【本日締切】IQOSプライムプレゼント

アイコスイルマを実機レビュー!使ってわかった従来アイコスとの8つの違い

5.0

アイコスイルマをレビュー

フィリップモリスの新型加熱式たばこ「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」を実機レビューしました。

従来の「アイコス3デュオ」や「アイコス2.4プラス」などとどういった点が異なるのか、実際に使ってみて様々な改良点があったので、アイコス使い続けて5年の筆者(@iqossan)が違いをまとめます。

イルマのファーストインプレッション

それでは、アイコスイルマシリーズを早速画像いっぱいに見ていきましょう!

アイコスイルマプライムとアイコスイルマ

あらためて新型アイコスは、イルマとイルマプライムの2種類のラインナップとなっています。

アイコスイルマプライム アイコスイルマ
アイコスイルマプライムを吸ってみた アイコスイルマを吸ってみた

アイコスイルマプライム

イルマプライムの価格は12,980円。価格も性能も、アイコスシリーズの最上位モデルの位置付けです。これまでのアイコスのデザインと異なり、片側のみが開閉する形状ではなく、まるでポーチのような見た目になっています。

アイコスイルマプライムをもってみる

アイコスイルマプライムを開けてみる

イルマプライムの蓋は、表面は布の肌触りとなっておりとても触っていて心地が良いです。また、開け閉めも簡単になっておりアイコスホルダーを取り出しやすい形状になっていました。

もちろん、蓋を開けた状態で逆さまにしてもアイコスホルダーが落ちることはありません。また、蓋を全て開けられるので取り出しが非常に簡単!これはとても良い形状だなと思いました。これまでのアイコスでは考えられない形状です。

イルマプライムの蓋を開ける

簡単にホルダーを取り出せる

また、蓋は取り外しが可能になっており、様々なデザインのアクセサリーに切り替えることができます。高級感もありながら、カスタマイズ性もバッチリな隙がない加熱式たばこデバイスです。

アイコスイルマプライムの蓋は取り外せる

アイコスイルマプライムの蓋は簡単に取り外せる

蓋を取り外した状態のアイコスイルマプライム

蓋を取り外した状態のアイコスイルマプライム

アイコスイルマ

イルマの価格は8,980円。イルマプライムよりは価格は安いですが、デザインなどはこれまでのアイコスとほぼ同じです。開閉スタイルも片側のみが開く形で、使い勝手は従来と同じなので、こちらの方が使いやすいという方も多いかもしれません。

ただし、デザインは完全に同じ…というわけではなく、本体ボディーの方は材質がマットなものになっており、さわり心地がとてもよくなっています。メタリック感がアイコスイルマからはなくなりました。

アイコスイルマはこれまでのアイコスと同じデザイン

アイコスイルマはこれまでのアイコスと同じデザイン

イルマの材質は「アイコス3デュオ」と異なりマットな材質になっていた。

イルマのボディー材質は「アイコス3デュオ」と異なりマットな質感になっていた。

従来のアイコスと比較

左からアイコス3デュオ、アイコスイルマプライム、アイコスイルマ

左からアイコス3デュオ、アイコスイルマプライム、アイコスイルマ

イルマシリーズをこれまでの「アイコス3デュオ」と比較すると、「イルマプライム」との違いはよくわかりますが「イルマ」との違いは、遠目ではほとんどわからないはずです。

左がアイコス3デュオ、右がアイコスイルマプライム

「イルマプライム」と「アイコス3デュオ」はもはや全く違う加熱式たばこですね。形状から大きさから、何から何まで異なっています。

左がアイコス3デュオ、右がアイコスイルマ

一方、「アイコス3デュオ」と「アイコスイルマ」の見た目は非常に似通っています。初見の方が見ても、「同じモデルでしょ?」と思ってしまうくらいかと思います。ただ、イルマの方が若干サイズが大きくなっています。だからこそ「アイコス3デュオ」のカバーやドアカバーは、「アイコスイルマ」で使用することはできないので注意が必要です。

「アイコスイルマ」シリーズと、これまでのアイコスとでは、同じ「アイコス」という名称が付くものの、互換性は全くないことに注意が必要です。

しかしながら、「アイコスイルマ」と「アイコスイルマプライム」…つまり、イルマシリーズは互換性が多く存在します。例えばホルダーは色こそ違えど、どちらも同じ仕様です。なので、イルマプライムで買ったホルダーを、イルマに入れて充電するといったことも可能です。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムのホルダー。この2つは同じ仕様となっているので、どちらの本体でも充電が可能。

