【5周年記念】IQOS ILUMAをプレゼント

PULZE(パルズ)とmyblu(マイブルー)が販売終了

マイブルーとパルズが販売終了

こんにちわ、加熱式たばこブロガーのアイコスさんです。

新しい季節があれば、それすなわち別れの季節でもあります・・・。今日お伝えするのは悲しい知らせかもしれません。

加熱式たばこ「PULZE(パルズ)」と、VAPE「myblu(マイブルー)」が日本国内における販売を終了したことを発表しました。

やはり壮絶なシェア・価格争いには勝てなかったか・・!色々な想いが溢れてきますが、この2つのデバイスの販売終了について情報をまとめます。

PULZEが販売終了

パルズが販売終了

福岡で始まった第4の加熱式タバコ「パルズ」

「パルズ」は福岡の地域限定販売から始まった第4の加熱式タバコデバイスです。「欲しい」を形にした加熱式ということで、これまでのアイコスにはなかった二段階加熱モードや連続使用可能な特徴などで、一時期大きく話題を呼びました。

しかし、それも昔の話。

連続使用は「アイコス3マルチ」でも実装され、いまやごく自然の機能となっています。

「アイコス」シリーズと同じく、たばこに直接加熱ヒーターを刺して直接加熱するタイプのデバイスだったので、吸いごたえには満足できるものがあったのですが、専用たばこ「iD」の展開力の低さや、相次ぐ競合の価格低下施策、デバイスアップデートに追いつけている印象は正直ありませんでした。

その結果、2021年4月1日をもってして販売終了を公表した形となります。

驚きの連続だったデバイス

私ももちろん地域限定販売の頃から利用していました。初めて利用したときは、

ど、どうやって使うんだ・・?

アイコスさんアイコスさん

と、正直戸惑いを覚えたデバイスでもあったのですがw コンビニ展開もしっかりしている上に、実は加熱式タバコシリーズの中でも安価な価格設定(460円)となっていることもあってか、利用者はいる印象がありました。

【プチパニック】パルズ(PULZE)のレビュー動画を公開【アイコスと比較】 【プチパニック】パルズ(PULZE)のレビュー動画を公開【アイコスと比較】 パルズ(PULZE)をコンビニで2100円割引で買えた!定価が2880円に【価格変更】 パルズ(PULZE)をコンビニで2100円割引で買えた!定価が2880円に【価格変更】
2年程前、友人と飲み屋で飲んでいたときに、さっそうとパルズを出してきて「さっきアイコス壊れたから安い加熱式たばこ買おうと思ってコレ買っちゃったんだけど、悪くないわ」って利用していたのを忘れないでしょう。当時はアイコスが1万円したので、パルズの価格は非常に安価に感じました。

アイコスさんアイコスさん

また、公式PRの方より連絡を頂いたこともあったのですが、残念ですね。以下はパルズの公式発表コメントになります。何か問い合わせがある場合は、下記電話までかけると良いでしょう。

PULZE(パルズ)/iD(アイディー)販売終了のお知らせ
日頃よりPULZE/iD製品をご愛用くださり、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、このたびPULZE及びiD製品の国内販売を終了させていただくこととなりました。
お取扱店様の在庫分をもちまして、販売を順次終了いたします。
※店舗によっては販売を終了している場合がございます。

pulze.jp及び他の公式ネットショップでの販売終了については、詳細が決まり次第、お知らせいたします。
これまで多くの皆さまから賜りましたご愛顧に厚く御礼申し上げます。
販売終了により、ご不便やご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。
ご寛容を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

この件に関するお問い合わせ先

<PULZEカスタマーサービス>フリーダイヤル:0120-030-150(9:00〜18:00/土日祝日を除く)
Eメール: [email protected]
※購入後の製品に関するお問い合わせは、お手元に購入証明となるもの(レシート・納品書・購入履歴など)をご用意のほどお願い申し上げます。

インペリアル・ブランズ・ジャパン株式会社

mybluが販売終了

マイブルーが販売終了

CMでも放送されコンビニ展開が際立ったVAPE「マイブルー」

「マイブルー」は、2018年にコンビニ展開を果たした電子タバコ(VAPE)です。大手コンビニであるファミリーマートにて、大々的に展開を広げながら、更に窪塚洋介氏や元プロ野球選手の新庄氏、更には俳優の西島秀俊氏とタレントの有吉弘行氏などを起用したCMまで放送し、大きな話題を度々呼んだVAPEでもあります。

