新フレーバーも!glo(グロー)全14種類のネオスティックを味レビュー比較【カプセルメンソール・neo追加】

グローの味、フレーバー比較

加熱式タバコ「glo(グロー)」が2017年10月2日に全国発売を開始。フレーバー拡大も続き当初3種類だったグローのフレーバー数も14種類に拡大!

実はグローストアでは試喫できちゃったりもします。今回はその流れでグローの14種類のフレーバーをおさらい・比較してみたいと思います。

新しい加熱式タバコの味は実際どうなのか?グローのネオスティックだけではなく、アイコスのヒートスティックとも比較を行うことで、果たして味はどんな感じなのか、おすすめはどれかなど、しっかりお伝えしていきます!

全国展開を果たした加熱式タバコ「glo(グロー)」

グローが全国展開を開始

新型タバコ「glo(グロー)」は、2016年に発売開始された直後は仙台限定の販売でした。それが2017年7月より東京と大阪に進出し、そして同10月には全国展開を開始、現在では全国のコンビニで気軽に購入することが可能です。

加熱式タバコは「glo(グロー)」の他に「IQOS(アイコス)」と「PloomTECH(プルームテック)」がありますが、アイコスに続く新型タバコとして、グローはどんどん台頭してきそう。

この記事ではそんなグローのタバコの味を徹底的にレビューしたいと思います。話題の加熱式タバコといえど、紙巻きタバコとどのような違いがあるのか?どの種類が一番美味しいのか?「アイコス」と比べてどうなのか?見ていきます。

グローの専用たばこ「ネオスティック」・「neo」

3種類のグローのタバコ「ネオスティック」

3種類のグローのタバコ「ネオスティック」

おさらいになりますが、gloはあくまでタバコを吸うためのデバイスです。なので、グローを吸うためには専用の煙草が必要になります。gloの場合、二種類のブランドが発売されており、それぞれの中で複数のフレーバーラインが整っています。

  • ネオスティック(neo stick):10フレーバー
  • neo(ネオ):4フレーバー
箱から出すとこんな感じ。ヒートスティックに比べて細長い

箱から出すとこんな感じ。ヒートスティックに比べて細長い

当初グローのタバコは「ネオスティック」だけでした。しかし2018年7月9日にグローのためにデザインされた加熱式タバコ専用タバコとして、「neo」が発売されています。

参考に、アイコス専用のタバコは「ヒートスティック」という名称。ネオスティックとは「スティック」違いではありますが、グローとアイコスでは構造自体が異なり、吸い方ももちろん異なります。

gloの吸い方

アイコスを既に吸ったことある人にとっては、ネオスティックはちょっと特殊な吸い方に感じるはずです。というより、吸い方がかなりシンプルです。

アイコスの場合、ホルダーにヒートスティックを差し込む(詳しく言うと、ブレードに刺し込む)ことが必要になってきますが、gloは文字通り本体に入れるだけ。「刺す」わけではないので、簡単に取りはずしができます。

グローを利用する時はスティックを入れる箇所を開ける

グローを利用する時はスティックを入れる箇所を開ける

ネオスティック挿入口にネオスティックを指す。

ネオスティック挿入口にネオスティックを指す。

指しすぎには注意。ちょうど青い線が隠れるくらいが一番ちょうどいい入れ具合

指しすぎには注意。ちょうど青い線が隠れるくらいが一番ちょうどいい入れ具合

アイコスと比べると、単純に入れればいいだけなので簡単です。

リンク:アイコスの使い方はこちら

グローの場合、ネオスティックをグロー本体に差し込みすぎると味の劣化に繋がったりしてしまうので、注意が必要だったりします。

詳しいグローの使い方はこちらにまとまっていますので、気になる方は是非ご覧になってくださいね。

グロー(glo) 使い方と掃除方法を画像付き解説!故障予防となる吸い方は?

