プルームテックプラスを1ヶ月使った感想|プルームテックとの違いと良い点悪い点

プルームテックプラスを使い続けた感想

プルームテックプラスを発売日前に先行入手して、早1ヶ月が経とうとしています。プルームテックプラス、使い続けることで、「プラスならでは」の良いところと悪いところが見えてきました。

この記事では、プルームテックプラスを1ヶ月間使い続けた感想をまとめました。「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」は何が違って、何が良いのか。見ていきましょう。

プルームテックプラスを1ヶ月使ってみた感想

プルームSと同時発売したプルームテックプラス。まだ全国展開前ですが、気になっている方も多いと思います。

結論から言うと、プルーム・テック・プラス、かなり良いです。

「低温加熱式タバコ」という点では、「プルームテック」と「プルームテックプラス」は、同様のカテゴリになります。

ただ、1ヶ月使ってみて思ったのは

先輩この2機種、似てるけど…違うぞ!?

ということでした。

何が違うのか。まず、「機体」として様々な点が両機では異なります。例えば、

  • 構造
  • 使い方
  • 吸いごたえ

とかは、もう見た目から違いますよね。

愛用の白プルームテック(上)と、黒プルームテックプラス(下)

愛用の白プルームテック(上)と、黒プルームテックプラス(下)

そしてこの記事で特に注目するのは、こういった変化は、更に相乗効果というか、相乗変化を起こしているという点です。例えば、

  • 利用シーン
  • 気軽さ
  • 加熱式タバコならではの「わかりづらさ」

は、明らかに「プルームテック」と「プルームテックプラス」で異なっていると思います。

プルームテックプラスを一ヶ月使った上での、真の比較を以下にまとめていきます。

「プルームテック」と「プルームテックプラス」はここが違う

スペックで比較する

まず、「プルームテック」と「プルームテックプラス」のスペックを比較してみましょう。

デバイス スペック Ploom TECH Ploom TECH+
フル充電時の使用可能パフ数
(カプセル本数)
約250パフ
(カプセル5本)
約250パフ
(カプセル5本)
1カプセルあたりパフ数 約50パフ
(最大120秒=2.4秒/1パフ×50パフ)
約50パフ
(最大120秒=2.4秒/1パフ×50パフ)
加熱温度 30℃ 40℃
ボタン 無し
(吸引による電源オン)
有り電源オン・オフ、カプセル交換通知解除
(吸引中のボタン操作は不要)
カプセル交換通知 LED青40回点滅
(点滅終了後、使用可能)
LED青・紫40回点滅
(点滅中に3秒間ボタン押下で使用可能)
バッテリー残量通知 青→赤(0%) 青 (>21%) 紫 (20-1%) 赤 (0%)
充電時間(フル充電) 約90分 約90分
充電方式 専用USBチャージャー マイクロUSBケーブル
価格 3,000円 4,980円
たばこ種類(発売時) 8種類 4種類

利用パフ数や充電時間は同様なものの、加熱温度やボタンの有り無しなど異なっています。

これらのスペックの違いは、利用してみて変化を強く感じる点と感じない点がありました。

以下使ってみた上での感想で比較してみます。

使ってみた感想で比較する

①:味わいが違う

まず、味わいが違います。しっかり比べちゃうと「全然違う」という領域にまで達する勢いです。

「プルームテックプラス」を吸った後に「プルームテック」を吸うと、

先輩薄っすい!

