グローハイパープロとプルームXアドバンスド|グローとプルームの最新機種を徹底比較!

グローハイパープロとプルームXアドバンスド|グローとプルームの最新機種を徹底比較!

2024年1月現在、加熱式たばこ市場は各社から新機種が出揃い、多彩なデバイスから好みのものを選べるようになりましたね。

しかし、各機種の特徴やメリット・デメリットがわからず、どの機種が良いのか迷う人も多いのでは?

そこで、この記事ではグローハイパープロ(glo hyper pro)とプルームXアドバンスド(PloomX ADVANCED)を徹底比較します!

実際に吸ってみた使用感や機能面を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

アイコスさん

監修者

Twitter:@iqossan
2016年より運営している加熱式たばこメディア「アイコスさん」代表。IQOS歴は7年。gloとPloom歴は6年。加熱式たばこデバイス所持数は100台を超える。
JT本社に取材、IQOSストア銀座店のオープン初日に取材など、加熱式たばこをはじめとした「新型たばこ」の情報を、正しくわかりやすく伝えることを心がける。月間最高PV数は400万。

グローハイパープロの魅力とは?

グローハイパープロの魅力

グローハイパープロは、BATより2023年12月に発売された最新の機種です。

グローハイパープロの特徴は、下記の通りです。

  • グローのみならず、加熱式たばこ市場における最新の加熱式たばこ
  • EASYVIEW™スクリーン:加熱状況やバッテリー残量、さらにはエラーをカラー液晶画面で確認可能
  • TASTE SELECT™ダイアル:ダイヤル操作で加熱モードの選択やシャッターの開閉ができる
  • HEATBOOST™テクノロジー:新たな加熱技術により、より高い吸いごたえと味わいを実現

加熱たばこ市場最新機種ということもあり、他の加熱式たばこにはない機能が詰まっていることが大きな魅力です。

特に、デバイスの状態をカラー液晶画面で視覚的に確認できることは、より使い勝手を向上させていると言えます。

また、ダイヤル操作での加熱モードの選択・シャッター開閉など、喫煙時の操作が分かりやすいことも魅力の1つです。

実際にグローハイパープロを使用したレビューに関しては当サイト別記事で紹介しているので、そちらもチェックしてくださいね。

関連記事

加熱式たばこの世界に新たな1ページが加わりました。BATジャパンから、ついに「グローハイパープロ」が登場し、私、アイコスさんはこの新星に大きな期待を寄せています!これまでアイコスイルマやプルームエックス、そしてグローハイパーシリーズ[…]

グローハイパープロ

プルームXアドバンスドの魅力とは?

プルームXアドバンスドは、2023年11月に発売されたJTの加熱式たばこ最新機種です。

プルームXアドバンスドの特徴は、下記の通りです。

  • 加熱技術“POWER HEATFLOW®(パワーヒートフロー)“搭載
  • 人体工学に基づき、シンプルながら持ちやすいデバイスのデザインを実現
  • Bluetoothで携帯との連携が可能
  • 約5分間、パフ回数無制限

前モデルであるプルームXのシンプルな操作性はそのままに、Bluetooth機能の付加や喫煙時間を長くするなど、進化したモデルとして誕生しました。

最大の魅力は、「POWER HEATFLOW®(パワーヒートフロー)」という加熱技術を採用することで、満足度の高い喫煙体験ができることです。

POWER HEATFLOW技術のグラフ

ひと口目から吸いごたえや味わいを強く感じることができ、喫煙中の満足度を高くすることに成功しています。

吸い始めから吸い終わりまで、十分なたばこ感を感じられることは、大きなメリットと言えますね。

グローハイパープロ・プルームXアドバンスドの基本スペックを比較

グローハイパープロ・プルームXアドバンスドの基本スペックを比較
左がプルームXアドバンスド 右がグローハイパープロ

グローハイパープロとプルームXアドバンスドのスペックを比較します。

グローハイパープロプルームXアドバンスド
本体価格3,980円(税込)1,980円(税込)
加熱時間スタンダード:20秒
ブースト:15秒
約25秒
喫煙時間スタンダード:4分30秒
ブースト:3分
5分間(パフ回数無制限)
充電にかかる時間90~100分約90分
メンテナンス頻度1箱(20本)吸い終わる毎に必要月1回、又はたばこスティックの差し込みがきつい場合に必要
連続吸い可能本数約20本(フル充電した場合の使用回数)約20本(フル充電した場合の使用回数)
加熱温度非公開約320℃
サイズ高さ: 96.7mm
幅: 36.6mm
奥行き: 21.1mm
高さ:89mm
幅:44mm
奥行き:24mm
重量90g95g

