新型アイコス「デュオ」を超速レビュー!

プルームエスの全4種類のフレーバーをレビュー!たばこスティックの味を比較

プルームエスの全フレーバーをレビュー比較

本日、2019年8月5日、ついにプルーム・エスが全国発売となります!

セブンイレブンでもファミマでもローソンでも、各種コンビニで、どこでもプルームエスが買える!!

アイコスさん

ということで、これから【Ploom S デビュー】という方も多いと思いますので、この記事ではプルームエスの全4種類のフレーバーの味を比較レビューした結果をお伝えしたいと思います。

プルームエスの4種類のフレーバー

プルームエスには、全国発売時点で4種類のフレーバーがラインナップされています。

  • メビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルーム・エス
  • メビウス・メンソール・フォー・プルーム・エス
  • メビウス・メンソール・クールエフェクト・フォー・プルーム・エス
  • メビウス・メンソール・パープル・フォー・プルーム・エス

レギュラータイプが1種類、メンソールタイプが3種類となります。

加熱式たばこはメンソールタイプの方が人気が強いので、メンソール系の方が種類数が多いですね。(これはアイコスやグローにも言えることです)

ということで、それぞれのフレーバーの特徴を見ていきましょう。

動画でササッと比較

この記事の内容は、ほぼ動画でも解説されています。動画で音声と映像で確認したい方はこちらをチェック下さい。

「レギュラーテイスト」をレビュー

プルームエスのレギュラーテイストをレビュー

ということで、「レギュラーテイスト」を見ていきます。

まず、公式の説明は以下の通り。

メビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルームエス

落ち着いて、ゆったりとした美味しさ。豊かなコクが広がる上質な味わい。

小売定価:480円(税込)

ゆっりとした味わい。とありますが、まさにそのとおりで、じっくりとタバコのコクを味わうことができます。

その秘密は、プルームエスの加熱温度にあります。

プルームエスの加熱温度は「200度」と、アイコスなどの加熱温度(300度)より低く設定されており、その分強くなく落ち着いた美味しさを愉しむことができるのです。

また、別視点から見ると、かなり「メビウス」の味を表現されております。実はプルームエスのフレーバーは、

限りなく紙巻きたばこに近い味の加熱式たばこをつくる

というミッションを元に作られており、JT内のたばこづくりのプロ達が様々な葉のブレンドを試し「リアル香味製法」という基盤を元に味づくりを実現したそうです。

実際に、その味わいはかなり既存メビウスに寄せられていながらも、かといって落ち着いているので、とても吸いやすく、たばこ葉のコクを感じることが出来ます。

「メンソール」をレビュー

プルームエスのメンソールをレビュー

続いて、「メンソール」の味わいをレビューしていきます。

まず、公式の説明は以下の通り。

メビウス・メンソール・フォー・プルームエス

口にした瞬間に訪れるシャープな清涼感。キレのある強烈メンソール。

小売定価:480円(税込)

レギュラーテイストと比較すると、かなり「メンソール」が強いです。メビウスのメンソールってこんなに強かったっけ?

ただ、「リアル香味製法」を元に作成されているので、ベースは落ち着きを感じるものです。

落ち着きのある味わいを楽しみながら、キレのあるメンソールを愉しむことができます。

アイコスの「メンソール」も結構強いですが、それと同じくらいと思っていただければわかりやすいでしょうか?アイコスのミントよりは全然強いです。

「メンソール・クールエフェクト」をレビュー

プルームエスのメンソール・クールエフェクトをレビュー

続いて、「メンソール・クールエフェクト」を見ていきます。

まず、公式の説明は以下の通り。

メビウス・メンソール・クールエフェクト・フォー・プルームエス

後味まで続くクールな冷涼感。爽やかな冷涼メンソール。

小売定価:480円(税込)

「メンソール」と比較すると、更にメンソールの冷たさが強化されたフレーバーになっています。

「冷涼」とはうまくいったもので、「強烈メンソール」はこちらの代名詞にこそ相応しいんじゃないか?と思う程、強い「冷たく・涼しげ」な味わいを感じることができます。

グローなどに「カプセルメンソール」タイプのフレーバーがありますが、カプセルを割って「ブースト」機能が備わったくらいの状態の強さな気がします。

メンソール好き!な人にはたまらないですが、メンソールちょっと・・って人にはかなり強いのであまりおすすめできないかもしれません。

「メンソール・パープル」をレビュー

プルームエスのメンソール・パープルをレビュー

最後に、新フレーバーである「メンソール・パープル」を見ていきます。

まず、公式の説明は以下の通り。

メビウス・メンソール・パープル・フォー・プルームエス

フレーバー・マイクロ・チップを搭載。新感覚のベリーフレーバーメンソール。

小売定価:480円(税込)

開封直後はかなり甘みを感じます。

ただ、吸ってみると「甘い!!」という激甘な感じではなく、メンソールの方が強く感じますね。

この「フレーバー・マイクロ・チップ」があるからか・・はわからないのですが、かなりフレッシュな爽やかな甘みを愉しむことができます。

例えばベタベタなマンゴーの甘いやつ!とかとは全然違うもので、「ベリーの甘さが少し加わった爽やかメンソール」という説明が一番しっくりきました。

まとめ:選ぶ楽しみがあるプルームエス

今回、新フレーバーの「メンソール・パープル」含めてレビューしてきましたが、ここまで増えてくると、

プルーム・エスだけでだいぶ楽しめるな。

アイコスさん

といった想いが出てきました。

加熱式たばこには、いまや様々なデバイスが登場しています。IQOS・Ploom・glo・Pulzeと発売されてきましたが、それぞれの中にも種類があります。例えば今回みたPloomシリーズでいえば、

  • PloomTECH(プルーム・テック)
  • PloomTECH +(プルーム・テック・プラス)
  • Ploom S(プルーム・エス)

といった具合です。

なので、それぞれ使い分けをしていたりするのですが、プルームエスだけでも選択の幅がでてきたので、「これだけ使う」という人も結構出てくるかもしれませんね。

ちなみに、プルームエスには既にカラーモデルが合計で8種類発売されており、本体カラーフレーバーも選べる種類が多くなってきています。

プルームエスには色々な種類が出てきた

プルームエスには色々な種類が出てきた

JTは、この「Ploomシリーズ」で、競合である「IQOS」に勝とうとしています。

その中でも今回見たプルームエスは、「高温加熱式タバコ」として真っ向から勝負するモデル。今後JTが力を入れていくことは間違いないので、引き続きフレーバーなどの種類は増えていくことでしょう。

今後もすぐにレビュー記事などお届けしていきますので、お楽しみに♪

「このフレーバー試してみた!」等あったらSNSやコメントでも是非感想を教えて下さいね!

アイコスさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です