禁煙場所でも楽しめるたばこ?スヌースの新味発売。JT発の加熱式たばこのその先の商品

「紙巻きたばこの代替品」といえば、「加熱式たばこ」が広まりつつあります。ちなみに、その「代替」と呼ばれる所以は、ニオイや煙が少なかったりするからですよね。

その代替品でいくと、実はその先をいく商品があります。「SNUS(スヌース)」という、いわゆる「かぎたばこ」です。唇の裏に忍ばせて味わい愉しむ代物で、火を使わないので灰も煙も全くでません。

2020年、JTが少しスヌースに力を入れそうな気配があります。2月17日には新味も登場。スヌースとは何なのか、どこで買えるのか、紹介します。

スヌースとは

”たばこ”といえば、「火をつけて煙を吸うもの」というイメージが非常に強いですが、実は世界的に見るともっと色々な種類のたばこが存在します。その1つが「スヌース」のような「かぎたばこ」です。

「ポーション」と呼ばれる、粉末状のたばこ葉を包んだ袋を唇の裏に挟んで、たばこ葉の味わいや香りを楽しみます。実はスウェーデンの伝統的なたばこ製品だったりします。

イラストで見ると、こんな感じ↓で利用します。

スヌースの利用方法(JTの公式説明)

スヌースの利用方法(JTの公式説明)

口の中に含むので、”ガムのようなたばこ”として噛んじゃいそうになりますが、そこは我慢。ポーションを噛むと、破れてたばこ葉が溢れてしまうことがあります。

実は色々な種類が販売されている

今回、JTが新商品を発表しましたが、色々なスヌースがすでに販売されています。

スヌースは完全なる「無煙たばこ」です。もしかしたら、今後の情勢によっては人気が高まってくる・・・かも・・・しれない。ということで、JTは新味を投入してきました。

新味「抹茶ラテ」と「梅」が登場

スヌースの新味、コンセプトは「日本らしさ/和」だそうです。

先程、かぎたばこはスウェーデンで伝統的…とお伝えしましたが、それが「日本らしく」なったらどうなるか?その形として、抹茶ラテと梅が出来上がりました。

  • ゼロスタイル・スヌース・抹茶ラテ
    • まろやかな甘さが広がる、抹茶ラテ風味の味わい
  • ゼロスタイル・スヌース・梅
    • すっきりとしたメンソール感が広がる、梅風味の味わい

このニュースは日経新聞でも取り上げられており、少しばかり注目が集まっています。

公式はプルームショップで買える

JTの加熱式たばこといえば「プルーム・テック」ですが、

実はこのスヌース、Ploom公式ストアで購入することができます。結構前からスヌースを購入することはできました。写真はJT本社に出向いたときのものです。

JT本社のプルームショップ

JT本社のプルームショップ

「煙の出ないたばこ」として、どこまでユーザーをつかめるか。

「ゼロスタイル・スヌース」の取扱店舗は、2020年1月31日時点で、全国Ploom専門店及び全国の一部たばこ販売店等を含め約2,000店へと拡大しています。もしプルームショップとか行く機会があったらちょっと見てみると面白いかもしれません。

禁煙法の中でも、たばこを愉しめる

ちなみに、この「ゼロスタイル・スヌース」は改正健康増進法…いわゆる禁煙法の適用対象外商品です。

【解説】健康増進法・受動喫煙対策|加熱式タバコ時代の喫煙「ルール」とは 【解説】健康増進法・受動喫煙対策|加熱式タバコ時代の喫煙「ルール」とは

2020年4月より改正健康増進法は全面施行され、公共性の高い施設の屋内は原則禁煙が予定されています。そんな中スヌースはは火を使わず、灰も煙も出ない「かぎたばこ」なので、紙巻たばこの喫煙や加熱式たばこの使用が制限される場所でも、利用することができます。

禁煙が指定されている場所でも楽しめる…というのは、ある一定のニーズは捉えられそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です