10種類のネオスティックを紹介 – 吸ってみた感想

グローネオスティックの画像

さて、ここからはネオスティックの紹介をしていきましょう。gloには2018年6月現在、10種類のフレーバーが発売されています。

前述の通りグローには「ネオスティック」と「neo」の二種類の銘柄が準備されていますが、ネオスティックの方から解説します。

当初は3種類だったのですが…

→ 2017年12月より、8種類のフレーバー全てが全国展開開始

→ 2018年3月より、あの「KOOL(クール)」のフレーバーも追加されることが決定

→ 2018年6月より、KOOL銘柄がネオスティックに正式に加入し、10種類展開に

ネオスティックは数が増えたりしている間に名称が変わったり色々と変化がありました。最新の正確な展開は以下のとおりとなります。

  1. ブライト・タバコ
  2. スムース・フレッシュ
  3. フレッシュ・ミックス
  4. インテンスリー・フレッシュ
  5. リッチ・タバコ(2017年12月全国発売)
  6. シトラス・フレッシュ(2017年12月全国発売)
  7. スパーク・フレッシュ(2017年12月全国発売)
  8. ダーク・フレッシュ(2017年12月全国発売)
  9. ミント・ブースト(2018年6月全国発売)
  10. ベリー・ブースト(2018年6月全国発売)

↑の順序は発売順になっています。

以前は一部の銘柄のみ地域限定販売…とかあったのですが、2018年6月以降そのようなことは少なくなっています。(当初グローは仙台限定発売だったので、その名残で仙台限定販売ということが多いですね)

それでは、上からそれぞれの詳細を見ていきましょう。

【1】ブライト・タバコ(レギュラー)

レギュラー系「ケント·ネオスティック·ブライト·タバコ」

ブライト・タバコは、「THE・レギュラー」という感じですね。かなりタバコの風味がします。というよりも、「ロースト感」が本当に強いです。公式の説明文は以下の通り。

香ばしいレギュラー

しっかりとした味わいに軽やかなロースト感が、上品で新しい。

「ロースト感」と言っていますが、本当に強いです。これはグロー全てのフレーバーに言えることなのですが、スモークされたような?ローストされたような?独特の風味が全体的に強いですね。

「タバコ」を楽しみたいのであれば、このレギュラータイプの「ブライトタバコ」がピッタリです。

【2】スムース・フレッシュ

スムースフレッシュ

フレッシュ・ミックスは「ミント」とカテゴライズしていますが、「やわらかいミント感のあるタバコ」と言ったほうが正しいです。公式の説明文は以下の通り。

なめらかメンソール

ひんやりミントとバニラのような甘さが絶妙のバランス。

なめらかで心地いい爽快感。

「なめらかメンソール」と説明されていますが、ミントの抜けるような感覚だけではなく、甘さが加わっていることで絶妙なバランス感を創り上げています。

【3】フレッシュ・ミックス(ミント系)

さわやかメンソール「ケント·ネオスティック·フレッシュ·ミックス」

フレッシュ・ミックスは「ミント」とカテゴライズしていますが、「タバコ感が強いミント」と言ったほうが正しいです。公式の説明文は以下の通り。

さわやかメンソール

数種類のミントを上質ブレンド。爽快感とたばこのベストバランス。

「たばことのベストバランス」と説明されていますが、「たばこ」にフォーカスを当てている気がします。「タバコ感は楽しみたいんだけど、軽いメンソールも欲しいんだよ」そんな需要を満たすフレーバーになっていました。

【4】インテンスリー·フレッシュ(メンソール)

強メンソール「ケント·ネオスティック·インテンスリー·フレッシュ」

「インテンスリー・フレッシュ」はメンソールタイプのフレーバーです。強い。強いです。さすがはKOOLを輩出するBAT!

強メンソール

ひんやりミントを贅沢づかい。極上の氷冷感が突き抜ける。

KOOLの爽快感を求めるのであれば、このインテンスリー・フレッシュが良いのではないかなーと思います。そもそもgloが欲しい人って、KOOLの電子タバコが欲しい。って人は一定数いると思うので、そういう方はこれを試してみても良いかもしれません。

ここから以下は2017年12月に登場した新作フレーバーになります。レギュラー系が1種類、メンソール・ミント系が3種類追加されました。

【5】リッチ・タバコ

グローネオスティック リッチタバコ

「リッチ・タバコ」はレギュラータイプの新味。公式説明は以下の通りです。

深みのレギュラー

上質なたばこ葉をブレンド。芳醇で深みのあるリッチな味わい。

ブライトタバコの更に濃い味といったところでしょうか。紙巻きタバコでいうところの数字が強いイメージを持ちました。濃厚なタバコを求めるならコレか。

【6】シトラス・フレッシュ

グローネオスティック シトラスフレッシュ

「シトラス・フレッシュ」はメンソールタイプの新味一つ目。公式説明は以下の通りです。

すっきり香るメンソール

ひんやりミントの冷涼感に、シトラスのようなフレッシュな香りですっきり爽快。

フレッシュミックスに一番近い印象ですが、そこに爽やかな清涼感がある感じ。シトラスのガム?フルーツ風味のフレーバーってちょっとべたつくイメージがあるのですが、そこまでベタベタしていないフレーバーを楽しみたい時に良い印象です。

