これはリピート!ニコチン0%の「ニコノン」が飽きない美味しさだった【レビュー】

こんにちわ。加熱式たばこブロガーのアイコスさんです。

今日紹介するのは、話題のノンニコチンたばこシリーズ、大本命である隠れ玉銘柄の紹介です。実はこの銘柄、Amazonのレビューで絶賛されているんですが、あまりノンニコチンシリーズ界でも話題にならない。

あまりに気になって試してみたら「これは納得の味わい・・」となったので、ちゃんと紹介しておきたいと思います。

その名はニコノン!Amazon評価がなぜか高い

これまでニコチン0%のノンニコチン銘柄はいくつもレビューしてきました。吸って思うのは、どれもこんな感想↓

本当に、、ニコチン入ってないの・・?

アイコスさん

そのくらい、しっかりと濃厚な味わいを愉しめます。ノンニコチン銘柄は、アイコスで吸える「たばこ葉」ではなく「茶葉」が利用されている銘柄なのですが、ここまで味わいの進化進んだかぁ・・と思う今日のこの頃です。

それぞれの良さがあるのですが、今回紹介する「ニコノン」は個人的に大ヒット。そもそも良くない商品はアイコスさんでは紹介しないのですが、にしても、良かったです。茶葉の良さなの?なんなんだ?かなりまとまった味わいで、星5です。

そもそもこの商品を初めて知ったのはAmazonでしたが、トップレビューがあまりに褒めていますw

ニコレス、コバト、ニコノンと比較したけど、「ニコノンが一番良かった」とのこと。

ニコレス、コバト、ニコノンと比較したけど、「ニコノンが一番良かった」とのこと。

ここまで!?ということで、試してみたのが今回。早速、レビューした結果を見ていきましょう。

※ちなみにアイコスさんではノンニコチン銘柄を結構試しているので、その前提でご覧ください…。辛口になるか…??

メンソールをレビュー

はじめに試してみたのは、ニコノンのメンソール銘柄です。

ニコノンの画像。「禁煙後の新しいカタチ」との記載が。どの程度の実力でしょう!

ニコノンの画像。「禁煙後の新しいカタチ」との記載が。どの程度の実力でしょう!

裏面には、「本製品は茶葉を使用しておりタバコではありません。」との表記がありました。満足できる味わいが愉しめるでしょうか・・。

開封してみます。

開封すると、中蓋は紙というかプラスチックというか、アイコスのよくある銀紙ではありませんでした。

開封すると、中蓋は紙というかプラスチックというか、アイコスのよくある銀紙ではありませんでした。

たばこ葉の詰まりはこんな感じ。かなりギュッとしています。

茶葉の詰まりはこんな感じ。かなりギュッとしています。

既に開封してスティックの匂いを嗅いだところで、甘みのある香りがする。若干ラムネ感があるような?こっちがシトラス?と思うくらい、ただのメンソールってわけではないように感じました。これは好印象。

吸ってみます!

ニコノン・メンソールを吸ってみる!

ニコノン・メンソールを吸ってみる!

これは・・・美味しい!!

アイコスさん

めちゃくちゃまとまりがあります!!美味しい!

ノンニコチン系銘柄の中では、非常にありな部類です。茶葉なので嫌なたばこ感もないし、逆に茶葉だからこその臭みも薄い。これは・・当たり銘柄では!?という想いが駆け抜けます。

〜〜 何回か吸う 〜〜

やっぱり、メンソールも強めで、濃厚なコクを楽しめる気がします。変な添加物(?)がない、純粋なメンソールたばこって感じ。たばこじゃないのに・・。

鼻がとても通る感覚があって、ニコチンなしでこれが楽しめるのは驚き。

メンソールフレーバーということで、たばこ葉(茶葉)自体の味わいは薄く、ただ爽快感だけ愉しめるかと思いきや、濃厚な茶葉の味わいが愉しめるので、たばこ(茶)本来の味わいをしっかりと愉しめます 表現がややこしい!w

キック感というより、、なんというんだろう、濃厚なベイパーも愉しめるので、意外とレギュラーを吸っている人でも問題なく楽しめる気がしました。

いや…にしても、ノンニコチン系スティック恐るべし。

アイスシトラスをレビュー

やたら満足できたところで、続いてアイスシトラスを試してみます。

ニコノンのアイスシトラス味。こっちのほうがメンソールが強い・・のか?弱いのか?

ニコノンのアイスシトラス味。こっちのほうがメンソールが強い・・のか?弱いのか?

「アイス」という名称があるから、こっちのほうが冷涼感が強いのでしょうか?どうなんだろう?開封してみます。

アイスシトラスを開封。こちらんも内蓋は銀紙でした。

アイスシトラスを開封。こちらんも内蓋は銀紙でした。

スティックの見た目は完全に一緒。

スティックの見た目は、メンソールもアイスシトラスも完全に一緒。

スティックだけ嗅ぐと、クールなひんやりするシトラスの匂いがします。たしかに、比べてみるとこっちの方がラムネ感ある・・?

吸ってみましょう!