アイコスイルマとアイコスイルマプライムのホルダー。この2つは同じ仕様となっているので、どちらの本体でも充電が可能。

新型イルマと従来のアイコスとの8つの違い

アイコスイルマシリーズを使い倒してみました。使ってわかった8つの変わったポイントをまとめます。

①味わいがクリア

イルマで専用たばこ「テリア」を実際に吸ってみて、純粋に「美味しい」と思いました。イルマシリーズには加熱ブレードがありませんが、スマートコア・インダクション・システム機能により、内部加熱を可能にしています。だからこそ、味わいが豊かに感じました。

「テリア」には11種類のフレーバーがラインナップされていますが、どれも強さはもちろん、たばこ本来の”コク”や”アロマ感”というものを感じやすくなったような気がします。具体的に言うと、味わいがクリアに感じられるようになりました。

テリアはたばこ葉が隠れている

上から見たテリア 下から見たテリア
テリアを上から見た写真。フィルターが付いているのはこれまでと同じ。テリアを上から見た写真。フィルターが付いているのはこれまでと同じ。 テリアを下から見た写真。たばこ葉が抜身になっておらず隠れている。テリアを下から見た写真。たばこ葉が抜身になっておらず隠れている。

イルマの専用たばこスティック「テリア」は、たばこ葉が抜身になっておらず、”フロントシール”というもので隠れています。これまでの「マールボロ」や「ヒーツ」はたばこ葉が抜身になっていましたが、「イルマ」はたばこ葉部分にも蓋のようなフィルターが覆い被さっているのです。だからこそ味わいがぎゅっと芳醇に感じる気がします。”たばこ葉を加熱”という意味合いでは、これまでのアイコスよりもムラなく加熱できる、画期的な加熱方法だと思いました。

アイコスイルマは味わいはクリア

②掃除しなくて大丈夫

「アイコスイルマ」にはホルダーに加熱ブレードが付いていません。またたばこ葉部分もフィルターに覆われています。つまり、掃除が不要になります。ここまで”掃除が不要”の高温加熱式たばこというのはこれまでありませんでした。例えば競合である「グローハイパープラス」や「プルームエックス」でさえ、ブレードが付いていないから掃除の頻度は「アイコス3デュオ」よりは少なく済みますが、それでもスティックのたばこ葉が抜身になっているため、本体に汚れが溜まります。

しかし、「アイコスイルマ」にはブレードもなく、専用スティック「テリア」はたばこ葉が抜身にもなっていません。つまり、2021年8月現在存在しているどの高温加熱式たばこデバイスよりも、汚れにくいということになります。

また、IQOSストアのスタッフの直接の回答で「アイコスイルマの掃除は不要です」とも頂きました。掃除不要のアイコス、それが「アイコスイルマ」です。

掃除が不要なアイコスイルマ

掃除が不要なアイコスイルマ 加熱ブレードがホルダー内に搭載されていない。

③美味しさが続く

何度か吸ってみて思いましたが、従来のアイコスよりもイルマの方が味わいが保たれる気がしました。具体的には、味が落ちません。

それもそのはずで、例えば加熱ブレードがあると、加熱ブレードにどんどん汚れが溜まりそれが味の劣化に繋がります。あくまでイルマは本体としては外側加熱で、内部加熱はスティック内部にある金属体が行ってくれるので、そういった使い続けることによる味の劣化がないのです。これは、まさに”進化”といえる改善で、アイコスが最も改善したいポイントだったとも思えます。

吸い終わった後のアイコスイルマとテリア。たばこスティックはたばこ葉がカバーされているので全く汚れない。

吸い終わった後のアイコスイルマとテリア。たばこスティックはたばこ葉がカバーされているので全く汚れない。

「テリア」スティックを分解したところ。金属片が入っていることを確認できた。

「テリア」スティックを分解したところ。金属片が入っていることを確認できた。

④自動加熱機能搭載

これまでのアイコスは、スティックをたばこに挿し込んで、ホルダーのボタンを長押しすることで加熱を開始していました。しかし、アイコスイルマは違います。ホルダーにスティックを挿し込んだら自動で加熱が開始されます。