ってなります。そのくらい、プルームテックプラスの味わいは強くなっています。

プルームテックプラスは、+10℃分、発生する水蒸気(ベイパー)量が多くなっています。

タバコの吸いごたえは煙と濃さで変わってくるというのは喫煙者にとっては馴染み深いと思いますが、プルームテックプラスは、それが愚直に高まっています。

プルームテックとプルームテック専用たばこカプセル

プルームテックとプルームテック専用たばこカプセル

プルームテックプラスとプルームテックプラス専用たばこカプセル

プルームテックプラスとプルームテックプラス専用たばこカプセル

「プルームテック」と「プルームテックプラス」は、どちらも専用タバコが”カプセル”タイプです。でも、味わいが大きく異なっているんですよね。

その違いがあまりに気になって、カプセルを分解して検証もしてみました。

たばこカプセル。左がプルームテック、右がプルームテックプラス専用のもの

たばこカプセル。左がプルームテック、右がプルームテックプラス専用のもの

箱も少し異なっている。プラスには「プルーム・テック・プラス専用」と記載がありますね

箱も少し異なっている。プラスには「プルーム・テック・プラス専用」と記載がありますね

このカプセルを…切って見ました。

カプセルを解剖!中には粉末状のたばこ葉が入っている

カプセルを解剖!中には粉末状のたばこ葉が入っている

こちらがプルームテックプラスのたばこカプセル解剖の図

こちらがプルームテックプラスのたばこカプセル解剖の図

こちらがプルームテックのたばこカプセル解剖の図

こちらがプルームテックのたばこカプセル解剖の図 – あまり量に違いはない?

結果としてわかったのは、たばこカプセル内のたばこ葉量はほぼ同様。もしくはプラスの方が若干多いかな?という程度の違いしかありませんでした。

つまり、「プルームテックプラス」の吸いごたえの秘密は、+10℃にあるのは間違いがなく、そして

  • たばこカプセル葉量
  • カートリッジの内容

全てが最適に調整されることで、この強い吸いごたえを実現しているということがわかりました。

②:利用方法が異なるので”利用シーン”が違う

私はけっこうデスクワークを行うのですが、この観点でいうと「プルームテック」の方が良いです。

なぜなら、プルームテックプラスの方が場所を取るから。

プルームテックはスタンドに挿して置いておけますが、プルームテックプラスは、”転がらない”アクセサリーを付けてもやっぱり場所を取ることに違いはないからです。

プルームテックはスタンドに挿してスマートに机に置ける

プルームテックはスタンドに挿してスマートに机に置ける

プルームテックプラスは...ちょっと邪魔...。

プルームテックプラスは…ちょっとかさばる…。

机に向かって座っている時は、プルームテックの方が良いなぁと思うことがあります。そうなってくると、自ずと利用シーンが異なってきました。

デスクにいる時はさらっとプルームテックで、外ではプラス…そんな使い方が定着しそうです。

③:電源ボタンの有無から”気軽さ”が違う

ただし、プラスを使い続けて思ったのは「プルームテックプラス独自の気軽さがある」ということです。

それは、”電源ボタン”に隠されていました。

プルームテックプラスのボタンを3回カチカチカチッと押せば、電源が入り、長押しでオフになる。

この仕組みが、逆に気軽さを創出させています。

プルームテックプラスを外の喫煙所で吸ってみる

プルームテックプラスを外の喫煙所で吸ってみる

例えば、喫煙所でちょっと吸ってすぐに立ち去るとかが、プルームテックより気軽になった気がします。

本当はプルームテックの方が電源ボタンを押すことなく利用できて気軽…なんですが、なぜだかボタンを明示的に押すという行為が「始まり」と「終わり」を自分の中の認識として捉えることが出来るんです。

この仕組みが、「プルームテックプラスの方が気軽に使える」と思わせる場面がたまにありました。

プルームテックプラスの良いところ

プルームテックプラスを一ヶ月使った上で、見えてきた良いところをまとめます。

「クリーンな強さ」に大満足

まず第一は、その”吸いごたえ”です。プルームテックプラスはまさにクリーンに強い味わいに仕上がっています。

「強いタバコ」

と聞くと、煙っぽいとか、喉がやられるとか、そういう強さをイメージしませんか?