・・・・

・・

香りが絶妙!こっちの方が強く感じる?

アイコスさん

うーーーーん??表現が難しい。なんというか、クイッとくる味わい。。

シトラスの甘みがしっかりあります。しかしこの銘柄はそれだけでなく、柑橘系の甘酸っぱさ・渋みも、かなり意識して味わいに入れている気がします。簡単にいうと大人の味わい・・なんですが、強いて言うなら、シトラスの”身”だけでなく”皮”も味わいにちゃんと入れている気がします。

甘味の中に、たまに現れる柑橘系の濃ゆい味わいを楽しめます。よくシトラスの味わいを表現してるフレーバーはあるけど、1番柑橘系の味わいを、愚直に表しているかも。

ただこれは、茶葉がそうさせているのかもしれない。

メンソールを吸って思ったけど、ニコノンの茶葉は嫌な香りが少ないけど重厚な味わいを愉しめます。この茶葉の重厚な味わいが、シトラスと混ざり合うことで、甘みよりも、大人なクールテイストを表現することになった感じ。

〜〜 数本吸って 〜〜

冷涼感は・・どっちも同じくらい?

アイコスさん

「アイス」という名称がついてるので当然「アイスシトラス」は冷涼感強いのですが、やっぱり「メンソール」もそれなりの強さでした。

どっちが美味しいか・・!!!?

アイコスで「メンソール」と「アイスシトラス」を何回も吸ってみた

アイコスで「メンソール」と「アイスシトラス」を何回も吸ってみた

「メンソール」と「アイスシトラス」を何度も吸ってみました。

結果から伝えると、ファーストインプレッションでは「メンソール」の方が好みでした。

これ、非常に難しいんですが、メンソールの方が味わいがまとまっているように感じました。非常にまとまってる。これはなぜだろう?と考えてみたのですが、ニコノンに使われている茶葉は雲南省、福建省の茶葉の中から日本人の味覚に合うように厳選しブレンドされているそうで、このブレンドが実に私にはマッチしてました。

メンソールは、純粋に茶葉の旨味を愉しめるので、結果的にメンソールが良いのかも。

アイスシトラスの良さ

しかーし!アイスシトラスの良さも、何度も吸うとわかってきます。

大人なクールテイストと前述しましたが、本当にそれがピッタリな表現で、甘みの中に渋みも混ざっていて、飽きずに吸うことが出来ます。

そう、飽きない美味しさが愉しめるのです。

特に「飽きないなぁ」と思ったのが、メンソールとアイスシトラスを交互に吸っていたからかもしれません。この2つの銘柄は、どちらもどぎつい甘みー!とか、ドロッとしてる感じー!とかはないので、スムーズに吸うことができるんですよね。

しかもやっぱり、ニコチンが入ってないので後味が想像以上に爽快です。嫌な残り香もないし、このニコノンは、かなりの当たり銘柄だと思いました。

スティックが刺しやすい

そして何回も吸って思うのは、ニコノンのスティックがやたら刺しやすい!ということです。

サクっと刺すことが出来て、

サクっと抜くことができます。

これはなぜだろう?と思ったのですが、その秘密はニコノンが「新製法の顆粒状茶葉」を採用しているからのようでした。ブレードの挿入がスムーズで、汚れやカスもつきにくいそうです。

独自の顆粒状の茶葉が利用されているそう。

独自の顆粒状の茶葉が利用されているそう。

実際に中身も分解して見てみました。

ニコノンの中身。茶葉が顆粒状になっている。

ニコノンの中身。茶葉が顆粒状になっている。

確かに分解すると、茶葉が顆粒状になっていました。これは刺しやすいわ!

グローハイパーでは吸えないから注意

このニコノン、アイコスで吸っていたのですが、グローハイパーでも吸えるかな?と思って思い切って試してみました。

いけ・・るか・・??(挿入時からいけなさそうな気がしてたまらない)

いけ・・るか・・??(挿入時からいけなさそうな気がしてたまらない)

結論から言うと、ニコノンはグローハイパーで利用できませんでした。

なぜなら、ニコノンはスティックに加熱ブレードを差し込むタイプの加熱式たばこでないと利用できないからです。理由は、仕組みを見ればすぐにわかります。前述のとおり顆粒状の特別な茶葉が利用されているので、外側からの加熱には対応できていないようです。

よって、ニコノンは「グローハイパー」では利用できず、「アイコス」や「パルズ」で利用することができるが正解になります。

1フレーバーずつ、3箱買うのがおすすめ

ニコノン、かなりおすすめなノンニコチンたばこ(?)でした。このニコチン0%の茶葉スティックに名前が欲しい。

やはり、メンソールとアイスシトラスの2大フレーバーのおかげか、飽きがない美味しい味わいを愉しめるフレーバーで、非常に満足できました。これはおすすめできる銘柄です。

もし購入を考える場合、こういうフレーバーって、ワンカートンで買うのが抵抗あると思うのですが、ニコノンは3箱から買えるので、メンソールとアイスシトラスをそれぞれ3箱ずつ買うのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です