副流煙を気にしないでいい

などなど。こうやってみるとすごいですよね。

室内空気環境に悪影響を及ぼしにくい

普通のタバコと加熱式たばこを使用した場合、普通のタバコを吸った場合室内の空気中有害成分がぐっと増加します。

空気環境への影響

空気環境への影響

ヤニがつきにくい

ヤニの付着が少ないので、部屋の家具が綺麗なままになっちゃうかも。

ヤニが付きにくい

加熱式たばこはヤニが付きにくい

灰がまったく出ない

火で燃やさないので灰が全く出ません。めちゃくちゃ安心。

灰が出ないのとても良い

加熱式たばこは灰が出ないので安心

普通のたばこより臭いがつきにくい

たばこの嫌なところランキングNo1、臭いが少ないのがとても良い。

加熱式タバコは臭いが少ない

加熱式タバコは臭いが少ない

普通のたばこより有害成分が大幅に減少

有害成分が90%減少しているとアイコスストアのスタッフも説明されていました。

有害成分がカット

加熱式たばこは有害成分が大幅に減少

消し忘れの心配がなくて安心

タバコの消し忘れって実は火事の原因になっているんです。そんな心配がなくなります。

消し忘れの心配がなくなる

加熱式たばこは消し忘れの心配がなくなる

けむハラ公式サイトでも下記のようにあります。

加熱式たばこは「火」を使わず「加熱」するたばこ。
だから、出るのも「煙」ではなく「蒸気」です。
煙のない暮らし、けむハラのない毎日。
そんなステキな毎日のために、今こそ「No!けむハラ!」。

加熱式タバコのメリットを活かせば、日々の生活がよくなるだけでなく「煙ハラスメント」のない世界を作ることができそうですね。

加熱式タバコ、そこでアイコス

新型アイコス「IQOS 3」がずらり

こんなプロモーションをなぜタバコ会社のフィリップモリスが行っているか。それはアイコスのプロモーションにつながるからです。

加熱式タバコは現在日本に3種類あり下記メーカーが製造・販売しています。

メーカー 加熱式タバコ シェア
フィリップモリス IQOS(アイコス) 1位
JT PloomTECH(プルームテック) 2位
BAT glo(グロー) 3位

それぞれの加熱式タバコが、それぞれ良いところがあります。が、その中でもダントツ一位のシェアを誇っているのがアイコスです。

今月アイコスは新型の「IQOS 3」を発売しました。発売直後はやはり売り切れが出てしまうほどの盛況っぷり。

フィリップモリスはこのアイコスを武器に、これまでのタバコ会社から脱皮を図ろうとしています。

一昨年には「煙のない世界を作る」というスローガンを掲げ、イギリスの新聞広告には「タバコを辞める」との1面広告も配信しました。

その一環として、今回の「NO!けむハラ」プロモーションがあるのでしょう。実際、煙ハラスメントは起こりうるハラスメントであり、そもそも起こっていると思います。

こういった取り組みを企業が行うのは非常に良いことだと思うので、ぜひ続け切ってほしい。より良い社会を作る努力を企業が続けてくれたら良いですね。

もしまだ紙巻たばこを吸っている−という方がいたら、是非この機会にアイコスなど加熱式タバコへの切り替えを検討してみるのも良いかも?