アイコス3とマルチを半年使ってみた!IQOS本体を種類毎にレビュー【動画で比較】

新型アイコスどっちがおすすめ?比較してみた

新型アイコスが発売されて半年!筆者は先行入手してから使い続けてきました。

全国コンビニ発売もした「IQOS 3」と「IQOS 3 MULTI」の良いところと悪いところが見えてきたので、この記事では2種類の新型アイコスの徹底比較をお届けしたいと思います。

こんな人にはこっちがおすすめという考え方をお伝えします。

アイコス全3種類を動画で比較!

この記事では、旧型である「IQOS 2.4 Plus」も引き合いに出しつつ、「IQOS 3」と「IQOS 3 Multi」の性能を比較しています。

実際に本体を持って解説した方がわかりやすい点などあったので、YouTubeにて解説動画を公開しています。

新型アイコス2種類とIQOS2.4プラスを、映像と音声で比較しつつ理解頂ければ幸いです。

アイコス3とアイコス3マルチどっちがいい?

左の白いのが「IQOS 3 MULTI」、右の金色の2つが「IQOS 3」

さて、新型アイコスが発売されました。新発売に合わせてアイコススマートセレクションというセット販売なども開始され、発売当初のアイコスストアには多くのユーザーが訪れて盛況!

多くの方で賑わうアイコスストア銀座

多くの方で賑わうアイコスストア銀座

発売から数カ月経過し、「そろそろ新型アイコス欲しいなー」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな時に思い悩むことがあります。

新型アイコスは「IQOS 3」と「IQOS 3 MULTI」と、どちらが良いの?

という気持ちです。

新型アイコス発表時もまさかの2種類!と話題になりましたが、どちらもなんだかんだで値段は張ります。そりゃどちらも買いたいけどどちらかだけで良い・・と思うのが心情ですよね。

そこで、この記事では販売以前から新型アイコスを使い続けた上で、どちらの新型アイコスが良いのか参考にするためそれぞれ特徴やメリットデメリットなどを上げていきたいと思います。

スペックを比較する

まずは、数字でもわかるスペックの比較を一覧して見てみましょう。

アイコス3アイコス3マルチ
分離型一体型
サイズ(mm)ポケットチャージャー

高さ:114.7
横幅:46.3
奥行:22.3
ホルダー

高さ:92.3
奥行:14.4
高さ:119.3
横幅:25.4
奥行:15.1
重さ103g22g50g
標準カラー4色4色
連続使用
連続使用本数20本10本
フル充電時間120分75分
本体価格10,980円8,980円
専用アクセサリキャップ・ドアカバー・etcキャップ・充電器・etc

スペック一覧表で見ると、IQOS3とIQOS3マルチで、いくつか違いがあることが見えてきます。

サイズはもちろん異なりますし、連続使用ができるかできないかも大きな違いですね。

また、値段も2,000円差があり、1万円を超えるか否かは重大なポイントかもしれません。

ここからは実機を見ながら、例えば以下の重要なポイントを感想含めて比較していきます。

  1. 値段
  2. 使い勝手
  3. デザイン・大きさ・色
  4. アクセサリ

3種類のアイコスの値段を比較

まず、どちらかを買おう!と思った時に気になるのは価格です。なんだかんだ大きい。決して安い買い物ではないですもんね。

先に参考価格ですが、いわゆる旧型「IQOS 2.4 Plus」の価格は、7,980円です。

なんだかんだ"名機"であるIQOS 2.4 Plus

アイコスストアに展示されているIQOS 2.4 Plus

色は白とネイビーが通常カラーとなっていますが、どちらも7,980円が定価となっています。これとそれぞれの価格を比較してみましょう。

IQOS 3の価格

新型アイコス「IQOS 3」がずらり

アイコス3の価格は、10,980円です。

なので、旧型アイコスよりも3,000円高い価格設定となっています。アイコス2,4プラスでまだいいや・・と思うかどうかはこの3000円高い価格と使い勝手などを比較した上で検討する形になりそうですね。

IQOS 3 MULTIの価格

アイコス3マルチがIQOSストア銀座で売られている様子

アイコス3マルチの価格は、8,980円です。

なので、旧型アイコスよりも1,000円高い価格設定であり、アイコス3よりも2,000円安い価格設定となっています。

この2000円が大きいとなるかどうかはアナタ次第!

ここまでの価格をまとめると以下の通り。

デバイス定価価格
IQOS 310,980円
IQOS 3 MULTI8,980円
IQOS 2.4 Plus7,980円

アイコス3が1万円の大台を超えているのが気になるところ!どんな良い特徴があるんでしょう?

