プルームエス新フレーバー「キャメル」をレビュー!ラクダ味がPloomSに登場

プルームエスの新フレーバー「キャメル」をレビュー

JTの加熱式たばこ『Ploom S』に新フレーバーが登場!なんと今回、既存の【メビウス】銘柄ではなく、新銘柄の登場です。

その名も「CAMEL(キャメル)」!あのラクダフレーバーが『Ploom S』にやってきました。発売日前に特別に手に入れることができたので、レビュー記事をお届けします。(公式ちなみに発売日は2020年1月20日(月)となっています)

キャメルのレギュラー、メンソールが460円で登場

プルームエス版キャメル。左がレギュラー、右がメンソール

プルームエス版キャメル。左がレギュラー、右がメンソール。

じゃん、こちらが新銘柄「キャメル」のレギュラーとメンソールフレーバーです。ラクダさんが目印のタバコ。もともと紙巻きたばこからあったブランドですが、誕生年はなんと1913年だそうです。

めちゃくちゃ歴の長いタバコブランドですが、そんなキャメル銘柄が100年の時を超えて、現代において加熱式たばこ化するのは歴史を感じますね。

もともと「安さが定評」感ある銘柄なイメージがある方多いかもしれません。事実、2019年末には360円の紙巻きたばこ版キャメルも新発売されていて、安さ・新しさという軸にリブランドをしている銘柄でもあります。

メビウスより30円安い

「プルーム・エス用」という表記がされている

梱包スリーブには、「プルーム・エス用」という表記がされている

このPloom S版キャメルのいいところも、なんといっても価格です。

キャメル発売時点で、PloomSのメビウスが490円のところ、460円の価格設定になっています。30円も安い。

昨今、各加熱式たばこブランドは、高めの銘柄と安めの銘柄の2軸展開が主流となっています。この流れにもれず、Ploom Sも高価格帯メビウスと低価格帯キャメルの2軸展開としていくのでしょう。

今後、PloomS版キャメルのフレーバー数は増えていくと思われますが、まず登場したのは「レギュラー」と「メンソール」。ここからはそれぞれ吸ってみた感想をまとめます。

キャメル・メンソールをレビュー

メンソールキャメルを、軽やかな限定カラープルームエスで試してみる

メンソールキャメルを、軽やかな限定カラープルームエスで試してみる

先にメンソールをレビューしました。だって、『プルーム・エス』にはメンソールの方が多いのだもの。既にメンソールタイプは4フレーバー中3つ出ているので、

メンソールに切り込む新フレーバーのハードルはかなり高いのでは?

アイコスさん

と思っていました。しかもキャメルはメビウスより30円も安い。ここに勝つためにはこの30円分のハンデがありつつ成し遂げないといけないのです。

プルームエスのキャメルメンソールを吸ってみる

ということで吸ってみました。

透き通ってる!!メンソール強め!

アイコスさん

そもそもキャメル自体に、ちょっと安いモデルあるあるの「タバコの苦味の強さ」を想像していました。なんですが、そこまで苦くもなく、めちゃくちゃ強いというわけではない。

透き通った爽快感。

というイメージを持ちました。キャメルってこんなまとまった味だったっけ?

メビウスのクールエフェクト程のメンソールの強さではないですが、通常メンソールと同等くらいのしっかりメンソールを感じました。

これでメビウスより安いなら、全然いいんじゃない?ラクダ流行りそう。

アイコスさん

キャメル・レギュラーをレビュー

レギュラーキャメルを、深みある限定カラープルームエスで試してみる

続いてレギュラーテイストを吸ってみます。

『プルームエス』にはまだレギュラー味は1つしかないので、結構待望の銘柄かもと思っていました。そして、キャメル・メンソールが思った以上に良かったので、これは期待が上がる。

ということで吸ってみました。

スムースな味わい!さらりとまとまったコクあるフレーバーだ。

アイコスさん

これは、ざっくりいうとアイコスの「レギュラー」に対する「スムースレギュラー」って感じです(アイコスのフレーバー一覧

メビウス・レギュラーの良さは、よくも悪くも「メビウス」でした。マイルドにコクが強いんですよね。

いっぽう、キャメル・レギュラーは、コクがある中でも「軽快さ」が含まれています。その感じはまさにスムースな印象。確かに明確に比較するとたばこの苦味がちょっと強い・・といえるかもしれませんが、なんというか加熱式たばこ専用に作られたような吸いごこちの良さがあります。

これやっぱり、これでメビウスより30円安いなら、ラクダでもはや良いって思う人多いんじゃない?

アイコスさん

箱に入ってる「らくだメモ」がかわいい

Ploom Sのフレーバーは6種類に

今回、Ploom Sの新銘柄「CAMEL(キャメル)」のフレーバーをレビューしてきました。これで、プルームエスのフレーバー数は6種類になります。

6種類のプルームエス専用フレーバー

6種類のプルームエス専用フレーバー

このキャメルの登場で、プルームエスにけっこう幅が広がった印象があります。味わいだけでなく価格帯でも選べるのは、プルームエスユーザーからすると嬉しいですよね。

プルームエス全6種類の味比較!新フレーバーは人気?PloomSおすすめランキング プルームエス全6種類の味比較!新フレーバーは人気?PloomSおすすめランキング

ちなみに、キャメルの箱の中には「プルームでキャメる?」というコメントカードが入っていて、裏面には「話せばらくだメモ」が入っています。

話せばらくだメモ|「定時であがります。」「きのうがんばたったので遅刻します。」

話せばらくだメモ|「定時であがります。」「きのうがんばたったので遅刻します。」

なんか洒落てていいですねw

味わいも価格もそうでしたが、このメモからも、「軽快さ」をブランディング(しようと)していると思いました。

『プルーム・エス』は2019年末に定価が半額以下になるという大きな価格変更を発表しました。そしてつい先日も『プルーム・テック』と『プルーム・テック・プラス』が大幅値下げ発表されています。

どんどん安くなっている加熱式たばこ達ですが、その中でも気軽な銘柄として、キャメルが受け入れられるのか。

プルームエスユーザーの皆様、試してみたら、どうだったかSNSなどで感想を教えて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×