アイコス470円新フレーバー ヒーツ(HEETS)とは?全国発売はいつ?

アイコスIQOS ヒーツ(HEETS)の画像

IQOS3IQOS3MULTIを発売したアイコス。先日どちらもレビュー記事を公開しましたが、素晴らしい新モデルとなっています。

実はアイコス本体とは別に…アイコス専用タバコも新しい種類のフレーバーが地域限定で販売開始しています。その名も「ヒーツ(HEETS)」、4種類の味の感想から、IQOS公式にお伺いした全国発売情報など含めてまとめます。

470円のヒーツ(HEETS)とは?

「ヒーツ(HEETS)」とは、アイコスのフィリップモリスが発売した「ヒートスティック」に続く(?)新フレーバーです。特徴として以下の2つがあげられます。

  1. 値段がヒートスティックより安い
  2. 地域限定発売中

【1】値段は470円。ヒートスティックより30円安い

ヒートスティックの値段は500円。たばこ増税前は460円ですが、40円値上げしたため今は1コイン・・500円となりました。

様々な種類のヒートスティックが存在する

様々な種類のヒートスティックが存在する

ヒートスティックの種類は2018年現在9種類オレンジやブラウンといった種類も発売されており、レギュラーからメンソールまでかなりの味・フレーバーを楽しむことが可能です。

ヒーツはこれらヒートスティックより30円安い価格設定となっています。理由は後述しますが、ヒートスティックが値上げされた今かなり魅力的な価格設定ですよね。

【2】地域限定販売中

価格が安いという特徴の他に、地域限定販売という特徴があります。東京にお住まいの方はあまり見ることはないと思いますが、以下の地域ではコンビニでよく見かけるようになっているはず。

  • アイコス新フレーバー「ヒーツ」販売場所
    • 北海道、鳥取県、島根県、山口県、岡山県、広島県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
ヒーツが売っている地域地図

ヒーツが売っている地域地図

マッピングするとよくわかりますが、まずは日本の南北から攻めていくような構成となっております。

ヒーツはどのような味なのか

地域販売しているので、既にアイコスユーザーからは買ってみたという報告がされています。

色々な感想がありますが、種類とどのような風味なのか確認していきましょう。

ヒーツは4種類展開

ヒーツは4種類展開でスタートしています。

  • ディープブロンズ
  • バランスドイエロー
  • クリアシルバー
  • フレッシュエメラルド

アイコスもはじめは4種類から開始していたので、これからの販売傾向次第では種類数が増えることが予想できます。

以前九州に行った際にそれぞれの味を試してみれたので、以下みていきましょう。

ヒーツ ディープブロンズ

ヒーツ ディープブロンズの画像

ヒーツ ディープブロンズの画像

ディープブロンズはいわゆる「レギュラー」タイプのフレーバー。IQOS公式サイトでは「コクうま」と表現されています。

吸ってみた感じ、癖が少ないヒートスティックレギュラーといったところでしょうか。グローのネオスティックレギュラーに近いかも?プルームテックのレギュラーよりは強めで、ヒートスティックのキツさが弱まったレギュラー感がありました。

ただ、公式の通りコクと旨味はあるような気がします。ウイスキーと一緒に嗜むの良さそう。

ヒーツ バランスドイエロー

ヒーツ バランスドイエローの画像

ヒーツ バランスドイエローの画像

バランスドイエローはいわゆる「レギュラー」タイプのフレーバー。IQOS公式サイトでは「まろやか」と表現されています。

イエローといえば、、ヒートスティック「イエローメンソール」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、レギュラータイプです。

まさにヒートスティック「バランスドレギュラー」の位置に相当するタバコになっています。個人的感想としては、悪くはない・・が、弱い(薄い)感じ。という印象が残っています。

