新型アイコス「デュオ」を超速レビュー!

【グロー値下げ】安くなり過ぎじゃない!?980円から買えるように【価格一覧】

gloが値下げ

2019年9月17日、BATの加熱式たばこ「glo(グロー)」が驚くほどの値下げを実施しました。

通常グローは980円から購入が可能です。

大安売り!!

って感じなくらいな価格破壊っぷり。プルームテックより安い・・・!?

絶対そんなのおかしい…。

アイコスさん

と、原価とかを考慮すると正直「そんな馬鹿な」感が否めませんが、期間限定とかじゃなく、恒久的な値下げのようです。価格一覧など見ていきましょう。

グロー新旧価格一覧

名称 旧価格 新価格
glo™ 2,980円 980円
glo™シリーズ2 リッチブラック 2,980円 1,980円
glo™シリーズ2 グレー 2,980円 1,980円
glo™シリーズ2 ローズ 2,980円 1,980円
glo™シリーズ2 ゴールド 2,980円 1,980円
glo™シリーズ2 mini レッド 3,980円 1,980円
glo™シリーズ2 mini バイオレット 3,980円 1,980円
glo™シリーズ2 mini イエロー 3,980円 1,980円
glo™シリーズ2 mini トロピカル 3,980円 1,980円

大きく分類すると以下の3つの価格変更となります。

  1. glo:2,980円 → 980円(税込)
  2. glo series2:2,980円 → 1,980円(税込)
  3. glo series2 mini:3,980円 → 1,980円(税込)

対象のデバイス画像は以下の通り。

左からシリーズ2グロー・無印グロー・ミニグロー

左からシリーズ2グロー・無印グロー・ミニグロー

真ん中の無印gloは1000円以下で買えるようになる・・!

購入方法

値下げされたグローを買うためには、どうすれば良いのでしょうか?

回答としては…既に値下げが実施されているので、順次値下げ価格で購入できるようになります。

既に公式オンラインストアでは価格が変更されています。

既に値下げされているミニグロー

既に値下げされているミニグロー

よって、

等々、様々な販売店で購入が可能になります。

また、通販価格もだんだんと安くなっていくでしょう。

ちなみに、グローシリーズ2は、たまに飲み屋で980円で売られていることがあるので、それが流通されて更に通販価格が下がる可能性があります。

なぜこのような価格変更をするのか考察してみます。

なぜ値下げするのか

いくつか理由があると思いますが、大きなところで2つ。

  1. 自社新製品が次々と投入されたから
  2. 市場シェアを奪うため

【1】自社新製品が次々と投入されたから

アイコスさんでは速報でお伝えしていますが、グローに新製品が次々と投入されています。

  • glo sens
  • glo pro
  • glo nano

の3機種です。

グローセンスをレビューした画像 【衝撃】グローセンスを先行レビュー!吸ってみた感想と使い方解説 2種類の新型グロー含むスペック比較! 新型glo「グロープロ」と「グローナノ」が10月3日発売!全種類スペックを比較

グローセンスは「低温加熱式たばこ」として独立しているものの、「グロープロ」と「グローナノ」は、もろに「グローシリーズ2」と「グローミニ」と性質が被ります。

なので、このままの価格では今回値下げするグロー達が売れなくなる・・という懸念からの値下げといえるでしょう。

【2】市場シェアを奪うため

はっきり言って、

高温加熱式たばこが980円でいつでも買える

というのは、ヤバいです。異常です。

1000円以下でコンビニで買えるって、本当にそれいいんですか?っていうくらいな価格破壊っぷりかと思います。

また、プルームテックだって3000円です。それに対してグローシリーズ2ですら1980円って、その異常性が伝わると思います。

BATは価格破壊を狙って行っていると思います。この値付けをされたら、競合はたまったものじゃないでしょう。強引にBATは価格競争へと舵を切らせた感があります。

今後、「プルーム」シリーズのJTや「アイコス」のフィリップモリスが、どのような価格提示をしてくるかちょっと見ものかもしれません。

今回は以上です!引き続き情報出次第お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です