【7】スパーク・フレッシュ

グローネオスティック スパークフレッシュ

「スパーク・フレッシュ」はメンソールタイプの新味二つ目。公式説明は以下の通りです。

爽快に香るメンソール

ひんやりミントの冷涼感に、プラムのような甘酸っぱい香りがはじける。

シトラスフレッシュのような柑橘系な印象ではなく、甘酸っぱい香りを楽しむことが出来ます。木苺感?シトラスフレッシュとダークフレッシュの間のような清涼感を楽しむことが出来るフレーバーです。

【8】ダーク・フレッシュ

グローネオスティック ダークフレッシュ

「ダーク・フレッシュ」はメンソールタイプの新味三つ目。公式説明は以下の通りです。

贅沢に香るメンソール

ひんやりミントの冷涼感と、完熟グレープのようなリッチなアロマに包まれる。

インテンスリーフレッシュの、アロマ版といった感じです。アイコスでいうところの、パープルメンソールと一番近いです。甘い雰囲気を味わいたい時に良い感じですね。

ここから以下は2018年6月に発売されたフレーバーになります。

【9】ケント・ネオスティック・ミント・ブースト

ケント・ネオスティック・ミント・ブーストの画像

「ケント・ネオスティック・ミント・ブースト」はカプセルメンソールタイプの1つ目のモデルとなります。公式説明は以下の通りです。

ひんやりミントの冷涼感。

カプセルをつぶすと、さらにミントの爽やかなアロマがはじける。

これは、いわゆるKOOLのネオスティック版といえるモデルです。カプセルとつぶすと、「ブースト」という状態になりフレッシュ感が増します。ミントの爽快感を強く感じたい時におすすめ。

【10】ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト

ケント・ネオスティック・ベリー・ブーストの画像

「ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト」はカプセルメンソールタイプのアロマ感が強いモデルです。

ミントの心地いい爽快感。

カプセルをつぶすと、ベリーのようなフレッッシュなアロマがはじける。

ミントブーストと同じく、カプセルをつぶすことで新しいフレッシュ感を味わうことができるモデルです。私の主観になりますが、ミントブーストより、ベリーブーストの方が美味しいです。

ベタベタなアロマ感…というより、爽やかな甘さを味わえる感覚が強いので、気分転換にはピッタリかも?

2種のカプセルメンソールについては別途しっかりとレビュー記事を書いたので是非参考にしてください。

glo(グロー)新フレーバー「カプセルメンソール」をレビュー|ベリー・ミントブーストは加熱式タバコ版KOOL?

実質、KOOL(クール)も加熱式タバコに参戦

前述した「ミント・ブースト」と「ベリー・ブースト」ですが、これはメンソールでおなじみのタバコ銘柄「KOOL(クール)」のグローバージョンかと思われます。

そもそもグローの製造会社「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)」は、「KOOL」の製造会社でもあるため、KOOLの特徴を横展開させたものと考えられます。

以前仙台限定でKOOL銘柄としてネオスティックを発売したことがあったので、これが全国展開を果たしたということですね。

加熱式タバコにKOOL/クールが参戦!glo(グロー)から新フレーバーとして3月発売か

これは実質、「加熱式タバコでKOOLが吸いたい!」という要望に応えていることになります。紙巻たばこユーザーが加熱式タバコに乗り換える機会がまた増えそうですね。

4種類のneoを紹介 – 吸ってみた感想

glo(グロー)の新銘柄「neo(ネオ)」の画像

ここまで「ネオスティック」についてを見てきました。続いては「neo」について見ていきましょう。

neoは、グローのためだけにデザインされた加熱式タバコのために生まれたブランドです。

実は加熱式タバコの銘柄はいずれも、既存の銘柄をベースにタバコが調合されています。

  • アイコス:ヒートスティック:マルボロ
  • プルームテック:たばこカプセル:メビウス
  • グロー:ネオスティック:KENT

ヒートスティックはマルボロベース、たばこカプセルはメビウスベース…ということですね。これら加熱式タバコ専用タバコにはデメリットとして「若干スカスカ感がある」というものがありました。

