IQOS新銘柄「テリア」が発売か|新型アイコス4の可能性

IQOSの画像

こんにちは、加熱式たばこブロガーのアイコスさん(@iqossan)です。

6月11日付けで、財務省より「テリア」というたばこの小売定価が認可されました。「テリア」という名称のたばこ銘柄は、まだこの世に存在しない銘柄名ですが、そのラインナップを見るとIQOSの新フレーバーかという見方ができます。また、「IQOS 4」の可能性も感じることができます。

「テリア」ラインナップ

テリアが発売か

  1. テリア・リッチ・レギュラー
  2. テリア・レギュラー
  3. テリア・スムースレギュラー
  4. テリア・バランスドレギュラー
  5. テリア・ブラックメンソール
  6. テリア・メンソール
  7. テリア・ミント
  8. テリア・パープル・メンソール
  9. テリア・イエロー・メンソール
  10. テリア・トロピカル・メンソール
  11. テリア・ブライト・メンソール

すべて価格は550円で、生産国はイタリアとなっています。

これらの名称、まさにIQOSの「マールボロ・ヒートスティック」シリーズと同じラインナップになっているのです。そして価格と生産国も同じ。ここからいくつかのことが考えられます。

【7月最新】アイコスの全23種類のフレーバーを90人が評価|売れ筋ランキング 【7月最新】アイコスの全23種類のフレーバーを90人が評価|売れ筋ランキング

テリアの様々な可能性

可能性①:マールボロ・ヒートスティックの名称が変わる

1つ目の可能性は、「マールボロ・ヒートスティック」の名称が変わるというものです。

例えば今は「マールボロ・ヒートスティック・レギュラー」のような名称ですが、これが単に「テリア・レギュラー」という名称に変わる。

ただ、その場合なぜそんなことをするのか?ということが気になります。

可能性②:加熱式タバコ専用銘柄として新発売

2つ目の可能性は、グローハイパーの「neo」のように、加熱式タバコのために作られた専用銘柄として「テリア」を発売するという可能性。

グローハイパーはもともと「ケント ネオスティック」という銘柄をメインに発売していましたが、これを加熱式タバコのためにブレンドした「ネオ」に主銘柄を切り替えています。

ただその場合、なぜわざわざ「マールボロ・ヒートスティック」と全く同じ同じ名称(フレーバー種類)にするのかが謎です。「テリア・ブライト・メンソール」とかあまりにそのまますぎますよね。

可能性③:新型IQOS専用銘柄として発売

3つ目の可能性が、新型アイコスの専用銘柄として発売する可能性です。つまり、「IQOS 4」ですね。アイコス3デュオの後継機専用のたばこ銘柄になる可能性です。

もともと「IQOS 4」と噂されていたところを「リル ハイブリッド」が発売されたり、「IQOS 4」の存在は多く噂されていましたが、全く新しい銘柄名というのは、この存在の大きな裏付けになる可能性があります。

私達は今「IQOS 3 DUO」を買うべきか

左が無印アイコス3、右がアイコス3デュオ

もし仮に「IQOS 4」専用銘柄だった場合、考えることがあります。それは、、

今最新のアイコスを買うと、すぐに古いものになってしまう?アイコス4が発売されるまで待った方が良い?

アイコスさんアイコスさん

というものです。

今、最も新しいアイコスデバイスは、「IQOS 3 DUO」と「IQOS 3 MULTI」で、どちらもコンビニで気軽に購入することができます。

【7月最新】アイコスを3000円割引価格でコンビニで買えた!セブン・ローソン・ファミマのキャンペーン情報 【7月最新】アイコスを3000円割引価格でコンビニで買えた!セブン・ローソン・ファミマのキャンペーン情報

だからこそ、購入をしよう!と思ったものの、やっぱり買い控えちゃうという思考が生まれてしまうこともあるでしょう。

ここに対して私個人として思うのは、紙巻きたばこから加熱式たばこに切り替えることを検討しているのであれば買い控える必要はないということです。

例えば、今回のテリアのニュースに対してアイコスさんTwitterにてこんな反応をいただきました。

アイコス4には期待するけど、アイコス3デュオには不満がない。

このご意見、すごい共感します。

アイコス3デュオは非常によくできた加熱式たばこデバイスなんですよね。しっかりとしたアイコスらしい味わいを実現できているのに加えて、これまでのモデルよりも堅牢性も高くなっている。そしてなによりデザイン性も良い。価格も6,980円と当初の定価よりも3,000円も安くなっている。

そしてなにより、紙巻きたばこよりも加熱式たばこの方が健康リスクの低減が認められており、ニオイもケムリ(水蒸気)も少ない。

こういったことを考えると、これから加熱式たばこに切り替えるという方が、現行モデルの「IQOS 3 DUO」を買い控えるというのは少しもったいない気がします。

アイコス4は、ディスプレイが搭載されたり、Bluetoothがより発展したり、様々な追加機能がある・・可能性は否めません。しかし、それと比較して「アイコス3デュオ」のスタイルがそれで悪くなるということはないようにも感じるので、アイコス4が発売されるから現行モデルの買い控えをしてしまう必要はないと感じるのです。

今回財務省に認可された「テリア」については、まだ発売日等は未定です。続報あり次第記事を更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です