プルームテックを1年半使った感想とアイコス・グロー比較【全国販売】

プルームテックの画像

JTのプルームテックが2018年6月4日より、ついに全国販売を開始しました!いやーー長かった。かれこれ地域限定で発売してから2年程度経過の後の全国展開となります。

他加熱式タバコと比べると圧倒的に全国展開が遅かったプルームテック。ただその分(?)良いところはたくさんあります。

満を持して全国展開したプルームテック、この記事ではあらためて、2年弱利用してきた感想をお送りしたいと想います。

プルームテックがリニューアルして全国展開

プルームテックのリニューアル内容

プルームテックがパッケージ内容をリニューアルして、全国展開を果たしました。変更内容は以下の通り。

  • 価格変更:4000円 → 3000円
  • 付属品変更:キャリーケースなしに

キャリーケースが付属しなくなる代わりに1000円の値下げがされた形となります。

プルームテック本体を3000円で購入可能に|スターターキットがリニューアル

その上での全国展開となります。

既に競合である「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」は全国展開済み。ここに食い込む形でJTのプルームテックが登場し、更に加熱式タバコ市場が盛り上がりそうです。

プルームテックって、実際どう?

このプルームテック、まだ利用されたことがない人は「いったいどういうもの?」と思われる方多いと思います。

アイコスやグローと少し比較するとすぐわかるのですが、明らかに形状が異なります。

アイコス、プルームテック、グローの画像

アイコス・グローとプルームテックの形状はけっこう違う

またそれに紐付いて、利用方法も異なってきます。

この形状や仕組みの違い、並びに利用方法の違いから生まれるのは、「気軽さ」や「ニオイの少なさ」などのメリットたちです。プルームテック、けっこう良いところがあります!

ここからは、プルームテックって実際どうなのか、

  1. ニオイ・煙
  2. 使い勝手

の3つの観点からお伝えしてみます。

【1】プルームテックの味 – カプセルについて

プルームテックはアイコスのヒートスティックグローのネオスティックとは異なる形状の専用タバコを利用します。その名も「たばこカプセル」

それぞれ比較するとこのような違いがあります。

上から、プルームテックの「たばこカプセル」、アイコスの「ヒートスティック」、グローの「ネオスティック」

上から、プルームテックの「たばこカプセル」、アイコスの「ヒートスティック」、グローの「ネオスティック」

一見すると、プルームテックだけ「たばこ」という感じがしませんが、ニコチンも含まれている立派なタバコです。

このプルームテック・カプセル。初めて吸った時の感想は「冷たい」でした。

実はアイコスやグローは「高加熱型」というもので、一方プルームテックは「低加熱型」なのです。なので、他加熱式タバコより事実「冷たい」ように感じられます。

そんなプルームテック・カプセルですが、全部で5種類の味が発売されています。

プルームテックが発売した当初は「かなり多い!」と話題だったのですが、その後アイコスは9種類に、グローも8種類までフレーバーラインが増強され、結局一番少ない味数になってしまいました。(市場の展開が早い!)

5種類は以下のとおり。

  • 2種のスタンダードライン
    • イエロー
    • グリーン
  • 3種のフレーバーライン
    • パープル
    • レッド
    • ブラウン