これら価格を前提に、それぞれの使い勝手など解説します。

それぞれの特徴・使い方

値段の次に、新型アイコスそれぞれの使い勝手を見ていきましょう。

IQOS 3の特徴

はじめにアイコス3です。

アイコスストアのブルーアイコス3の画像

アイコスストアのブルーアイコス3の画像

アイコス3は分離型の加熱式タバコです。アイコス2.4プラスを利用している方なら簡単に利用することができます。

アイコス2.4プラスとの違いは色々ありますが、まずなによりポケットチャージャーのホルダー入れがスライド式になったことが大きいです。

ゴールドアイコス3を持つ

アイコス3のポケットチャージャーは斜めのスライド式

ゴールドアイコス3のフタを開ける!

ゴールドアイコス3のフタを開ける!斜めに入っている

このような構造にすることで、これまでのアイコスでよく起こっていた「フタが閉まらない故障」がなくなりました。本当にこの故障はよく起こっていたのですが、アイコス3にすることで全くなくなります。

このホルダー格納構造もアップグレードされており、これまでは向きを確かめてから入れないと故障の原因となっていました。でもアイコス3はどの向きから入れても大丈夫。とっかかりもないのでスルッとストレスなく入れることができます。

アイコス3のホルダーは

アイコス3のホルダーは

傾けるだけでスルッと入るくらいとっかかりがない

簡単に入れられる。傾けるだけでスルッと入るくらいとっかかりがない

また、スライド式といえど充電の底にマグネットが付いており、アイコスホルダーが簡単に落ちなくなっている親切設計となっています。

アイコス3を下に向けたまま...

アイコス3を下に向けたまま…

フタを開いてもホルダーが落ちない!

フタを開いてもホルダーが落ちない!

この新設計を採用した上で、すべての素材が見直されており、衝撃試験を何度も重ねて堅牢性を高めているそうです。

総じて、アイコス2.4プラスより断然故障率が減りそう。

IQOS 3の使い方

使い方は基本的にこれまでのアイコスと同様で、

  1. ポケットチャージャーからホルダーを取り出す
  2. ホルダーに専用タバコを挿し込む
  3. 加熱する
  4. 吸い終わったらキャップを外してタバコを取る
  5. ポケットチャージャーに戻す
  6. 充電を待つ

という流れ。(アイコス3の使い方参照)

アイコス3の加熱ボタンを長押し

アイコス3の加熱ボタンを長押し

点滅が終わり点灯したら吸える合図!

ランプの点滅が終わり点灯したら吸える合図!

ホルダーのキャップを取り外す

吸い終わったらホルダーのキャップを取り外してから、専用タバコを取り出す

使い勝手はこれまでのIQOS 2.4 Plusと同様なので、これまでアイコス2.4プラスを使っていた人にとっては、純粋にアップグレードされた新型のアイコス!と感じるはずです。

より細かい「IQOS 3」のレビューは下記記事にまとめています。

新型アイコス「IQOS 3」をレビュー|2ヶ月使った感想と詳細スペック 新型アイコス「IQOS 3」をレビュー|2ヶ月使った感想と詳細スペック

IQOS 3 MULTIの特徴

続いてマルチの特徴です。

パカっとアイコス3マルチの箱を開封

アイコス3マルチ|開封直後

アイコス3マルチは一体型の加熱式タバコです。アイコス2.4プラスとは根本が異なります。これまでのアイコスはポケットチャージャーとホルダーが別れていましたが、マルチはそれが一体型となりました。

一体型だと何が起こるのか、、連続吸いが可能になります。

連続利用はアイコスにずっとない機能でした。競合の加熱式タバコ「glo(グロー)」はそれを補うところに良さがあったんですが、まさかのアイコスも連続利用が可能となり、「本当はアイコスを使いたかった」という方から人気が出ています。

また、連続吸いが可能になったことに合わせて、色々な工夫がされています。例えば、キャップが開けやすい。

アイコス3マルチのキャップ部分

アイコス3マルチのキャップ部分

親指でクイッとやるだけでキャップが取れる

親指でクイッとやるだけでキャップが取れる

マルチの利用を続けていましたが、この簡単さがけっこうボディブローのように「気軽さ」を感じさせてくれました。

IQOS 3 MULTIの使い方

使い方これまでのアイコスと若干異なります。アイコス3と比べると、斜線の部分が不要なアクションになります。

  1. ポケットチャージャーからホルダーを取り出す
  2. ホルダーに専用タバコを挿し込む
  3. 加熱する
  4. 吸い終わったらキャップを外してタバコを取る
  5. ポケットチャージャーに戻す
  6. 充電を待つ

連続で吸えるので、通常アイコスのように色々なアクションの必要がなく利用が可能になっています。(アイコス3マルチの使い方参照)

加熱ボタンを長押し!

