女性におすすめの加熱式たばこランキングTOP3!アイコス・プルーム・グローを検証

先輩この記事では、女性目線で加熱式たばこを語って頂きました!

後輩 こんにちは、加熱式たばこ大好きなマルチです。アイコスさんの助手をしています。30歳のOLです。

「髪や服にたばこのにおいがつくのが気になる」という理由で、加熱式タバコを検討する女性愛煙家が急増しています。

しかし、加熱式タバコデバイスにはさまざまな種類があり、どれを選べばいいんだろう?と悩んでしまう方も少なくありません。そこで今回は「女性におすすめの加熱式たばこ」にスポットを当て、機種ごとの違いやランキングBEST3をお届けします!

アイコスさん

監修者

Twitter:@iqossan
2016年より運営している加熱式たばこメディア「アイコスさん」代表。IQOS歴は7年。gloとPloom歴は6年。加熱式たばこデバイス所持数は100台を超える。
JT本社に取材、IQOSストア銀座店のオープン初日に取材など、加熱式たばこをはじめとした「新型たばこ」の情報を、正しくわかりやすく伝えることを心がける。月間最高PV数は400万。

女性人気の高い加熱式たばこデバイスは3種類

2021年現在、全国展開で販売されている加熱式たばこは10機種以上ありますが、その中でも特に女性人気の高い機種は「IQOS」「Ploom」「glo」の3つです。

まずは、それぞれの機種の簡単な特徴を押さえておきましょう。

IQOS(アイコス)

アイコスイルマとアイコスイルマプライムの「オアシス」モデルの画像

IQOSは「マールボロ」などで知られるフィリップモリスジャパンから販売されている加熱式たばこです。

加熱ブレードが搭載されていないモデルである「アイコスイルマ」も発売され、更に人気が高まっています。

アイコスイルマとアイコスイルマ専用たばこスティックに搭載された先駆的なスマートコア・インダクション・システム®が、たばこの加熱方法を完全に刷新。

たばこスティック1本1本の内部にある革新的な金属製の誘熱体は、ステンレススチールでコーティングされ、たばこを芯から加熱し、他機種には出せない味わいとキック力を実現しています。

Ploom(プルーム)

日本では既に様々な種類の「Ploom」デバイスが販売されている。

Ploomは「メビウス」や「キャメル」を擁するJTから販売されている加熱式たばこです。

他デバイスと比べて圧倒的ににおいが少ない点が強みですが、それに比例して喫味が少し弱いところが難点。

現在Ploomでは、低温加熱式の「Ploom TECH」シリーズ3機種と、高温加熱式の「Ploom X」1機種が販売されています。

glo(グロー)

グローハイパーX2の新色を色比較

gloは「KENT」などで有名なブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンから発売されている加熱式たばこです。

たばこ葉を360度全方位から加熱することで、まるで紙巻きたばこのような深いコクを実感できるところが魅力。現在gloでは4種類の機種が販売されています。

女性が加熱式たばこを選ぶ時にチェックすべきポイント

ここからは、女性目線で加熱式たばこを選ぶときのチェックポイントをまとめたので、よければ参考にしてください。

ランニングコスト

加熱式たばこを選ぶ際は、本体価格だけでなくフレーバー価格にも目を向けて選ぶことをおすすめします。なぜなら、継続して発生するのはフレーバー代だからです。

フレーバー価格を単純比較すると、IQOSが530~580円、Ploomが500~600円、gloが450~570円となります。

においの少なさ

加熱式たばこには若干のにおいがあります。

自分が苦手なにおいを発する機種を選んでしまうと、せっかくの一服が楽しめなくなってしまうため、できるだけにおいの少ない機種を選びましょう。

知り合いに加熱式たばこユーザーがいる場合は、実際に吸ってもらいにおいを確認してみてもいいですね。

サイズ感

たばこをポーチに入れて持ち運ぶ女性も多いので、サイズ感も大切なポイントです。

特に「IQOS ILUMA ONE」や「PloomTECH」など細長い形状のデバイスは、小ぶりのポーチには入らない可能性があります。また、一緒に持ち歩く専用たばこフレーバーのサイズ感も見落としてはいけません。