まず、価格についてはプルームXアドバンスドの方が2,000円安く、初期投資は抑えることができます。

加熱時間はグローハイパープロの方が短く、早く吸い始めたい忙しい人には便利ですね。

喫煙時間はプルームXアドバンスドの方が長いので、ゆったり喫煙を愉しむことができます。

メンテナンス頻度や充電時間、連続喫煙可能数には、ほぼ違いがありません。

グローハイパープロ・プルームXアドバンスドのスティック数を比較

グローハイパープロ・プルームXアドバンスドのスティック数を比較

グローハイパープロとプルームXアドバンスドに使用できるたばこスティックの種類を比較してみましょう。

グローハイパープロプルームXアドバンスド
使用可能スティックの種類28種類(コンビニ購入可能数は23種類)17種類
味わいレギュラー、メンソール、フレーバー系が揃う。強メンソールのKOOL×NEO、1箱400円と安価なラッキーストライク等がある。レギュラー、メンソール、フレーバー等様々。馴染みのあるメビウスやアップル、マスカット等個性的なフレーバーの多いキャメルシリーズ等がある。
匂いスティックによって異なるが少し加熱式たばこ特有のもあっと感がある。スティックによって異なるが匂いは少なめ。

たばこスティックの種類に関しては、グローハイパープロの方が多くの種類から選ぶことができます。

一方、プルームXアドバンスドはJTの紙巻きたばこを吸い慣れた人には親しみのあるブランドが揃っています。

好きなブランドのたばこスティックがある方のデバイスを選ぶ、という方法もありますね。

1箱あたりのたばこ価格を比較

グローハイパープロとプルームXアドバンスドで吸えるたばこのブランドごとの価格を比較しました。

グローハイパープロプルームXアドバンスド
クールエックスネオ:540円メビウス:500円
ネオ:540円キャメル:500円
ケント:500円
ラッキーストライク:400円

1箱400円という破格の安さのラッキーストライクをラインナップしていることが、グローハイパープロの強みです。

本体価格は、グローハイパープロはプルームXアドバンスドより2,000円高いですが、ランニングコストを考慮すると選ぶ銘柄によっては結果的に節約できそうですね。

その一方で、全ての銘柄が500円というプルームXアドバンスでは、お金のことを考えずに吸いたいフレーバーを選べることもメリットと言えます。

各機種で吸えるたばこスティクについては、別記事にて紹介しているので参考にしてください。

関連記事

[say name="アイコスさん" img="https://iqossan.com/wp-content/uploads/senpai_01.png" from="right"]安くて美味しい加熱式たばこが吸いたいですか?[/say][…]

グローハイパーのラッキーストライク特集
関連記事

JTは、加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エックス(Ploom X)」において、現行のメビウス8銘柄を廃止し、新たに8銘柄をリニューアル発売しました。リニューアル後の価格はなんと1箱500円!2023年3月20日より順次、全国のコン[…]

プルームXのメビウスが1箱500円にリニューアル

グローハイパープロ・プルームXアドバンスドの吸いごたえを比較

グローハイパープロ・プルームXアドバンスドの吸いごたえを比較

グローハイパープロとプルームXアドバンスドの吸いごたえはどう違うのか、比較してみました!

結論から言うと、あまり差がなく、「好み」によるところが大きいと感じました。

どちらも強いキック感とたばこ本来の味わいをしっかり感じられ、吸いごたえに大きな差はありません。

あえて違いを挙げると、下記の3点となります。

グローハイパープロとプルームXアドバンスドの違い①:操作性

グローハイパープロは2つの加熱モードをダイアルで選ぶことができ、液晶画面で充電残量や加熱状況が一目でわかる為、直感的な操作が可能となっています。使い方がパッと見て分かりやすいのはかなり魅力的ですよね。

一方、プルームXアドバンスドはプルームXにはなかった機能として新しく自動加熱機能が搭載されている為、たばこスティックを差し込むだけで加熱がスタートするようになっています。加熱までの操作が少ない分、早く吸い始めることが出来るのが嬉しい!!

