新型アイコス「イルマ」と「イルマプライム」が正式発表!ブレードなしで直接加熱するモデルへ

アイコスイルマが発表

アイコスイルマがIQOSホームページにて正式発表されました。

最新モデル「IQOS イルマ」は新技術スマートコア・インダクション・システム™で、加熱式たばこの魅力を新次元へと切り拓きます。ブレードをなくし、耐久性がさらに向上。使用後の面倒なクリーニングも不要になりました。

2種類の新型アイコス

ワンランク上のこだわりを追求した、IQOS最上位モデル「IQOS イルマ プライム」と、最新技術を搭載した、IQOS定番モデルの進化版「IQOS イルマ」から選ぶことができます。

2種類のアイコスイルマ

2種類の新型アイコスのスペック

IQOS イルマ プライムIQOS イルマ
モデルフラグシップモデルスタンダードモデル
価格12,980円8,980円
カラー4種類5種類
スマートコア・インダクション・システム搭載搭載
ブレードなしなし
連続使用2回2回
充電サイクル20回ごと20回ごと
本体充電時間135分135分
ポケットチャージャーサイズ高さ:117.2mm
幅:44.7mm
奥行:22.2mm
重さ:141g
高さ:121.5mm
幅:47mm
奥行:23.4mm
重さ:116.5g
ホルダーサイズ高さ:101mm
幅:直径14.5mm
重さ:30.5g
高さ:92.27mm
幅:14.42mm
重さ:22g
充電規格USB Type-CUSB Type-C

「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」、より詳細な違いは以下の記事を参照してください。

【IQOS】アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較解説 【IQOS】アイコスイルマとアイコスイルマプライムの違いを比較解説

IQOSイルマで進化した3つのポイント

新型「アイコスイルマ」シリーズには大きく3つの特徴があり、それぞれが従来のアイコスよりも進化した点となっています。

①ブレードなしで直接加熱

アイコスイルマはブレードなし

これまでのアイコスには搭載されていた「加熱ブレード」というものが、革新的なスマートコア・インダクション・システム™によりなくなりました。

それでも「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」は、たばこ葉を内側から加熱します。

②かつてない信頼感と堅牢性

アイコスイルマは故障しにくい

ブレードがなくなるということは、つまり故障の確率が減るということです。これまでのアイコスでは加熱ブレード折れという現象が頻繁に起こっていました。イルマでは、ブレード破損の心配もなく、使用後のクリーニングも不要になりました。

③進化した使い心地

アイコスイルマは簡単に使える

2本連続使用が可能。また自動的に加熱を開始するオートスタート機能も備わっています。イルマならではの使用感を楽しむことができます。

価格は12,980円と8,980円

IQOS ILUMA PRIMEの価格

12,980円

iluma-primeの価格

「アイコスイルマプライム」は、フィリップモリス、JT、BAT、全ての加熱式たばこの中で最も高い価格設定となっています。「グローハイパープラス」と比べると実に10倍近い価格差が存在しています。

IQOS ILUMAの価格

8,980円

イルマは8980円

「アイコスイルマ」は「プライム」よりは安いのですが、「アイコス3デュオ」の6,980円よりは高い価格設定となっています。

それぞれの価格と、「グローハイパー」や「プルームエックス」など他の加熱式たばこデバイスとの価格一覧記事を作成しました。購入の際は後悔のないように確認しておきましょう。

【2022年版】アイコス価格一覧|イルマプライムはグローハイパーの10倍値段が高い 【2022年版】アイコス価格一覧|イルマプライムはグローハイパーの10倍値段が高い

発売日は9月2日、予約販売開始

「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」の発売日は2021年9月2日ですが、既に予約販売が開始しています。

公式ホームページがアクセス急増のためダウンしていたりでうまく買えない状態が続いていますが、なんとか私も購入することができました!

以下の記事では、たとえホームページにアクセスできなくても、、予約購入する方法をまとめています。IQOS公式回答では、売り切れになる場合もあるそうなので、欲しい方は注意しましょう。

新型IQOS「アイコスイルマ」購入方法|発売日と公式通販割引クーポン情報 新型IQOS「アイコスイルマ」購入方法|発売日と公式通販割引クーポン情報

イルマ専用たばこスティック

アイコスイルマの専用たばこスティックは「TEREA(テリア)」です。

アイコステリアの画像

IQOS イルマ専用で誕生したテリアが、かつてないたばこ体験を生み出します。

新搭載されたスマートコア・インダクション・システム™により、たばこを芯から加熱。よりしっかりとした吸いごたえと、ふくよかなたばこベイパー(蒸気)、満足感の高い味わいを楽しめます。

また、2020年11月から2021年3月まで、過去に紙巻たばこを吸ったことのある合計714人のIQOSユーザーを対象にイタリアと日本で実施された調査では、IQOS イルマの方が従来のIQOSよりもにおいが少ないと感じています。

アイコステリアを吸ってみる

テリアはIQOSイルマ専用

IQOS ILUMA™は、スマートコアスティック™でのみ使用するように設計されています。

IQOS ILUMA™とスマートコアスティック™を従来のIQOSデバイス(IQOS 3 DUO及びそれ以前のモデル)やそれらの専用たばこスティックと一緒に使用できません。これにより、デバイスが損傷する可能性があります。

テリアはイルマだけ

テリアのフレーバーは11種類

テリアのフレーバー

テリアには、レギュラーやメンソールなど、味わい豊かなフレーバーが11種類ラインナップされています。

テリアのスティックの中には金属が入っている

また、テリアのスティックの中には金属が入っています。その金属のおかげで、ブレードがなくても内側加熱することを可能にしています。

新型「IQOS ILUMA」の専用たばこスティック「テリア」の中には金属が入っている 新型「IQOS ILUMA」の専用たばこスティック「テリア」の中には金属が入っている

順次情報をまとめていきます。更新はTwitter(@iqossan)でも随時お知らせします。