3機種の中で一番小さな専用たばこはIQOSで、高さ48mm×幅73mm×奥行き14mmとコンパクトです。

女性におすすめの加熱式たばこランキングBEST3

それぞれの機種にメリット・デメリットがありますが、機種の特徴や選ぶ際のチェックポイントを踏まえて、女性におすすめの加熱式たばこランキングを発表します。

<1位> glo

グローハイパーX2の画像

吸いごたえとランニングコストのバランスがいいのがgloです。

しっかりしたロースト感が味わえるので、紙巻きたばこからの移行者も物足りなさを感じないでしょう。

また、精密機械が苦手な女性でも感覚で扱えるカンタンな操作性や、どこでも自立して狭いデスク上でも邪魔にならないところも魅力です。総合的な使いやすさを考え、今回はgloを1位に選びました。

グローハイパーX2の詳細はこちら

こんにちは、加熱式たばこブロガーのアイコスさん(@iqossan)ですBATジャパンの新型加熱式たばこデバイス「glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」を使い倒してみました!この記事では、初期リリース版[…]

グローハイパーX2の画像

<2位>Ploom

加熱式たばこ

「たばこは吸いたいけどにおいが気になる」という女性にはPloomが圧倒的におすすめです。

IQOS、gloともにかなりにおいは少なくなっていますが、やはりPloomには勝てません。またPloomTECHには「吸い終わり」という概念がなく、自由な吸い方を楽しめるところも特徴です。

たばこカプセル1つに紙巻きたばこ4本分近くの容量が含まれているため、2口だけ吸ったり、時間をかけてたっぷり吸ったりと状況に応じて喫煙時間を変えられます。ただし、吸いごたえが他の機種に比べると弱いことから、今回は2位という結果になりました。

一方、最新モデルプルームXは高温加熱式モデルで、しっかりとした吸いごたえが実現できています。ただし、値段は1,980円とグローハイパーシリーズより若干高い。

プルーム製品を比較

そろそろ「たばこ」を新しくしようかな。いまや「たばこ」には、「紙巻たばこ」の銘柄を変えるだけでなく、「加熱式たばこ」というデバイスを利用するという選択肢も生まれています。そしてその加熱式たばこにも様々な種類が・・・。新しくしようと思[…]

プルームエックスとプルームテックプラスウィズの比較記事

<3位>IQOS

アイコスイルマワン、アイコスイルマ、アイコスイルマプライムの違いを比較

「まずはシェア率が高い加熱式たばこを…」と考えるのなら、IQOS一択といえます。しっかりとタバコ感を味わうことができるほか、ユーザーが多いので使い方などを教えてもらいやすいところも強みですね。

また、IQOSはアクセサリーも充実しており、ケースやカスタマイズにもこだわりが出せるところも魅力。

しかし、本体価格がglo、Ploomに比べると格段に高いこと、3機種の中ではにおいが気になるという声が多いことから、今回は3位となりました。

最新モデルのアイコスイルマワンは持ち運びが簡単なタイプです。しかし、価格は3,980円と最も高いことには変わりありません。

アイコスイルマワンを評価

こんにちは!アイコスを使い続けて7年目のアイコスさん(@iqossan)です。新型IQOS「アイコスイルマワン」が発売されて早1年が経とうとしています。アイコスイルマワンは、売り切れになることもある大人気の加熱式たばこ「アイコスイル[…]

アイコスイルマワンを比較評価した感想

加熱式たばこを選ぶときに最も大切なこと

3つの加熱式たばこデバイスを紹介してきましたが、加熱式たばこを選ぶ際に最も大切なのは使い方やニーズを明確にし、自分に合った加熱式たばこを見つけることです。

この記事を参考に自分のニーズを今一度洗い出し、お気に入りの加熱式たばこを手に入れてくださいね。

執筆を終えて…

先輩今回執筆してどうでした?

後輩絶対紙巻きたばこより、健康リスクが低かったりニオイが少なかったりで、良いところが多いと思うので、私は絶対加熱式たばこ派なのですが、あらためて「女性としてのおすすめはなにか?」と考えたことはなかったので、面白かったです!

先輩たしかに、なんだかんだ喫煙率を見ても男性の方が加熱式たばこユーザーも多そうだもんね。今後も女性視点で色々な情報発信を期待しています!

後輩はい!アイコスさん読者の皆様もどうぞよろしくお願いいたしますー!

マルチちゃんのプロフィールはこちら