アイコスイルマとプルームXアドバンスド | 価格・吸いごたえ・フレーバーを比較してみた

プルームXアドバンスドとアイコスイルマ

「IQOSイルマとプルームXアドバンスドの違いは?

IQOSイルマとプルームXアドバンスド、どっちがおすすめなの?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

IQOSイルマとプルームXアドバンスドは、加熱式たばこ業界でも1位2位を争う、大人気加熱式たばこです。

関連記事

従来のたばこと異なり、火を使わない「加熱式たばこ」。これまで各たばこ会社から、様々な種類のデバイスが発売されてきました。2023年になり、その種類は増え続ける一方です。だからこそ、これから利用を検討している方からすると、どの加熱式た[…]

加熱式たばこ人気利用ランキング

本記事ではそんな注目度の高いIQOS ILUMA(アイコスイルマ)とPloomXADVANCED(プルームエックスアドバンスド)の基本スペックの比較から、実際にそれぞれ使ってみた評価を詳しく解説していきます。

さらに、2つのデバイスの魅力も深堀り!IQOSイルマを購入するか、プルームXアドバンスドを購入するかで悩んでいる方は必見です!

アイコス史上最安値銘柄登場

みなさんこんにちは!加熱式たばこ愛用歴8年のアイコスさん(@iqossan)です。アイコスイルマ(IQOSILUMA)フレーバーから、ついに500円以下のフレーバーが発売されたのはご存知ですか?480円で購入できる「アクシア[…]

加熱式たばことフレーバー
アイコスさん

監修者

Twitter:@iqossan
2016年より運営している加熱式たばこメディア「アイコスさん」代表。IQOS歴は7年。gloとPloom歴は6年。加熱式たばこデバイス所持数は100台を超える。
JT本社に取材、IQOSストア銀座店のオープン初日に取材など、加熱式たばこをはじめとした「新型たばこ」の情報を、正しくわかりやすく伝えることを心がける。月間最高PV数は400万。

IQOSイルマの特徴

アイコスイルマ

まずはじめに、IQOSイルマについて紹介します。

IQOSイルマの特徴は以下の5つです。

  • メンテナンスが不要
  • 新技術スマートコア・インダクション・システム採用
  • スティックを差し込むだけで加熱が始まるオートスタート機能搭載
  • 従来のIQOSより耐久性がさらに向上
  • 2本連続で喫煙可能

なんといっても、IQOSイルマ最大の魅力は【使用後のメンテンスが不要】な点ですよね。

今までの加熱式たばこは適度にメンテンスが必要だったのに対し、IQOSイルマでは基本的にはメンテンスが不要になりました。

また、スティックを差し込むだけで加熱が始まるオートスタート機能が搭載されているため、ボタンを押す手間も無くすぐに喫煙を始められます。

IQOSイルマは、従来のアイコスより更に進化した、人気の高い加熱式たばこです。

プルームXアドバンスドの特徴

プルームXアドバンスド

次にプルームXアドバンスドについて紹介します。

プルームXアドバンスドの特徴は以下の5つ。

  • 5分間、パフ回数無制限で喫煙可能
  • Bluetooth連携機能でロック機能あり
  • スタイリッシュなデザイン
  • 手に馴染むボディ
  • 新加熱技術“POWER HEATFLOW(パワーヒートフロー)“搭載

プルームXアドバンスドの魅力は【5分間、パフ回数無制限】!これは従来の加熱式たばこには無かった機能です。

パフ回数を気にせず、時間いっぱい喫煙を楽しむことができるので、自分のペースに合わせて【たくさん吸ったり】【ゆっくり吸ったり】して楽しむことができます。

また、プルームXのスタイリッシュなデザインと曲線的なボディは手に馴染みやすく、持つ人を選ばないのも魅力のひとつ。

毎日使用する加熱式たばこですから、手に馴染みのいい持ちやすいデバイスは使いやすくていいですよね!