ヒートスティックを挿して加熱ボタンを長押し。加熱を待って吸う。

吸い終わりました。ランプが消灯しています。

吸い終わったらランプが消灯

ヒートスティックを取り出すためにキャップを取り外します

キャップを片手でキュッと取り外し。簡単である。

使い勝手はこれまでのIQOS 2.4 Plusとはまるで異なります。なので、旧型アイコスを利用されている方にとっては、全く新しいタバコデバイスを購入するという気概を持って臨むと良さそう。

より詳しいマルチのレビューは下記記事にまとめています。

アイコス3マルチを1週間使った感想|新型連続吸いIQOSを互換機とも比較 アイコス3マルチを1週間使った感想|新型連続吸いIQOSを互換機とも比較

クリーニング方法

アイコス3もアイコス3マルチも、どちらも定期的なクリーニングが必須です。掃除を適切に行わないと、味わいが落ちたり、さいあく健康被害が高まったり、色々な問題が起こります。

ただし、正しいクリーニング方法で掃除をしないと、加熱ブレードが折れてしまうという故障が多発しているようです。クリーニングツールと綿棒の利用方法は以下の記事にまとめていますので、購入時には必ずご覧下さい。

【動画】アイコス3・マルチの掃除方法|正しいクリーニングでブレード折れ故障も予防【解説】 【動画】アイコス3・マルチの掃除方法|正しいクリーニングでブレード折れ故障も予防【解説】

デザイン・大きさ・色

新型アイコスそれぞれの特徴を見てきました。他にも、デザイン性や持ち運ぶために大きさなども気になりますよね。

新型アイコスを並べるとこのような違いがあります。

左がアイコス3マルチ、右がアイコス3

左がアイコス3マルチ、右がアイコス3

アイコス3マルチの方が長細く、アイコス3はこれまでのような楕円形のデザインとなっています。

大きさはどうかというと、アイコス2.4プラスと比較して若干IQOS3の方がコンパクトになっている。

新型アイコス3と旧型アイコス2.4Plusを比較

新型アイコス3と旧型アイコス2.4Plusを比較

このコンパクト化はかなり良いものでした。

薄型の曲線デザインなのでポケットや小さなバッグにもすっぽり入れることができます。胸ポケットやズボンの後ろポケットにもすっと入るような大きさなので、この細かい改善はとてもグッド。

一方マルチですが、高さだけでいえばアイコス3より大きいです。アイコス3のホルダーを出して比べるとこのような比較になります。

左の白いのが「IQOS 3 MULTI」、右の金色の2つが「IQOS 3」

左の白いのが「IQOS 3 MULTI」、右の金色の2つが「IQOS 3」

こうやってみると大きいの?…と思うかもしれませんが、マルチはマルチですごい携帯性があります。

なんとマルチの重さは50gだそうです。卵1個が60g程度なのでそれより軽い。

持ってみると確かに軽いです。ポケットチャージャーとホルダーがセットになってこの重さ・・と考えるとやはり連続吸いモデルということで軽さはかなり意識したのでしょう。

アイコス3マルチを持つ

実に軽いアイコス3マルチ

色は双方とも4種類ずつ

カラーはアイコス3もマルチも同色カラーで4種類ずつの展開となっています。

新型アイコス3の色画像一覧

新型アイコス3の色画像一覧

新型アイコス3マルチの人気色画像一覧

新型アイコス3マルチの人気色画像一覧

こちらについてはそれぞれ見ると大変なので、アイコス3とマルチについての色特集は別記事にまとめています。この色はどんな感じかなーとか人気のカラーを見たい時は是非ご覧下さい。

新型アイコス「IQOS3・マルチ」全4色の人気カラーは?画像一覧でゴールド・ブルー・白・黒を確認 新型アイコス「IQOS3・マルチ」全4色の人気カラーは?画像一覧でゴールド・ブルー・白・黒を確認

アクセサリーも色々

新型アイコス、「IQOS3」も「IQOS3MULTI」はどちらも豊富なアクセサリーが準備されています。

特に、装飾アクセサリーの種類数は初回から異常です。

アイコス3のアクセサリー

アイコス3のアクセサリー

アイコス3マルチのアクセサリー

アイコス3マルチのアクセサリー

このアクセサリー種類数の多さはフィリップモリス社長も強調しており、売りの1つですね。

実際新型アイコスが発売されたアイコスストアを見に行きましたが、本当に豊富。買いに来たお客さんも迷っていたのが印象的でした。

この色が欲しい!と思ってもないことがあるので注意

本当に豊富だった新型アイコスアクセサリー

またキャップなどの装飾アクセサリーの他に、ケースなどのアクセサリーもどちらも準備されています。このラインナップは既存のアイコスと同様ですね。

ただ、アイコス3マルチだけにある正規アクセサリーがあります。それは、ポケットチャージャー。

アイコス3マルチとポケットチャージャー

アイコス3マルチとポケットチャージャー

アイコス3マルチは、連続吸いできる分電池の持ちはアイコス3に劣ります。その補填としてのポケットチャージャーなのでしょう。この相棒がいればかなりマルチライフは捗りそうです。