手軽さが最高だったVAPE

このマイブルーの良さは、なによりその手軽さにあったと思います。安定したバッテリー容量を持ちながら、フレーバーの交換はカチッと入れ替えるだけ。加熱式タバコと異なり吸うだけで吸えるので、手軽に満足感を得ることができるデバイスでした。

しかも、VAPEなのでタールはもちろんニコチンも含まれていません。だからこそコンビニ展開が早かった・・・のですが、まさかの販売終了。

初めて吸った時は「かなり良い!」と強く思った記憶があります。まさか販売終了とは思いませんでした。

アイコスさんアイコスさん

マイブルーを吸った評価と感想|コンビニで買えた「myblu」をレビュー マイブルーを吸った評価と感想|コンビニで買えた「myblu」をレビュー 10種類のマイブルー(myblu)の1番人気フレーバーは?Vapeショップで聞いてきた 10種類のマイブルー(myblu)の1番人気フレーバーは?Vapeショップで聞いてきた

ちなみに、VAPE Shopでも比較的店頭側においてある商品で、ここからの人気が伺える商品でした。「初めてのVAPE」としてもピッタリでしたよね。

インペリアルタバコ(インペリアルブランズ)ジャパンは、事実上日本撤退

「PULZE」も「myblu」が一緒に販売終了するとはどういうこと?

アイコスさんアイコスさん

と思う方もいるかもしれません。実はこの2つの商品、販売元(製造メーカー)は一緒なのです。

現在の社名は「インペリアル・ブランズ・ジャパン」という名前ですが、「インペリアル・タバコ」と聞けばピンの来る方もいるかもしれません。紙巻たばこである「West」「Davidoff」などのメーカーでもあります。

インペリアル・ブランズ・ジャパンのホームページにも大きく販売終了の旨が記載されています。

インペリアルタバコが日本事業撤退

かなりシビアな話ですが、元々インペリアルタバコジャパンの頃から「日本事業はいつでも撤退できるようにしている」というコメントも見ることができ、ついにきたか・・・というのが正直なところです。

インペリアルタバコは日本からいつでも撤退できるようにしていた?

インペリアルタバコは日本からいつでも撤退できるようにしていた?(社員クチコミサイトより)

熾烈な「たばこ市場」の行方は

今回、「パルズ」と「マイブルー」が、日本国内における販売を終了した旨をお伝えしました。

ここから想うのはなによりたばこ市場の厳しさです。

特に昨今は、喫煙率の著しい低下とともに、改正健康増進法による規制が強くなってきました。それ自体はいち消費者としてとても良いことだと思うのですが、紙巻きタバコの代替先として選ばれている機器の熾烈な企業争いは大変なことになっています。

元は8,000円した「glo」という加熱式タバコデバイスは、既にその最新モデルが480円という驚愕の価格設定になっていますし、元は4種類しかなかった「IQOS」のフレーバーは、既に20種類をゆうに超えています。

数年前までJTは紙巻きタバコ一本でしたが、加熱式タバコデバイス「Ploom」シリーズを既に3製品も市場に投入しています。

【2020年】アイコス・プルーム・グロー・パルズ徹底比較!加熱式たばこ人気ランキング 【2020年】アイコス・プルーム・グロー・パルズ徹底比較!加熱式たばこ人気ランキング

これまでの「たばこ市場」は、数年でこんなに目まぐるしく変わる業界ではありませんでした。

まさに変化の連続となっています。ここにしがみつき、生き残るためには、自身も止まることなく変化することが求められ、同時に圧倒的な資金力が必要になってきます。

まさに熾烈なたばこ市場となっているわけですが、今回の「パルズ」と「マイブルー」の撤退は、私達消費者・喫煙者にどのように変化をもたらすのでしょうか。ただただ選択肢が狭まっただけなのか、それとも新たな参入者を増やす枠を設けさせたのか。今後も変化が続く「たばこ市場」から目を離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です