IQOSイルマとプルームXアドバンスドの基本スペックを比較

早速、IQOSイルマとプルームXアドバンスドの基本スペックを比較していきます。

2つの加熱式たばこの違いは以下のようになっていました。

アイコスイルマプルームXアドバンスド
本体価格6,980円1,980円
加熱時間約20秒約25秒
喫煙時間6分間(14パフ)5分間(パフ回数無制限)
充電にかかる時間約135分約90分
メンテナンス頻度メンテンス不要月1回、又はたばこスティックの差し込みがきついと感じた場合にメンテナンスが必要
連続吸い可能本数2本約20本分
加熱温度300~350℃約320℃
大きさ【ホルダー】
高さ:101mm
幅:14.5mm
重さ:30.5g【ポケットチャージャー】
高さ:121.5mm
幅:47mm
奥行:23.4mm(奥)
重さ:約116.5g
高さ:89mm
幅:44mm
奥行き:24mm
重さ:95g

比較してみた結果、IQOSイルマとプルームXアドバンスドの差は大きく分けて【価格差】【喫煙時間】【メンテナンス】の3つ。

IQOSイルマが6,980円と強気な価格設定なのに対して、プルームXアドバンスドの定価は1,980円という安価な価格設定になっています。

2つの加熱式たばこの価格差は【5000円】!これは大きいですよね。

しかし、価格が高い分アイコスイルマはメンテンス不要、喫煙時間もプルームXより1分長い6分間となっています。

アイコスさん
価格の安さを取るか、メンテンスや喫煙時間を優先するか・・・・

どちらも違ったメリットがあるため、迷ってしまいますね。

価格差や基本スペックにも違いがありますが、重要な吸いごたえはどう違うのか、以下でさらに詳しく紹介していきます。

IQOSイルマとプルームXアドバンスドの使用可能スティックを比較

アイコスイルマの専用スティック一覧

IQOSイルマとプルームXアドバンスドの使用可能スティックを比較していきます。

アイコスイルマプルームXアドバンスド
使用可能スティックの種類テリア:20種類
センティア:14種類
アクシア:5種類(地域限定)

合計:39種類
メビウス:12種類
キャメル:4種類

合計:16種類
味わいレギュラーからメンソール、フレーバー系まで様々。王道フレーバーのテリアシリーズから価格を抑えたセンティアシリーズまで数多くある。新作フレーバーが多いのも魅力。レギュラー、メンソール、フレーバー等様々。根強い王道フレーバーで人気のメビウスから、フルーツ系フレーバー等変わり種の多いキャメルシリーズ等がある。
匂い基本的に匂いは少なめ。スティックによって異なるが匂いは少なめ。

2つのスティックの種類はIQOSイルマが39種類(地域限定アクシアを含む)を超えており、プルームXアドバンスドと比べると2倍多いという結果になりました。

当たり前ですが、加熱式たばこスティックの選択肢が多ければ多いほど、好みのフレーバーが見つかる可能性も上がりますよね。

特に決まったフレーバーをまだ見つけれていない方は、IQOSイルマでいろんなスティックを試してみるのもおすすめ。

また、プルームXアドバンスドにも他にはないフルーツ系フレーバーから王道まで揃っていますので、気分で使い分けてみてもいいかもしれません。

IQOSイルマとプルームXアドバンスドを吸い比べてみた!

アイコスイルマ

それでは、実際にIQOSイルマ、プルームXアドバンスドを吸い比べていきます!

アイコスさん
どちらも美味しくて吸いごたえは抜群の加熱式たばこ!

2つの加熱式たばこを吸い比べてみた結果、以下の3つの違いを感じたのでそれぞれ紹介していきます。

IQOSイルマとプルームXアドバンスドの違い①:1本の満足感

まずはじめに感じた、IQOSイルマとプルームXアドバンスドの違いは『紙巻きたばこに近い味わい』についてです。

どちらもキック感をしっかり感じられるクオリティの高い加熱式たばこではあるものの、IQOSイルマを吸ったときに、どこか懐かしような紙巻きたばこに近い味わいを感じます。

たばこ本来の味わいがクリアに感じられ、吸いごたえの満足度がとても高い!最後の一口まで失速することなく味わい尽くせる、これが6000円の価格差の違いなのかもしれません。

といっても、プルームXアドバンスドも吸いごたえもかなり満足いくものではあります。PloomXアドバンスドは加熱温度が旧モデルのPloomXよりも25℃アップしており、最高温度は320℃となっています。確かに旧PloomXよりも、吸いごたえがさらにパワーアップしているのをとても感じました。