このスカスカ感を克服したのが、neoになります。

加熱式の物足りないを、くつがえす。

というのが、neoのキャッチコピーとして設定されており、かなり濃厚な味に仕上がっています。そんなneoも4つのフレーバーが発売中。

  • ネオ・ダーク・プラス・スティック
  • ネオ・ロースト・プラス・スティック
  • ネオ・フレッシュ・プラス・スティック
  • ネオ・ダークフレッシュ・プラス・スティック

neoはそれだけで濃厚な上に、↑の色に沿った特徴があります…。それぞれの感想や説明は以下の記事にしっかりまとめました!気になる方は是非新作フレーバー「neo」についての解説記事をご覧下さい。

glo(グロー)新フレーバー「neo」をレビュー|加熱式タバコ専用銘柄ネオの実力と評判は?

ネオスティックどれがおすすめ?アイコスとのプチ比較

アイコスはポケットチャージャーとホルダーが分かれるが、グローは一体型

全種類のネオスティックがわかったところで、アイコスのヒートスティックと簡単に比較してみましょう。

アイコスのヒートスティックも数がどんどん増してきており、グローとほぼ同じ種類が展開されています。

新フレーバーも!アイコス全9種類のヒートスティックを味レビュー比較【イエロー・オレンジ・ブラウン】

現状のヒートスティック展開は以下のとおり。レギュラータイプからメンソールタイプまでほぼ全ての需要を完備している感がありますね。

ヒートスティック全種類表

  • THE・タバコ系
    1. レギュラー
    2. バランスドレギュラー
    3. スムースレギュラー
    4. ブラウンのレギュラー:new!
    5. オレンジ色のレギュラー:new!
  • メンソール系
    1. メンソール
    2. パープルメンソール
    3. ミント
    4. イエローメンソール

それに対して、ネオスティックのそれぞれはどのように位置するかというと・・・完全に主観ですが、こんな感じでした。

レギュラー系はグローの方がタバコの香ばしさを楽しめるかも

レギュラー系なら、グローのレギュラータバコである「ネオスティック・ブライト・タバコ」の方が、アイコスの「レギュラー」よりなんというかタバコ感が強く感じました。

詳細に言うと、「ニコチンが強い」という表現ではなく、ロースト感がネオスティックの方は異常に強いのです。これは、人によっては香ばしいと感じるかもしれませんし、もしかしたらタバコっぽくて臭いと感じるかもしれません。

加熱式タバコでよくここまで香ばしさを出したなと、ネオスティックはすごいと思いました。ただ、私はアイコスに慣れすぎたため、ちょっとタバコタバコしていて若干クセが強く感じてしまいました。アイコスじゃ物足りねえ!って方は是非一度吸ってみて欲しいですね!

メンソール系はアイコスの方がさわやかに美味しい

メンソール系は、アイコスの方が美味しい気がしました。端的に言ってアイコスの方がスッキリ吸えます。グローの方はメンソール系でもロースト感が強く、メンソールだけ楽しめる感じではなかったですね。

総じて言うと、タバコ感を加熱式タバコでも楽しみたい!という方にはグローはおすすめです。ただ、臭いはその分ちょっとグローの方が上なので、一長一短ではありますね。

ネオスティック・neoの購入方法

グロー・ネオスティックの購入方法

ここまでグローのネオスティックフレーバーを色々な角度で見てきましたが、最後に購入方法を確認しておきましょう。

現在、グロー・ネオスティックは日本国内であればほぼどこでも購入が可能です。

  • タバコ取扱店舗
  • グロー公式ストア
  • コンビニ
  • 通販

タバコ取扱店舗であれば、たいてい置いてある状態になっています。

結構便利なのが、公式オンラインストアでの購入も可能という点です。もちろん会員登録など必要ですが、家にいながら補充できる感覚は一度味わったら抜け出せないかも。

もちろん、最新の「カプセルメンソール」2種類もオンラインストアで購入可能なので、気になる方は是非利用してみて下さい。

是非、あなたもグローのネオスティックを試してみたら、その感想をSNSでも教えてみてくださいね♪

加熱式タバコ最大のSNSに参加しよう

当サイト『アイコスさん』SNSは、1万人以上の加熱式タバコユーザーがフォロー中。アイコスはじめとした加熱式タバコ最新情報をアップデート中!是非いいねやフォローをしておいて、新着情報をゲットして下さい♪

 

SNSでもご購読できます。