プルームテックプラスの「強い」はそういった害のある強さを感じることがありません。「クリーンに強い」という説明がぴっったりくると思います。

プルームテックのニオイや有害性の少なさをそのままに、強い味わいになったのが「プルームテックプラス」なので、その絶妙な味わいは本当に大満足です。

プルームテックプラス全4種類のカプセルを味比較!フレーバーを一覧にしました プルームテックプラス全4種類のカプセルを味比較!フレーバーを一覧にしました

ボタンがやっぱり便利

プルームテックプラスの「電源ボタン」がやっぱりなんだかんだいって便利でした。

というか、加熱式タバコにボタンはやっぱり必須なのか…と思ったほどです。かゆいところに手が届く感が強い。

ボタン押下でできる動作は大きく3つあります。

  • 電源を入れる
  • 状態を確認する
  • 電源を切る

それぞれ便利ですが、例えば、今「電池はどれだけ残っているか?」は、ボタンを押せば一発でわかります。

ボタンを押すことで操作と確認ができる

ボタンを押すことで操作と確認ができる

「プルームテック」はその点、吸わないと電池残量を確認することが出来ません。

プルームテックは吸わないと電池の残量を確認できない

プルームテックは吸わないと電池の残量を確認できない

また、電源オンオフもやはりボタンで操作した方が直感的でわかりやすいです。

…ただ、慣れないと少し操作がややこしいところがあります。それについては後述する「悪いところ」にて紹介します。

カートリッジの残量がわかるのが画期的

先輩むしろなぜ今まで確認できなかったんだ。

と思うほどに便利なのが、カートリッジ残量を目視で確認できるようになったことです。

これまでプルームテックは、カートリッジ残量は謎に包まれていました。

真ん中がプルームテックの「カートリッジ」中身はどうなってるかわからない

真ん中がプルームテックの「カートリッジ」中身はどうなってるかわからない

この筒状のものの中に、リキッドが入っている…はずなんですが、どれだけ入っているか、もはや本当に入っているかすらわかりません。

少し話はそれますが、「電子タバコ」は自分でリキッドを補充する必要があるのでわかりやすい、というよりわからないと補充も出来ないので、絶対残量の確認はできるものでした。

カプセル余る問題が解決!?プルームテック互換機にもなる電子タバコ「vPen」をレビュー カプセル余る問題が解決!?プルームテック互換機にもなる電子タバコ「vPen」をレビュー

しかし、プルームテックは操作を簡易的にするために、ここを隠していたのです。

一方、プルームテックプラスは、カートリッジが透明になっていてリキッドの残量が一目瞭然にわかります。

真ん中がプルームテックプラスの「カートリッジ」。透明なので中身がまるわかり

真ん中がプルームテックプラスの「カートリッジ」。透明なので中身がまるわかり

吸っていてもカートリッジ残量がわかって便利!

吸っていてもカートリッジ残量がわかって便利!

その分、見た目が少しガジェット感が出ているのですが、それもまた一興…。非常に便利になりました。

プルームテックプラスの悪いところ

良いところあれば、悪いところも見えてきちゃいました…。ここからはプルームテックプラスを一ヶ月使った上でのbadポイントを挙げていきます。

カプセルを買うのがめんどくさい!

なんといってもまずはコレ。プルームテックプラスの専用たばこカプセルを補充するのが面倒です。

プルームテックプラスは、現在コンビニでの取り扱いがないので、専用タバコを購入するにはインターネット通販でわざわざ買わなければいけません。

この問題は、全国展開が進むことで段階的に解決します。。。が、それまではやっぱり面倒!はやく全国展開して欲しいですね。

「プルームテックプラス」と「プルームS」コンビニ発売日決定|都道府県毎に段階拡大 「プルームテックプラス」と「プルームS」コンビニ発売日決定|都道府県毎に段階拡大

電源オンオフがわかりづらい

プルームテックプラスの「電源ボタン」は、確かに便利です。ただ、たまに

先輩これ、どういうこと…。

みたいな状態になることがあります。はっきり言って、けっこうあります。使ってたら絶対誰でも経験すると思います。

まず、電源オンの動作が「ボタンを三回押す」なんですが、本当に押せてるのかわからない。

今、これはどういう状態なのか。がわかりづらい

今、これはどういう状態なのか。がわかりづらい

なんとなく経験的に、ボタンを二回連続で押すのはわかるんです。でも三回押すという行為が、これちゃんとできてるの?と初めはやっぱり思いました。

また、逆に電源を落とす時の動作が「ボタンを長押し」なんですが、思ったより長押しが必要で、「え、この感じで本当に電源落ちてるの?」と、よくなります。

電源落ちてるのに、吸って確認したことが何度があります!(絶対プルームテックの名残…)

というか、電源落とすのが長押しなら、電源つけるのも長押しにしてくれ。もしくはどちらも3回押しにしてくれ!