もちろん、自分で加熱を開始するためのボタンも付いていますが、基本は自動加熱機能により、ボタンを押さずストレスフリーでスムーズにアイコスを利用できます。

スティックを差し込めば自動で加熱がスタートします

イルマはスティックを差し込めば自動で加熱がスタートする

⑤ダブルタップで残りの吸える回数がわかる

地味に嬉しいのがこの機能です。アイコスイルマは吸っている途中でダブルタップすると、ホルダーの振動で残りの吸える回数を教えてくれます。これまではあと何回吸えるのかなんとなく覚えながら利用する必要がありましたが、そういったことが一切不要になりました。

例えば、吸っている途中でイルマを机に置いて他の作業をしても、また手に持って”とりあえずダブルタップ”すれば、吸えるかどうかわかります。自動加熱機能と合わせて、イルマは本当にストレスフリーな加熱式たばこデバイスだと感じました。

吸っている最中にダブルタップすると、バイブレーションで吸えるかどうかを教えてくれた。これは便利。

吸っている最中にダブルタップすると、バイブレーションで吸えるかどうかを教えてくれた。これは便利。

⑥ホルダーキャップが存在しない

上記の機能により、「アイコスイルマ」のホルダーには、キャップという概念がありません。これまでのアイコスでは、スティックを抜くためにキャップを取り外して、ブレードからスティックを抜く動作を行っていました。

しかし、イルマはブレードもなければ自動加熱機能やダブルタップ機能も付いているため、ホルダーはただ一本の棒です。ホルダーがキャップと本体と別れてはいません。また、イルマシリーズのホルダーは共通の仕様で「イルマ」でも「イルマプライム」でも使い回すことが可能です。

アイコス「イルマ」シリーズのホルダーは、キャップと本体で別れていない。また、イルマとプライムで共有することができる。

アイコス「イルマ」シリーズのホルダーは、キャップと本体で別れていない。また、イルマとプライムで共有することができる。

⑦堅牢性が上がり故障が減った

これは1年や2年使わないと断言はできないこと…ではありますが、従来の「アイコス3デュオ」や「アイコス3マルチ」に比べて、圧倒的に故障率が下がると思われます。ブレードはないし、ホルダーは分離しないし、本体はよりしっかりしています。

これまで最も多かったアイコスの故障は”ブレード折れ”です。これがなくなっただけでも、アイコスイルマに乗り換える価値は高いでしょう。

堅牢性が高まった新型アイコス

⑧デザインと機能性が違う

そして何より、ファーストインプレッション通り、デザインとそこから生まれる使い勝手が異なります。特に「アイコスイルマプライム」は、まさに見た目が持ち運び可能なケース・・というより、もはやポーチに近いので、アイコスを持っていることによる違和感が少ないです。

これまでのアイコスでは”たばこ持ってるな”感が強かったのですが、「イルマプライム」ではそういった気持ちが少ない。ポケットチャージャー表面もファブリック調になっており、とてもおしゃれだし、持ち運びが楽しくなります。また、開閉の仕方もホルダーを抜身で出せるスタイルに変化したので、とても簡単になった気がします。まさに”進化したアイコス”という印象が強いのが「アイコスイルマプライム」ですね。

一方で「イルマ」は見た目に限っては既存のアイコスとほぼ同じような印象です。開閉方法も同じ。ただ、表面の材質などが変わっており、ここも微妙に嬉しいポイント。あくまでこれまで書いたような”機能性”が進化したモデルであり、これまでのアイコスのまま”進化”を楽しめるのが「アイコスイルマ」といえるでしょう。

デザインと機能性が強化されたアイコスイルマシリーズ

アクセサリーでカスタマイズを楽しめる

また、イルマシリーズはアクセサリーも豊富で、自分好みにカスタマイズも可能です。せっかく高い自分だけのアイコスを手に入れたので、カスタマイズしたいという想いは高まりますよね。

アイコスイルマプライムを着飾る

アイコスイルマプライムには様々なカバーケースがラインナップされています。

アイコスイルマプライムには様々なカバーケースがラインナップされています。

例えば、イルマプライムはカバーケースを簡単に変えることができます。

STEP.1
イルマプライム本体を準備

好きな色のイルマプライムを、更に着飾っていきましょう。

緑のアイコスイルマプライム

STEP.2
アクセサリーをを準備

好きなカラーのアクセサリーを購入しましょう!アイコス3デュオの限定「プリズム」のようなカラーもラインナップされています。(人気らしい)

イルマプライム カバーの表面

イルマプライム カバーの表面

イルマプライム カバーの裏面

イルマプライム カバーの裏面

STEP.3
カバーを取り外す

本体とアクセサリーを買ったら、本体のカバーを取り外します。マグネットで付いているだけなので、割と簡単に取り外すことができます。

イルマプライムのカバーを取り外す

STEP.4
イルマプライムの着せ替えが完了!