POWER HEATFLOW技術のグラフ

1980円(定価)でよくここまで仕上げてきたな、、、とかなり驚きました。

アイコスイルマ、プルームXアドバンスド、どちらも違った良さがあるものの、1パフ目からガツンとくる味わいはIQOSイルマの方が強く感じられました。でももちろんプルームXアドバンスドも充分ガツンと感を感じられます。

IQOSイルマとプルームXアドバンスドの違い②:加熱のしやすさ

IQOSイルマとプルームXアドバンスドを吸い比べてみると、やはり『IQOSイルマのオートスタート機能はすごい』と感じました。

ボタンを押すなんて、1秒もかからず簡単なことではありますが毎日使用するものだからこそ、スティックを入れただけで加熱が始まるのはとても便利です。

プルームXアドバンスドの場合は、ボタンが無いためデバイスの真ん中部分を押してから加熱を始める必要があります。

よりストレスフリーで加熱式たばこを楽しみたい方には、アイコスイルマがおすすめです。

IQOSイルマとプルームXアドバンスドの違い③:使用感

IQOSイルマとプルームXアドバンスドを吸い比べてみると、IQOSイルマはホルダーとポケットチャージャーに分かれているため「無くしてしまったらどうしよう・・・」と感じることがありました。

実際、私のまわりでもIQOSイルマを持ってきたのに中身だけ忘れてきてしまった!なんて話を聞いたことも・・・。

一方、プルームXアドバンスドはデバイス1つで使用でき、Bluetooth機能搭載。携帯と接続することで最終接続地点を確認したり、充電残量もひと目で分かります。

長く加熱式たばこを愛用していく上でもプルームXアドバンスドに搭載されている機能はわかりやすく、デバイス本体も存在感があるため安心して使用できると感じました。

よく加熱式たばこを無くしてしまう・・・という方には、プルームXアドバンスドがおすすめです。

結論:IQOSイルマとプルームXアドバンスド、どっちがおすすめなの?

プルームXアドバンスドとアイコスイルマ

2つの加熱式たばこを吸い比べてみた結果、どちらにも違った良さがあると感じました。

IQOSイルマ、プルームXアドバンスドがおすすめな人はこんな人といえます!

IQOSイルマがおすすめな人

IQOSイルマはこんな人におすすめ!

  • 紙巻きたばこに近い吸いごたえを重視する人
  • 王道の味わいが好きな人
  • ボタンを押したりせずに、加熱式たばこを楽しみたい人
  • 頻繁なメンテンスは苦手な人

IQOSイルマは6980円という強気な価格設定ではあるものの、吸いごたえから使用感、スティックの多さまで完璧な加熱式たばこだと感じます。

特に紙巻きたばこに近いダイレクトな吸いごたえは、さすがアイコス!

紙巻きたばこから加熱式たばこに乗り換えようかな、と悩んでいる方にもおすすめのデバイスですので、ぜひ一度試してみてくださいね。

関連記事

こんにちは!アイコスを利用し続けて8年目に突入したアイコスさん(@iqossan)です。突然ですがみなさん、コンビニでIQOS(アイコス)を購入したいけど「どうしたらいいの?」と迷ってしまったことはありませんか?いざ買ってみ[…]

コンビニでのIQOS購入方法

プルームXアドバンスドがおすすめな人

プルームXアドバンスド

プルームXアドバンスドはこんな人におすすめ!

  • いろんな味わいを楽しみたい人
  • 長く、パフ回数無制限で喫煙したい人
  • 加熱式たばこを無くしてしまうのが不安な人

プルームXは5分間パフ回数無制限で喫煙を楽しめる加熱式たばこです。

手に馴染みやすいデザインや、携帯との連携機能もあり長く安心して愛用が可能!

また、1980円という手に取りやすい価格であるにも関わらず、機能は充実しているのも魅力のひとつです。

ついつい居酒屋等に加熱式たばこを忘れてきてしまった、という経験がある方にもおすすめの加熱式たばこですので、気になった方はぜひ一度試してみてください。

関連記事

JTから新たに発売されたプルームXアドバンスドは、加熱式タバコ市場に新たな風を吹き込みました!従来のプルームXの性能をさらに進化させたこのモデルは、加熱温度の向上や自動加熱機能など、ユーザーの喫煙体験を大きく改善しています。[…]

IQOSイルマとプルームXアドバンスドは、どちらも違う良さのある味わい深い加熱式たばこでした。

ぜひこの機会にお気に入りの加熱式たばこを見つけてみてください!