アイコス(IQOS)が7980円で購入可能に!クーポン廃止で価格値下げ

アイコスの定価が3000円値下げ

ここにきて、ついにアイコスの定価価格も値下がりすることが決定しました!グロー、プルームテックに次ぐ加熱式タバコ本体の価格調整です。

ただ、他加熱式タバコと異なりアイコスにはクーポンあったよね?更に安くなったりするの?クーポン廃止の場合のメリットは?アイコスの2018年価格調整について、加熱式タバコ業界の動きと共にまとめました。

IQOS 2.4 Plusキットの価格が値下げ!今後の定価は?

アイコスの定価価格がついに値下げ!1万円を超すアイコス本体でしたが、本体価格が7,980円がとなります。これまでより3,000円値引きされることになりますね。

開始されるのは2018年6月1日から。新型アイコス(IQOS 2.4 Plus)が登場してから1年3ヶ月にして初の価格調整となります。

アイコスの新価格

アイコスの新価格は6月1日から。

これまで「アイコスは高い」と言われてきましたが、ついにその重い腰を上げた形になります。

気軽に1万円以下で買えるようになるなんて、1年前からしたら考えられないことですね・・!当サイトでは2年前からずっとアイコス本体の価格を月1でレポートしてきましたが、3万円の頃もあったなんて考えられません。手に取りやすい世界になりました!

アイコスクーポンはどうなる?

アイコス新クーポン。新型用に発行されているらしい

ただし!考えてみればこれまでもアイコスには「3,000円オフクーポン」が存在していました。このクーポンは旧型アイコスが登場してからずっと、3ヶ月ずつ延長されてきて実質7,980円での購入が可能でした。

このクーポンが、今回のアイコス本体の価格改定で消滅。なくなります。

つまり、クーポンを発行したら更に3,000円値引きされて、4980円でアイコス本体が買える・・なんてことは出来ないことになります。以下アイコスからのクーポンに関する公式の告知となります。

IQOS 2.4 Plusキットの3,000円OFFキャンペーンは5月31日をもって終了させていただきます。

クーポン最終取得日は5月28日、最終使用期限は5月31日までとなります。尚キャッシュバック対象購入期限は5月31日、お申込み期限は6月30日となります。

もしかしたら、結局価格変わらないじゃん!と思う方もいるでしょう。そんな方に一応この価格改定のメリットをお伝えしておきます。大きく2つのメリットがあるように感じます。

  1. 快適に安く買える
  2. 複数台持ちへの朗報

以下それぞれ見ていきます。

【1】面倒なクーポン取得の手間がなくなる

このアイコスクーポン、正直言って手間でした。利用するためには購入前にアイコスホームページにアクセスして、会員登録して、その後クーポンコードを発行して、店員に見せて・・なんてアクションが必要だったんです。

正直、これをコンビニですると結構時間を食ってしまい、後ろの人から圧力が!なんてことも・・。それがなくなり、購入ハードルが下がったことになるかもしれませんね。

また以前は、「クーポンを発行前に購入してしまいクーポンを利用できなかった!」なんてことも往々にしてありました。アイコスクーポン再発行できない問題ですね。

しかも当時はカスタマーサポートに連絡しても全く音沙汰がないのが常だったので、そのままお蔵入り・・という方も多かったです(何を隠そう私もその被害(?)者です)

あんな思いはもうしたくない!そのための価格改定なのかも。

【2】複数台の場合でも利用可能となる

多くの人にはこちらが朗報でしょう。実はこのアイコスクーポン、基本的に1台目にしか利用できないものでした。

実際、1度製品登録をしたりクーポンを利用すると、クーポンを利用できない状態になります。

2回目以降は「既にディスカウントクーポンを発行済みです」との表示がされる

2回目以降は「既にディスカウントクーポンを発行済みです」との表示がされる

なので、3000円割引で買えるのは一度だけだったんですね。

これが今回の価格改定で何度でも3000円オフで買えるようになりました。これは大きいんじゃないでしょうか!

アイコスは多くの方が複数台持ちしています。「2台目どうしようかなー」と思っている人は手に取りやすい価格になったように感じることでしょう。

グローとプルームテックに次ぐ値段変更

加熱式タバコランキング

この価格改定、当然利用者にとっては嬉しいことですよね。

ただし、アイコス側にとっては利益が下がってしまって良くないのではないか?と思われる方もいるかもしれません。なぜこんな改定を行ったのでしょうか?

価格改定について、アイコス公式の名目は以下のようになっています。

愛用者数 500万人達成!

500万人達成記念!

確かに、アイコスは加熱式タバコ業界ではシェア1位となっており、500万人が利用しているというのはすごい数字です。

ただし、当然これだけが理由ではないのです。

この価格改定には他社の影響が多分に含まれていることは間違いありません。

2018年5月以降、加熱式タバコのライバル製品である「グロー(glo)」、「プルームテック(PloomTECH)」がそれぞれ大幅価格値下げを発表しました。

グローに至ってはなんと定価の半額以下の価格になっています。加熱式タバコの価格改定をまとめると以下の通り。

旧価格 新価格
グロー(glo) 8,000円 2,980円
プルームテック(PloomTECH) 4,000円 3,000円
アイコス(IQOS) 10,980円 7,980円

発表時期を見ると、グローは5月初旬に発表、プルームテックは5月中旬に発表、そしてアイコスがこのタイミングということです。

もう明らかに価格競争が発生しています。

なぜそんなことが起きているのか?それはまさに加熱式タバコのシェア争いが原因です。

500万人が利用するアイコス、シェア1位を保てるか?

アイコス・加熱式タバコの禁煙法案

「たばこ」というものはそもそも、一度銘柄を決めてしまうとあまり銘柄を変更することをしない嗜好品です。

その上で加熱式タバコは「本体を持つ(買う)」というそもそものハードルがあります。例えばどんなにアイコスの新作ヒートスティックが吸いたい!となっても、アイコス本体を持ってなければ吸えないのです。

なので、「自社製品をとりあえず所持させておきたい」という意識を加熱式タバコ各社は強く持っています。

更に言うと加熱式タバコはお値段がするものなので、一度いずれかの本体を買ってしまえば、その本体を利用し続ける方が大半です。なかなかの好き者や若干マニアな人でない限り複数種類を使い分けることは少なく、多くの方ははじめに買った製品をメインに利用され続けるでしょう。

なので、「利益を削ってでも初めに手にとって欲しい」と加熱式タバコ各社は思うわけです。

それが、現在起きているこの価格競争 ≒ シェア争いが発生している市場心理です。

今後プルームテックの全国展開が開始され、更に加熱式タバコ市場は盛り上がっていきます。その先でシェア1位を実現するのは一体どの会社なのか?

アイコスのフィリップモリス、プルームテックのJT、グローのBAT、各社がしのぎを削るこのシェア争いについては引き続き様々なニュースと共にお伝えしていきます。

アイコス新着情報をゲットしよう

1万人以上がフォローする『アイコスさん』SNSを是非あなたも「いいね!」や「フォロー」して下さい。加熱式タバコ関連の最新情報や、お得情報を逐一お届けさせて頂きます!是非ここだけの新着情報をゲットして下さい♪

 

SNSでもご購読できます。