カバーを交換すると、”あなただけのアイコスイルマプライム”が出来上がります。これは満足感が高い。かっこいい!

”プリズム感”が増したアイコスイルマプライム

”プリズム感”が増したアイコスイルマプライム

開けた感じも良い感じです。

開けた感じも良い感じです。

イルマプライムはもともとのデザインが良いだけでなく、このようにアクセサリーで如何ようにも着飾ることができます。ですので、本体カラーはシンプルな黒にして、カバーをカラフルな色合いにする・・・なんてアレンジもできます。(だからこそイルマプライムは黒色が人気だったりするそうです)

アイコスイルマもイメチェン可能

「アイコスイルマ」にも、様々なカバーケースがラインナップ済み。正直、どれを買おうか本当に迷います。

「アイコスイルマ」にも、様々なカバーケースがラインナップ済み。正直、どれを買おうか本当に迷います。

今回の新型モデルでは「アイコスイルマプライム」の方が注目されていますが、「アイコスイルマ」もいい感じです。もともとこの形が好きだったという方はイルマの方が好みかと思うので、そんな方はイルマを着飾りたいですよね。

アイコスイルマを赤カバーでイメチェン

例えば、赤シリコンカバーでド派手に決めてみたり。

ファブリック調のケースでアイコスイルマを着飾る

ファブリック調のシックなケースで包むことも可能です。

ストラップ付きのケースもイルマにはラインナップされているので、”気軽な持ち運び性”なら実は「アイコスイルマ」の方が勝っているかもしれません。

このように、アイコスイルマシリーズは豊富なアクセサリーで好きに着飾ることができます。是非あなただけのデザインを探してみて欲しいです。

ハイブランドな加熱式たばこ「IQOS ILUMA」

ハイブランド加熱式たばこ「アイコスイルマ」

さて、ここまで見てきたとおり「イルマ」には2つの種類があり、「アイコスイルマ」の価格は8,980円。「アイコスイルマプライム」の価格は12,980円となっています。他加熱式たばことも比べると、圧倒的に高い価格設定となっています。

しかし、この価格にはそれに見合う良さがあることも実感できました。

まさにハイブランドな加熱式たばこデバイスですが、私は使ってみてとても満足できました。非常に高い機能性、満足できるデザイン性、クリアな味わい感。加熱式たばこデバイスというのは、買ってから長く愛用するものだと思います。ですので、「使い捨てていく」ような使い方ではなく、「長く愛用する」使い方をされる方にこそおすすめしたいモデルだと思いました。

購入方法などもまとめていますので、気になる方は是非以下の記事も参考になれば幸いです。

新型IQOS「アイコスイルマ」購入方法|発売日と公式通販割引クーポン情報 新型IQOS「アイコスイルマ」購入方法|発売日と公式通販割引クーポン情報
新型アイコスお役立ち情報
IQOSイルマを従来のアイコスと比較レビューイルマ実機レビュー アイコスイルマとアイコスイルマプライムを比較した違いを解説イルマとプライム 違い
アイコスイルマの価格新型アイコスの価格 イルマ専用スティック「テリア」の一覧「テリア」一覧
アイコスイルマのホームページイルマ購入方法 アイコスイルマ テリアの中の金属「テリア」金属情報
アイコスイルマのコンビニ販売状況イルマコンビニ情報 アイコスイルマのカラー全種解説イルマ色一覧
新型アイコスお役立ち情報
IQOSイルマを従来のアイコスと比較レビューイルマ実機レビュー アイコスイルマとアイコスイルマプライムを比較した違いを解説イルマとプライム 違い
アイコスイルマの価格新型アイコスの価格 イルマ専用スティック「テリア」の一覧「テリア」一覧
アイコスイルマのホームページイルマ購入方法 アイコスイルマ テリアの中の金属「テリア」金属情報
アイコスイルマのコンビニ販売状況イルマコンビニ情報 アイコスイルマのカラー全種解説イルマ色一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です