特に、アイコスやグローの長押しに慣れていると、初めは違和感を覚えると思います。

アイコス3の使い方|新型IQOSの正しい吸い方・充電方法マニュアル アイコス3の使い方|新型IQOSの正しい吸い方・充電方法マニュアル

カプセルの(気軽な)替えが面倒

これはもうどうしようもないんですが、カプセルの気軽な替えが少し面倒です。

どういうことかというと、(素晴らしい話なんですが)プルームテックプラスのフレーバーは全て、たばこカプセルとカートリッジがフレーバーに合わせてセットになっています。

つまり、カプセルに合わせてカートリッジが異なっているんです。

プルームテックプラスは、カートリッジが全て異なる

プルームテックプラスは、フレーバーに合わせてカートリッジが全て異なっている

見てきた通り、プルームテックプラスの味わいを高めるためにこのようになっているのですが、これが逆に少し面倒だったりもします…。

だって、プルームテックの味って替えたくなるんです。レギュラーのマイルドブレンド吸ってたら、ローストブレンドも吸ってみたくなるんです。そんな時に、カプセルだけの交換なら「ササッ」と出来るんですが、カートリッジの交換も一緒にしないとならないので、少し面倒です。ここばっかりは気軽ではありません。

最近「プルームテック」も、フレーバー毎にカートリッジが専用のものになってきました。

プルームテック2種類のレギュラーフレーバーがリニューアル!メンソールは?なぜ今? プルームテック2種類のレギュラーフレーバーがリニューアル!メンソールは?なぜ今?

でも、メンソールはメンソール統一カートリッジ、レギュラーはレギュラー統一カートリッジが基本です。

「プルームテックプラス」は味わいにとことんこだわる代わりに、この少しの面倒が発生しています。

机の上で邪魔になることがある – スタンドが欲しい

これは完全に個人的要望なんですが、「プルームテックプラス対応スタンド」が欲しい…!

プルームテックプラス専用アクセサリーの「転がらない輪っか」も便利です。コロコロしないので重宝します。

この真ん中について、リング状のもの。プルームテックプラスにそのまま取り付けるアクセサリーです。

この真ん中についたリング状のものが、プルームテックプラスにそのまま取り付けるアクセサリーです。

このリングを付けていれば、プルームテックプラスがコロコロ転がらず便利!

このリングを付けていれば、プルームテックプラスがコロコロ転がらず便利!

ただ、プルームテックプラスも棒状じゃないですか…!

プルームテックプラスの大きさだと、転がらなくても、置いとくだけで、どうしても場所を取ってしまうんですよね。。

ただ、前述したとおりスタンドがあれば、そういった悩みもなくなるはず!いつか対応アクセサリーが出てくることを密かに期待しています。

プルームテックを買ったら無料で専用スタンドがもらえた!必須アクセサリーだよ プルームテックを買ったら無料で専用スタンドがもらえた!必須アクセサリーだよ

プルームテックプラスはおすすめなデバイスだと思う

プルームテックプラスを青空の下で持つ

プルームテックプラスを青空の下で持つ

ここまでプルームテックプラスを一ヶ月使った感想をお伝えしてきました。

最後、悪いところを考え始めたら使ってるだけあって結構出てきてしまいました。

ですが、それらを差し引いてもかなりおすすめな加熱式タバコデバイスだと思います。

アイコスやグロー、そしてプルームテックにも出せない「吸いごたえ」をプルームテックプラスはしっかりと作り出しています。JTはユーザーリサーチを徹底した上で見事なデバイスを作り上げましたね。

プルームテックプラスは全国展開間近

プルームテックは、もうすぐ全国展開を果たそうとしています。それにあたって、段階的に購入も簡単になってきました。

新型プルームテックプラスとプルームエスの値段と予約購入方法|通販でも買えるように 新型プルームテックプラスとプルームエスの値段と予約購入方法|通販でも買えるように

2020年には加熱式タバコが前提となる、受動喫煙防止法が施行されます。

まさに、この法律は加熱式タバコ時代の喫煙ルールと呼べるもので、その中でもこのプルームテックプラスは、かなりの利用者を獲得していくでしょう。

【解説】原則屋内禁煙・受動喫煙防止法|加熱式タバコ時代の喫煙「ルール」とは 【解説】原則屋内禁煙・受動喫煙防止法|加熱式タバコ時代の喫煙「ルール」とは

今後も使い続けた上でなにか発見があったり、詳しい使い方をまとめ次第、お伝えしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です