どちらも優れた操作性で甲乙つけがたい!!!よってこれは使う人の好み左右されるのではないでしょうか。

筆者は、しいて言うなら、ダイヤルと液晶画面の両方で選んだ加熱モードと加熱状況がわかるグローハイパープロの方が操作性に関しては優れていると感じました。

また、グローハイパープロは充電状況も1%単位で液晶画面で確認できるため、お出かけ前に充電残量を確認するには便利なデバイスだと感じました。

関連記事

BATジャパンの最新加熱式たばこ用デバイス、『glo hyper pro(グローハイパープロ)』。「EASYVIEW™スクリーン」、「TASTE SELECT™ ダイアル」、「HEATBOOST![…]

【glo】グローハイパープロの充電方法!充電の仕方や充電完了のサインは?

グローハイパープロとプルームXアドバンスドの違い②:持ちやすさ

人間工学を考慮して作られたプルームXアドバンスドは、やはり持ちやすさに優れていると感じました。

アイコスさん
喫煙する時に手にした時のフィット感は、体験しないと分かりにくいですが…

ただ、グローハイパープロが持ちにくいという訳でもないので、これは好みの問題であるとも言えますね。

グローハイパープロとプルームXアドバンスドの違い③:最初の1パフ目

実際に吸った実感として、グローハイパープロとプルームXアドバンスドで差が出るのは、最初のひと口目です。

加熱モードが選べない分、プルームXアドバンスドは最初のひと口から強いキック感を感じられる作りになっています。

但し、グローハイパープロはHEATBOOST™テクノロジーを採用しており、ブーストモードを選べば強いキック感を長く味わうこともできます。

短時間でも、喫煙中ずっと強いキック感を感じたい場合は、グローハイパープロのブーストモードが向いています。

ひと口目のキック感と長い喫煙体験をしたい場合はプルームXアドバンスドが相性が良いでしょうね。

結論:グローハイパープロとプルームXアドバンスド、どっちがおすすめ?

結論:グローハイパープロとプルームXアドバンスド、どっちがおすすめ?

グローハイパープロとプルームXアドバンスドを比較してみたところ、それぞれのメリットがありました。

2つの加熱式たばこのメリット・デメリットを比較した上でグローハイパープロが向いている人、プルームXアドバンスドが向いている人を紹介します。

グローハイパープロがおすすめの人

グローハイパープロがおすすめの人

グローハイパープロはこんな人におすすめです!

  • 使い勝手を重視する人
  • 新しく高い機能性を求める人
  • 多くの銘柄からたばこスティックを選びたい人

グローハイパープロの特徴は、やはりダイアル操作での使いやすさとカラー液晶画面の高い機能性です。

ボタンの押し間違えや充電切れなどのストレスを感じたくない人にはぴったりのデバイスです。

また、豊富なたばこスティックのラインナップも大変魅力的ですよね。

ランニングコストを抑えたいときは安い銘柄、たまには気分を変えて別の味を…と考えている人におすすめです。

プルームXアドバンスドがおすすめな人

プルームXアドバンスド

プルームXアドバンスドはこんな人におすすめです!

  • シックなデザインが好きな人
  • より強いキック感をひと口目に楽しみたい人
  • 持ちやすさを重視する人

プルームXアドバンスドはシンプルなデザインなので、シックなものを好む人におすすめです。

また、高温で加熱するため1パフ目から強いキック感を感じたい人にも向いています。

手にフィットするデバイスは、疲れを癒す一服を快適にしてくれますよ。

プルームXアドバンスドについてはこちらの記事でさらに詳しく紹介していますので、気になった方はぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

JTから新たに発売されたプルームXアドバンスドは、加熱式タバコ市場に新たな風を吹き込みました!従来のプルームXの性能をさらに進化させたこのモデルは、加熱温度の向上や自動加熱機能など、ユーザーの喫煙体験を大きく改善しています。[…]