ヒーツ クリアシルバー

ヒーツ クリアシルバーの画像

ヒーツ クリアシルバーの画像

クリアシルバーはいわゆる「レギュラー」タイプのフレーバー。IQOS公式サイトでは「軽やか」と表現されています。

バランスドイエローが更に軽やかになったような感覚のフレーバー。ヒートスティックではスムースレギュラーに準ずるような立ち位置でしょうか。

軽いやつ下さい!とかそんな時におすすめ。でも薄さはありますね。30円プラスでスムースレギュラーが買えるなら、まだスムースレギュラーを買う気が私はします。

ヒール フレッシュエメラルド

ヒーツ フレッシュエメラルドの画像

ヒーツ フレッシュエメラルドの画像

フレッシュエメラルドはいわゆる「メンソール」タイプのフレーバー。IQOS公式サイトでは「爽やか」と表現されています。

最後についにメンソールタイプのフレーバー!楽しみ!イエローメンソールかミントが好きな私はミントに近しいこの子を期待していました。

・・・が、結果としては、薄いですね。メンソールが弱め。1mgの弱めで薄めメンソールタバコを吸っているような感想を持ちました。いや、でもプルームテックの軽めメンソールと近しいと考えれば悪くないのか?

でも吸い慣れるまではやっぱりヒートスティックの方がまだいいなぁ。”濃さ”というか”味わい”はやっぱりマルボロをベースとしたヒートスティックに軍配が上がるようです。

実は2016年頃から海外には存在

実はこのヒーツ、初期アイコスが発売された頃から海外には存在しました。

フィリップモリスインターナショナルでは、HEETSについて以下のように説明しています。

HEETS, also known as HeatSticks in some markets, is a specially designed heated tobacco unit that is intended for exclusive use with the IQOS holder.

一部の市場ではヒートスティックとも呼ばれるHEETSは、IQOSホルダー専用の使用を目的として特別に設計された加熱式たばこユニットです。

そもそもHEETSとヒートスティックは当初同一のものとして設計されており、日本ではヒートスティック、海外ではヒーツとして販売されていたんですね。それが明確に違うものとして発売されたのが今回登場したHEETSとなります。

実は海外で発売されているHEETSと今回発売したHEETSも、味が異なるという話です。日本のHEETSは特別に安価設計されているため見てきたとおり薄めの味になっているのでしょう。

なぜ、30円安いのか?

アイコス30円安いフレーバースティック

なぜ、HEETSは30円安い470円なのか、IQOSの中の人にお伺いしてみました。

  • タバコに使っているタバコ葉、メンソールの内容(量)が変わっている
  • 特にメンソールが薄いなどはこの構成の違いからくる

とのことでした。

30円安いのだから当然その分の価格差の味の違いは出てくるのでしょう。

実際、「高くても良いから美味しいものを吸いたい」という人と「安いならこのくらいでも良い」という人に分かれると思います。実はこの思考の差が地域販売販売となっている要因の1つだそう。

なぜ、地域限定販売なのか?

新型アイコス発売日にアイコスストア銀座を訪問!

結論からいうと、現在の地域限定販売は「テスト(的)販売」なんだそうです。

前提として、まだHEETSは開発されたばかりで生産量も少なく、人口が多い都心部で販売を開始すると供給量が間に合わなくなる可能性があります。

まずは地域を限定して販売することで、どれだけ売れるかの傾向を掴み、その結果次第で全国展開を検討するそう。

実際、安いといえど廉価版ヒートスティックとして売り出して、売れなかったら元も子もありません。その傾向を今は探っているんですね。

全国・東京での発売はいつ?

なので、一応お伺いしてみましたが、

全国展開や東京で売り始める予定は、今のところはまだない(聞いていない)。

とのことでした。

ただ、ユーザーからすると、いかに味がどうだって、安いものを利用してみたい!と思うのが心理だと思います。

おそらく、そこまで販売数が悪いわけではないと思うので近い内に全国展開するでしょう。アイコス公式ホームページでも奥の方にHEETSについての記載がされています。

アイコスヒーツの記載が公式ホームページには掲載されている

アイコスヒーツの記載が公式ホームページには掲載されている

もしや全国展開する気満々!?引き続き続報ありましたらお伝えしていきます。

アイコス新着情報をゲットしよう

1万人以上がフォローする『アイコスさん』SNSを是非あなたも「いいね!」や「フォロー」して下さい。iQOS関連の最新情報や、お得情報を逐一お届けさせて頂きます!是非ここだけの新着情報をゲットして下さい♪