通常のタバコ系である「スタンダードライン」と味がついている系の「フレーバーライン」がそれぞれ発売されています。

私はプルームテックはだんぜんメンソール系の「グリーン」が好き。かなりさらっと吸えることができます。

それぞれ特徴があるので、味について詳しく見たい場合は以下の記事を是非参照してください。

プルームテックカプセル全5種類の味レビュー比較!人気フレーバーは?【レッドアップル・カフェモカ】

【2】プルームテックの有害性・煙・ニオイ

先程プルームテックを「低加熱型」と述べました。これって「タバコっぽくないからデメリットなんじゃない?」と思いきや、実は様々なメリットがあります。

主要なメリットとしてとして、3点あげられるでしょう。

  1. 有害性が加熱式タバコ間で1番低い
  2. 煙(水蒸気)がすぐになくなる
  3. ニオイが少ない

プルームテックの有害性研究

プルームテックは加熱式タバコという名称がついている通り、あくまで「タバコ」なので当然有害性があります。

しかし、その有害性の低減が日本政府の研究を持ってして認められています。

政府発表|アイコス・グロー・プルームテックの発ガン性物質・ニコチン量|加熱式タバコの有害性まとめ

例えば、発がん性物質の包含率は一番低いという結果が出ています。

JT自身も様々な健康情報を提供しています。プルームテックの有害性をより確認したい場合は下記の記事にまとめていますので、是非ご確認ください。

ニオイが残らない

また、高加熱処理をしていないため、水蒸気が本当にすぐに気化します。よって煙が全然残らない。

その影響で、ニオイが全然しませんニオイの少なさでいったら加熱式タバコ1かと思います。

なので、ニオイは気になる…!という方にはかなりおすすめといえますね。

【3】プルームテックの使いやすさ

プルームテックの画像

プルームテックって実際どうなのか、3点目は「使いやすさ」についてです。煙草というのはなんだかんだ、毎日使うもの。使いづらいのは嫌なはず。

この観点でいうと、、、プルームテックは非常に評価が難しい

どういうことかというと、「シーンによって評価が変わる」と思うからです。

表として出すとこんな感じ

 利用シーン 評価
室内(移動しない)利用 ☆☆☆☆☆
室外(持ち運び)利用 ☆☆☆

詳しく解説します。

室内利用では最高

プルームテック2年弱利用して、「私の場合ここに落ち着いた」という感想ですが、室内利用に限っていえばこんなに楽なものはないかもしれないと思ってます。

まず、プルームテックはアイコスやグローに必要な加熱時間が必要ありません。

「加熱ボタンを押して、数十秒待って、吸い始める」というスタイルが加熱式タバコのスタンダードなスタイルです。しかしプルームテックは低加熱タイプなので、吸えば良いだけなんです。

また、もう一つのプルームテックの特徴として、「吸い終わり」という概念がありません。

一口吸って、終わり。置いとく。

なんてことも出来るんです。

この「待ち時間がない」「吸い終わりがない」という特徴が、室内利用を最高の体験にします。

家にいる時に、バソコン作業して、ふーってタイミングで一口・二口だけ吸って、置いといて、また作業

みたいことが出来ます。これは一度体験すると、タバコの概念が変わるはず。本当に楽です。

持ち運んでの外出時には難

一方、外出時の利用性でいえば「めちゃくちゃ使いやすい!」とは言えないような気がしています。これは色々な要素が原因だと思いますが、あえて2点あげるとしたらこれでしょう。

  1. 形状
  2. 吸い終わりが欲しい

まず、見てわかる通りプルームテックは細長い棒状・スティックタイプです。

アイコスと比べるとこんな感じ。

プルームテックとアイコスの吸える状態の比較

プルームテックとアイコスの吸える状態の比較

この形状、意外と持ち運びが面倒だったりします。

アイコスだとホルダーだけでなく、ポケットチャージャーに入れるので、にサッと入れられるんです

アイコスは持ち運びが楽

アイコスは持ち運びが楽

が、プルームテック長細いためポケットから出ちゃうことが多いです。

そのためにキャリーケースがありますが、常に持ち運びする性分ではない人にとってはマイナスポイントかもしれません。

また、意外と思ったのが、「外出時には吸い終わりの概念が必要だった」というものです。

例えば、会社で仕事して、休憩時間にタバコを吸うとしましょう。

普通のタバコの場合、吸って…吐いて…数回繰り返して、終わりがきます。

これが、プルームテックにはない。

なんというか、休憩の終わりタイミングがわからないような感じになるんです。なんか消化不良な感じです。やってみれば…きっとわかるはず!!

以上の理由から、持ち運びを伴わない利用には最高な体験をくれる加熱式タバコだと思っています。

プルームテックの使い方ならこの記事で!

プルームテックはしっかりした使い方をしないともったいない場合があります。以下の記事では通常の使い方と、カートリッジの効率的な利用方法などをお伝えしていますので、是非参照してみてください。

アイコス・グローと比較した、プルームテックの良いところ

プルームテックのブランドコンセプト

ここまでプルームテックを実際に使ってみての感想を述べてきました。こうやってみると色々な特徴がありますね。

ここからは上記踏まえた上で競合の加熱式タバコである「IQOS(アイコス)」と「glo(グロー)」と比較して、どこが良いかを見ていきたいと思います。

ニオイの少なさはやっぱり最高

プルームテックの一番の良いところはやっぱり「ニオイの少なさ」でしょう。昨今の加熱式タバコブームで、「もはや紙巻きタバコのニオイが嫌」という思いを持っている加熱式ユーザーの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にはプルームテックを一度体験してみてもらいたい。びっくりするほどニオイが付きません。そして気になりません。

「プルームテックならニオイがわからない」

というコメントも以前のユーザーへのインタビューではあったくらいです。

なんだかんだアイコスも独特のニオイがしますし、グローはロースト感が漂うのが特徴だったりします。これら高加熱式なため仕方ないのですが、ここは低加熱式であるプルームテックの勝利でしょう。

気軽に吸えるのは他にはない体験

また、「加熱ボタンを必要としない」というプルームテックの独特な構造から、気軽に利用することができるのはこの機体にしかないメリットです。

「タバコを吸う≒数分時間が取られる」という概念が払拭されます。

ニオイが少ない!タールがない!などと含めて加熱式タバコだから出来る新しい体験であることは間違いないでしょう。

値段が安くてなんか気軽

このプルームテック、他の加熱式タバコと比べると一番安価になっています。

以下リニューアルした全加熱式タバコの価格一覧です。

 加熱式タバコ 価格
IQOS(アイコス) 7,980円
glo(グロー) 5,980円 → 2,980円
PloomTECH(プルームテック) 3,000円

グローが2980円となっていますが、これはあくまで期間限定の割引価格の話。

定価が一番安いのはプルームテックとなっています。

定価で比べると他加熱式タバコより半額以下だったりするので、なんとなく価格帯からの気軽さとありますね。

※以前はプルームテックの価格は二万円程度まで上昇したこともあります。それを考えると供給が増えて良い時代となりました

【6月最新】プルームテック最安価格での購入方法|値段を抑える通販?気軽なコンビニ?

