グローハイパー女子がプルームエックスを使ってみた!4つの気になる違いと正直な感想

グローハイパー女子がプルームエックスをレビュー!
アイコスさん
こんにちは!様々な加熱式たばこを日々愛用しているアイコスさん(@iqossan)です。

いまや様々な加熱式たばこデバイスが日本には溢れていますよね。IQOS、Ploom、glo、、どれがいいのか正直迷ってしまうところかと思います。

そこで今回は、あえてグローハイパーを愛用している方にプルームエックスを使い倒して頂き、その感想を教えて頂きました!

この記事を見れば、「グローハイパー持ってるけど、プルームエックスってどうなの?」と思っている方にとってはベストアンサーになるでしょう。是非参考になれば幸いです。

プルームエックスをグローハイパー女子が使い倒す!

プルームエックス

後輩 皆さんこんにちは!グローハイパー愛用女子のマルチです。

今回は日々グローハイパーを愛用している私が、プルームエックスを初めて使用してみて感じた素直な感想をご紹介します。

コンビニ等にもよく置かれているプルームエックス、気になっていた方も多いのではないでしょうか?

洗練されたおしゃれなデザインが目を引きますよね。私自身もグローハイパーのスティックをコンビニで買う時にいつも気になっていました。

プルームエックスの感想について結論から言ってしまうと、グローハイパーに比べてプルームエックスはなめらかな吸い心地を楽しめる加熱式たばこでした!

ここからは感想の詳細とともに、グローハイパーとプルームエックスの違いやそれぞれの値段についてもご紹介していきます。

まず最初に新型プルームエックスの基本情報をご紹介します。

プルームエックスの価格と販売店舗

ploom-x

プルームエックスのメーカー希望小売価格は3,980円。グローハイパーが480円で購入できるのに比べると、すごく高く感じますよね。

現在プルームエックスでは、公式サイトの乗り換え割を利用すると1480円で購入できるキャンペーンを実施しています。

のりかえ割を利用しても差額が1000円ありますので、値段の面ではグローハイパーの方が手に取りやすい価格といえますね。

JT公式サイトでのプルームエックスの紹介

進化した加熱技術で、最高加熱温度は約295℃ に。
緻密な加熱温度コントロールはもちろんのこと、Ploom X が着目したのは、気流。
温度と気流、どちらも考え抜いた JT 独自の新しい加熱技術 HEATFLOWが、次世代の体験を提供します。

JT 独自の新しい加熱技術、次世代の体験とすごい謳い文句です。初体験のプルームエックスに期待が高まります!

さらにプルームエックスでは5分間、その間吸える回数は無制限で喫煙を楽しむことができます!

また、スマートフォンとBluetooth接続も可能!充電残高の確認や誤作動を防ぐためのロック機能も付いている、まさに次世代の加熱式タバコです。

実際にプルームエックスを吸ってみた

プルームエックス
ここからは実際にプルームエックスを試してみました。見た目から洗練されたデザインが印象的でおしゃれ!

上記写真の指で押さえてる部分を押すと、喫煙スタートです。

今回プルームエックスで試したフレーバーはこちらの二種類!

  1. メビウス・メンソール・フレッシュ
  2. キャメル・メンソール・レッド
プルームエックスフレーバー
試してみたのは、メビウスの「メンソールフレッシュ」とキャメルの「メンソールレッド」の2種類。

しかしながら実は….

初見では、プルームエックスのどこを押して喫煙を始めればいいのか全く分かりませんでした。

グローハイパーは誰が見ても分かるボタンを押すことで喫煙スタートですが、プルームエックスにはボタンがありません。

じっくりと説明書を読んだ後にアルミ面の下部を押していざ、喫煙開始です。

後輩・・・おいしい!心地よいなめらかな吸い心地です。

グローハイパーでは、通常モードの喫煙時間は4分間。それに比べて、プルームエックスは5分間!今までより1分長く喫煙を楽しめます。

長く感じるかな?と思っていましたが、その幸せは意外にあっという間..。しかしながらじっくり吸うことができるのでグローハイパーよりも1本で感じる満足感は大きく感じました。

プルームエックス
プルームエックスならではのおしゃれな見た目に満足。

上記写真の中央にある白いライン部分が吸える残り時間を教えてくれます。

吸い終わるとブブブとしっかりめの振動で教えてくれました。

また、加熱式タバコ特有の甘い匂いは少しだけで、グローハイパーに比べると匂いは少なく感じました。しかしながら、吸った時に出る水蒸気等、その他の吸い心地はグローハイパーとあまり変わらないように思えます。