【2020年】IQOSケース人気おすすめランキング25選|新型アイコス3デュオ対応 【2020年】IQOSケース人気おすすめランキング25選|新型アイコス3デュオ対応

「IQOS 3」の良さ・こんな人におすすめ

机の上のアイコス3の画像

ここまでアイコス3とアイコス3マルチの特徴などを見てきました。ここで改めてアイコス3の良さをまとめます。

アイコス3の良さはなんてったって、アイコス2.4プラスが大幅改善されたところ!

故障しにくい構造になったり、コンパクトさが加わったり、なによりデザイン性が増してかなりスタイリッシュな印象になりました。

コンパクトさについてなんですが、ちゃんと比べると”細くなった!”と強く思います。

アイコス3はこんな人におすすめ

これまでのアイコスに慣れていて、連続吸いなど必要ないという方にはアイコス3がおすすめです。

個人的な想いが多分に入りますが、私はどうしても連続吸いしたい!という質ではないので、アイコス3の方が好みです。

この綺麗な高級感ただよう完成されたフォルム・・スッと取り出せるホルダー・・斜めになったホルダーキャップ・・これまでのアイコスが好き!という人ならアイコス3がやっぱりおすすめです。

「IQOS 3 Multi」の良さ・こんな人におすすめ

机の上のアイコス3マルチの画像

続いてアイコス3マルチの良さをまとめます。

アイコス3マルチの良さはなんてったって、連続吸いが可能なところ!

これまでのアイコスとは、もうほとんど違うものと思って良いでしょう。長く細いスタイルはよりこれまでの紙巻きタバコに近いスタイルになったと感じます。

使うとわかるのですが、カチッカチッとキャップの取り外しが片手で可能で、勝手に閉まります。これがガラケー時代のパカパカに似ていてなんとなく癖になるw 機能性はよく考えられた設計になっていますよね。

アイコス3マルチはこんな人におすすめ

これまでのアイコスとは違うものと思って良いでしょう。連続吸いできると嬉しい!という方にはアイコス3マルチがおすすめです。

と、アイコスにもっと気軽さが欲しいという人にマルチはおすすめです。片手操作がずっと使っていると本当に効いてきます。気持ちとしてはグローやプルームテックに近い。プルームテックはそのまま吸えますが、そこに簡単なヒートスティックの抜き挿し操作を加えたらアイコスマルチ…そんな感じでしょうか。

いずれにせよ、気軽に何本も吸える設計になっています。コンパクトではありますが、実はヘビースモーカーにこそマルチがおすすめなのかもしれません。

新型アイコス、あなたはどっち?

「IQOS 3」も「IQOS 3 MULTI」も、見てきたとおりそれぞれ良いところがあります。この選択は一概にどっちがおすすめ!というより、選択する人の嗜好によっておすすめ度は変わってくるかと思います。

ちなみに、、贅沢なあなたにはセット販売という手もあります。割引価格でアイコス3もマルチもどちらも買えちゃう「アイコススマートセレクション」というセット購入。詳細な下記記事にまとめていますので是非ご確認下さい。

IQOS3とアイコス3マルチの値段|新型セット購入が5980円割引でお得 IQOS3とアイコス3マルチの値段|新型セット購入が5980円割引でお得

また、通販販売もやっと増えてきました。まだAmazonなどの外部通販は高い・・かもしれませんが、各通販サイトの値段はこちらから確認することができます。

新型アイコスはの在庫は発売当初かなり枯渇しており、なかなか入手が困難だったのですが、発売から3ヶ月も経ち(タイトルが「3」ばかりになってきた・・)2019年に入り新春セールも行ったりコンビニ全国発売したり、色限定ではありますが在庫が豊富になってきている感があります。

アイコスの健康的な懸念

加熱式タバコ全体の話題になりますが、2019年より受動喫煙防止条例も開始され、喫煙者の加熱式タバコへの移行がより進みそうです。

ただし、アイコス含めた加熱式タバコも、タバコはタバコです。必ずそこにはリスクが内包されています。アイコスについてのリスクは以下の記事にしっかりまとめていますので、必ず確認してから利用を行うようにしましょう。

「アイコス」のリスクとは|使うからこそ知るべき加熱式タバコの危険性 「アイコス」のリスクとは|使うからこそ知るべき加熱式タバコの危険性

アイコスを動画で知ろう!

「アイコスさん」では文字と画像だけでなく、動画でもアイコス・プルームテック・グローの情報をお伝え中!YouTubeだけの限定情報もお届けしています。是非チャンネル登録して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×