やっぱりマウスピースとスタンドは必須だと思う

プルームテックの必須アクセサリー

ここまでアイコスやグローとの良いところの比較をしてきましたが、2年弱使ってやはり思ったのは、

マウスピースとスタンドだけは必須アクセサリーだ

ということです。

プルームテック本体キットの中身は現在以下となっています。

  • バッテリー(本体)
  • USBチャージャー
  • ACアダプター

これだけでは…少ない!

プルームテックで最高の体験は…できない!!

んです。

必須なアクセサリーかと思うのは、キャリーケースよりも、マウスピースとスタンドだと思っています。

プルームテックマウスピース

プルームテックのマウスピース画像

プルームテックマウスピースは、利用するために絶対絶対、必要!

これは「吸い終わりがない」という体験から必須になってきます。

「一度吸って(口を付けて)終わって、それを次の日にまた吸う」なんてことが、プルームテックはめちゃくちゃあります。

そんな時に思うのが、「また口をつけるの・・なんかやじゃない?」本体を洗うわけにはいかないのでなんとなく嫌な気分になります。

でもそんな時、マウスピースがあれば安心。本体に口は付けないし、水洗いOK。これがあるだけでだいぶ使用感が変わってきます。絶対に必要と断言します。

プルームテックのマウスピース画像

マウスピース、単体だとこのような形

プルームテックのマウスピース画像

プルームテック本体にマウスピースを付ける

プルームテックスタンド

プルームテックスタンド_おすすめアクセサリー

プルームテックスタンドは、プルームテックを置くためのアクセサリーです。

プルームテックの形状は知っての通り「棒状」。普通に置くと吸う部分も置いたところに触れてしまいます。

しかもこれまた「吸い終わり」がないため発生する体験ですが、結構どこかに置く必要出てくるんですよね。

そんな時にスタンドがあると、スマートに置くことができます。

プルームテックスタンド_おすすめアクセサリー

スタンドでスマートにプルームテックを置くことができる

プルームテックスタンドには色々な種類が出ているので、自分の気に入ったものを選んでしまいましょう!

プルームテックスタンド_おすすめアクセサリー

色々なカラー展開がされている

プルームテックスタンド_おすすめアクセサリー

ちなみに私はウッドスタンド派

キャリーケース

プルームテックキャリーケース

プルームテックは全国販売したタイミングで、本体内容物がリニューアルされキャリーケースが含まれなくなりました。

なので持ち運びを考えるのであれば、キャリーケースの購入は必須になってくると思います。

おすすめのケースは以下の記事に様々な切り口からまとめていますので、気になる方はご確認ください。

プルームテックのおすすめケース7選【男性・女性向け・公式純正】

新型プルームテックにも期待

プルームテックの画像

ここまで私が2年弱程度、プルームテックを利用してきた感想をお伝えしてきました。こうやってみると、場面によって最高な体験を提供してくれるのがプルームテックと言えそうです。やはりアイコスやグローと比べてもメリデメがあるかもしれないですね。

この感想はプルームテックが「低加熱型」だからこそのものかと思います。

そこで気になってくるのが、”新型”プルームテックの存在です。

プルームテックは2018年末に新型プルームテック2機種を発売し、3機種展開になります。

プルームテック本体が3タイプ化|3種類の新型モデル比較【高加熱・煙量増・通常】

名前は

  • プルーム・エス
  • プルーム・テック・プラス

それぞれこのような特徴があります。

 名称 特徴
プルーム・テック 通常(現行と同じ)
プルーム・エス 煙が増量
プルーム・テック・プラス 高加熱型

特に気になるのは、高加熱型のプルームテックですね。まだ詳細はわかっていませんが、プルームテックの良さを残しつつ、どのように高加熱型となるのか非常に注目です。

こちらについては続報あり次第どんどんお伝えしていこうと思います。

この記事がプルームテックに興味を持っている方へ少しでも参考になれば幸いです。

【6月最新】プルームテック最安価格での購入方法|値段を抑える通販?気軽なコンビニ?

プルームテック新着情報をゲットしよう

1万人以上がフォローする『アイコスさん』SNSを是非あなたも「いいね!」や「フォロー」して下さい。プルームテック関連の最新情報や、お得情報を逐一お届けさせて頂きます!是非ここだけの新着情報をゲットして下さい♪

 

SNSでもご購読できます。