グローハイパーとプルームエックスの4つの違い

プルームエックスとグローハイパー

冒頭でも述べましたが、私はグローハイパーを日々吸っている、いわば”グローハイパー女子”です。

これまでも様々なフレーバーを吸ってきました。

そんなグローハイパー女子な私がプルームエックスを吸ってみて、「ここが違うな」と思ったことをご紹介します。

吸い始めの威力:グローハイパーの方が強い

グローハイパーでは吸い始めからガツンとくるキック感を感じられることが多いのですが、プルームエックスではなめらかな吸い始めを感じました。

決して弱いわけではなく、口当たりの良い吸い心地は、初体験の感覚でした。

持ちやすさ:プルームエックスの方が持ちやすい

グローハイパーの長方形に比べてプルームエックスの方が曲線的で持ちやすく感じました。

手に馴染む形で扱いやすく、洗練されたデザインは女子ウケ間違いなしです。個人的には、おしゃれなので持っているだけでテンションが上がりました!

ボタン:グローハイパーの方がわかりやすい

上記でも説明しましたが、グローハイパーでは喫煙時にボタンを押しますが、プルームエックスにはボタンがありません。
どこを押せばいいのか分からずに最初は戸惑ってしまいました。

また、何本か吸っていくうちに押す場所は大体わかって来るのですが、押す場所が違うと反応されなかったりするので少し不便に感じました。

洗練されたデザインだからこそ、ボタンがないことでおしゃれさは格段に上がっていますが、慣れるまでは押す場所を間違えてしまうこともあるかもしれません。

スティックの長さ:グローハイパーの方が長い

グローハイパーの長いスティックに比べて、プルームエックスのスティックは短めです。

グローハイパーを吸っていると、スティックが中で折れてしまい取り出せなくなってしまうことが多々ありました。

プルームエックスは短いスティックなので折れづらく扱いやすいです!

プルームエックスのよかった点

プルームエックスとグローハイパー

ここでは長年グローハイパーを愛用してきた私が初めてプルームエックスを吸ってみて感じた、本当に良かった点をご紹介します。

グローハイパーと比べた時に、なんといっても1番良かった点は5分間の喫煙時間です。

1本あたり1分の差があるので、1箱にすると20分間も長く喫煙を楽しめることになります。これはとても大きいですよね。

吸い終わりになってくると、たばこのうまみやキック感は少し弱く感じますが、それはグローハイパーでも同じですのでそこまで私は気になりませんでした。

また上記でも紹介しましたが、グローハイパーに比べ匂いも少ないことや、おしゃれなデザイン、手に馴染む形は個人的にすごく気に入りました!

手持ちのスマートフォンとのBluetooth接続も可能ということで、これからますます加熱式タバコの可能性が広がるのではないか!?と期待しています。

グローハイパー女子が吸っても、プルームエックスは大満足の加熱式タバコでした。

グローハイパーの「値段の安さはやはり強い

プルームエックス

グローハイパーに比べおしゃれでなめらかな吸い心地を楽しめるプルームエックス!

後輩私は個人的にとても気に入りました。今後どちらをメインで吸っていくか迷いますね!

ですが、加熱式タバコはいつかは壊れてしまう電子機器です。なのでネックなのはやはり「値段」かな、と感じました。プルームエックス本体価格は3,000円を超えます。一方グローハイパーは980円。「安さ」でいえばグローハイパーは本当に強いです。

なので現時点では、グローハイパーの方が安価だし手に取りやすいかな、と感じました。

今後プルームエックスも割引セールを行ったり、更に手に取りやすい値段になったり、気軽に買い直せるキャンペーンなどがあることを期待しています。

また、アイコスさんではプルームエックスのコンビニ割引クーポンと在庫情報についても紹介しています!気になった方はぜひ一度こちらの記事も覗いてみてくださいね。

関連記事

こんにちは、加熱式たばこを利用し続けて6年のアイコスさん(@iqossan)です。最新のJTの加熱式たばこ「Ploom X(プルームエックス)」。私自身、JTに直接取材に行くなどした上で、満足いくデバイスと確信しています。そんなプル[…]

プルームエックスのコンビニ展示